ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

イカとクジラの紹介:2005年公開のアメリカ映画。作家同士の両親が離婚することになり、2人の家を行き来することになった兄弟の心情を描いている。「ヤング・アダルト・ニューヨーク」のノア・バームバックが監督・脚本を務め、ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニーら出演で贈る作品。

ネタバレを読む

シャチの見える灯台の紹介:2016年製作のアルゼンチン・スペイン合作映画。自閉症の息子を助けるため、母親がパタゴニアに住むレンジャーを訪ねて起こるドラマを描いている。ヘラルド・オリバレス監督、マリベル・ベルドゥ主演で贈る作品。豊かな自然の中で、野生のシャチの姿が映し出される。

ネタバレを読む

ジンジャーの朝〜さよなら、わたしが愛した世界の紹介:2012年公開。1960年代の冷戦下を舞台に、思春期の少女の成長していく姿を描いている作品。サリー・ポッターが監督を務め、エル・ファニングとアリス・イングラート主演で贈る青春ドラマ。

ネタバレを読む

さよなら、アドルフの紹介:2012年製作。第二次世界大戦が終わり、ナチス将校の父と母が去って、14歳の少女が妹や弟たちを連れて遠く離れた祖母の家に向かう姿を描いている。アカデミー賞外国語映画賞オーストラリア代表として選出された作品。主演を演じるザスキア・ローゼンダールは、ベルリン映画祭でシューティングスター2013に選ばれた実力派。

ネタバレを読む

Strange Circus 奇妙なサーカスの紹介:2005年製作の日本映画。実の父に抱かれる小学生の娘に、嫉妬する母の歪んだ愛の行く末を描いている。園子温監督による作品で、12年ぶりに復帰した宮崎ますみ主演で贈る禁断のエロティック・ミステリー。

ネタバレを読む

ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声の紹介:複雑な家庭環境で育ち、問題ばかり起こしていたステット。母の死をきっかけに少年合唱団に転入した彼を待っていたのは、厳しい指導者やエリート揃いの生徒たちとの生活だった。
2014年のアメリカ映画。ベテラン俳優陣に対し、ステット役は長編映画初出演となるギャレット・ウェアリングが見出された。受賞こそ逃したものの、世界中の映画祭で正式出品された。

ネタバレを読む

涙するまで、生きるの紹介:2014年製作のフランス映画。フランスから独立運動の真っ只中のアルジェリアを舞台に、殺人を犯した男と教師の男との友情を描いている。文豪アルベール・カミュの短編小説「客」を基にした作品で、ヴィゴ・モーテンセン主演で贈るドラマ。

ネタバレを読む

マンガティティの怪物の紹介:2015年製作のニュージーランド映画。1980年代に、何人もの女性を性的奴隷として監禁した男の姿を描いている。その犠牲者の女性の1人が、恐ろしい監禁生活について語る作品。衝撃の実話に基づいて作られた再現ドラマである。

ネタバレを読む

東ベルリンから来た女の紹介:2012年公開のドイツ映画。ベルリンの壁崩壊前の時代に、役人に監視されながらも脱出を試みる女性の姿を描いている。クリスティアン・ペツォールトが監督を務め、ベルリン国際映画祭で銀熊賞に輝いた作品。主人公の女医を演じるのは、ニーナ・ホス。

ネタバレを読む

日本の悲劇の紹介:末期の肺ガンで余命宣告を受けた老父が、失業し家族にも見捨てられ出戻った息子のため、年金の不正受給をさせようと思い立ち、自殺を決意するという2012年の日本映画。2010年に発覚した”所在不明高齢者””年金不正受給”問題を題材としている。監督/脚本は「バッシング」「海辺のリア」の小林政広。老夫婦を仲代達也と大森暁美、息子夫婦を北村一輝と寺島しのぶが好演している。

ネタバレを読む