ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:ワンダー 君は太陽

ワンダー 君は太陽の紹介:2017年製作のアメリカ映画で、日本公開は翌年。R・J・パラシオのベストセラー小説を実写版『美女と野獣』の製作スタッフが映像化。監督・脚本はスティーブン・チョボスキー。遺伝子疾患により、人とは異なる顔を生まれ持った10歳のオギー。オギー自身や周囲の人々の苦悩、家族の愛情や友情を描いた感動の物語。

ネタバレを読む
映画:大人は判ってくれない

大人は判ってくれないの紹介:1959年公開のフランス映画。フランソワ・トリュフォーの長編処女作かつ、俳優ジャン=ピエール・レオのデビュー作。トリュフォー自身や友人の経験談をもとにした自伝的な今作でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞し、一躍ヌーベルバーグの旗手として認められることになった。12歳のアントワーヌにとって学校や家庭は決して安げる場所ではなく、息苦しい毎日を送っていた。ある時アントワーヌは、家出を決行するのだったが…。

ネタバレを読む
映画:奇跡のリンゴ

奇跡のリンゴの紹介:青森県のリンゴ農家・木村秋則がリンゴの無農薬栽培に取り組み、成功させるまでの実話をもとに描かれた作品で、主演の木村秋則を阿部サダヲ、妻の美栄子を菅野美穂がつとめています。監督は中村義洋がつとめ、不可能と言われたリンゴの無農薬栽培を十年の歳月をかけて実現するまでの苦難の道乗りを、家族とのエピソードなどを交えて映像化されており、作品内には木村秋則さん本人も出演されています。

ネタバレを読む
映画:深呼吸の必要

深呼吸の必要の紹介:香里奈の映画初出演・初主演作品として2004年に公開された映画で、脇を固めるキャスト陣も豪華な面々が集まった作品となっています。沖縄の大自然の中で行われるサトウキビの収穫を通して挫折を経験した若者が再生していく姿が映し出されるストーリーとなっています。 MY LITTLE LOVERが歌う映画タイトルと同名の主題歌「深呼吸の必要」が、心地よい空気を作り出している作品です。

ネタバレを読む
映画:ザビートルズEIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Yearsの紹介:2016年のイギリス・アメリカ合作によるビートルズのドキュメンタリー。1962年から1966年のライブツアーの映像やインタビューを通して、当時のバンドが抱えていた苦悩や作曲秘話を明らかにしていく。アカデミー賞受賞経験者のロン・ハワードが監督を務め、第69回エミー賞ではノンフィクション部門で音響賞、編集賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:書道ガールズ!! わたしたちの甲子園

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園の紹介:通常の書とは異なる形で表現される「書道パフォーマンス」について描かれている作品で、音楽と書が一緒になったエンターテイメント性の高いパフォーマンスを見ることができます。2010年に公開され、成海璃子をはじめ多くの若手女優が集まった本作は、実話をもとに描かれた作品でもあり、実際の書道パフォーマンスのモデルとなった愛媛県四国中央市で撮影が行われました。

ネタバレを読む
映画:華麗なるヒコーキ野郎

華麗なるヒコーキ野郎の紹介:1975年製作のアメリカの冒険ドラマ。誰よりも素晴らしい曲芸を見せようと大空を飛び続ける元空軍パイロットのロマンを描いていく。「明日に向って撃て!」、「スティング」に続き、ジョージ・ロイ・ヒルとロバート・レッドフォードが監督&主演コンビを組んで製作された。

ネタバレを読む
映画:ハードコア(2018年・日本)

ハード・コア(2018年・日本)の紹介:2018年11月23日公開の日本映画。狩撫麻礼&いましろたかしによるカルト漫画を、同作のファンだったという山下敦弘監督と山田孝之のタッグで映画化した人間ドラマ。廃工場で謎のロボットを見つけたことから運命を狂わせていく男たちの姿を描く。山田演じる主人公・右近と行動を共にする男を荒川良々、右近の弟を佐藤健が演じる。

ネタバレを読む
映画:リリイ・シュシュのすべて

リリイ・シュシュのすべての紹介:2001年の公開作。監督・脚本の岩井俊二がウェブサイトの掲示板を通じて、一般参加者と共に書き上げた小説を映像化。第52回ベルリン国際映画祭国際アート・シアター連盟賞受賞作品。学校でいじめられている中学生の雄一は自分を慰めるように、心酔するミュージシャンのファンサイトを主宰し、行き場のない思いを書込んでいた。しかしいじめは激しさを増し、女子生徒までもが被害の対象者になっていた。

ネタバレを読む
映画:タンジェリン

タンジェリンの紹介:ショーン・ベイカー監督による、2015年のアメリカ映画。全編iPhone5sで撮影されたことで話題を集めた。夏のようなロサンゼルスのクリスマスイブを舞台に、トランスジェンダーの売春婦たちのハチャメチャな一日を描く。なお、主演の2人には、演技未経験のトランスジェンダーの女優が起用されている。日本公開は2017年。

ネタバレを読む
映画:シンデレラマン

シンデレラマンの紹介:2005年製作のアメリカのスポーツドラマ。「ビューティフル・マインド」で監督&主演を務めたロン・ハワードとラッセル・クロウが再びタッグを組んだ作品で、実在のボクサー、ジム・ブラドックの挫折と復活を描いていく。主人公のマネージャーを演じたポール・ジアマッティの演技は高く評価され、第12回全米映画俳優組合賞では助演男優賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:否定と肯定

否定と肯定の紹介:2016年のイギリス・アメリカ合作の伝記ドラマ。1990年代のアーヴィング対ペンギンブックス・リップシュタット事件を映画化した作品で、主人公の歴史学者をオスカー女優のレイチェル・ワイズが演じた。ホロコーストの存在の有無を巡る法廷闘争を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ナチュラルウーマン

ナチュラルウーマンの紹介:2017年のチリ・ドイツ・スペイン・アメリカ合作のヒューマンドラマ。突然最愛の恋人に先立たれたトランスジェンダーの女性の苦悩を描いていく。第67回ベルリン国際映画祭では銀熊賞(脚本賞)とテディ賞を、第90回アカデミー賞では外国語映画賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:blank13

blank13の紹介:2018年の公開作で、俳優斎藤工が“齊藤工”名義で監督した初の長編作品。齊藤監督の短編映画『バランサー』で脚本を担当したはしもとこうじの実体験をもとに映像化。インディーズ作品ながら、国際映画祭で20以上の賞を獲得している。借金を残して姿を消した父が、余命3ヵ月の状況で13年ぶりに見つかる。息子のコウジは父と分かり合うことができないまま、葬儀の日を迎えた。ところがコウジは参列者の話から、これまで知らなかった父の真の姿を知ることになる。

ネタバレを読む