ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(48ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

劇場版BADBOYSJ-最後に守るもの-の紹介:漫画が原作の人気ドラマの劇場版。普段は穏やかだがキレると性格が変わる桐木司は、ひょんなことから不良グループ「極楽蝶」の八代目トップに就任。仲間たちやライバル達と共になんだかんだで楽しく過ごしていた。だが、元極楽蝶メンバーだった小野沢圭太の少年院からの出所をきっかけに、それまでの関係や日常が崩れ始める。

ネタバレを読む

劇場版私立バカレア高校の紹介:人気ドラマの続編となる映画作品。ヤンキーの集まる旧馬鹿田高校と超お嬢様校の旧第一カトレア学院が合併してしばらく経ち、旧馬鹿田高校の桜木達也たちは、騒がしくも平和な日常を送っていた。諸事情により達也たちは、第一カトレア学院に一時的に教室を移すことになる。その一方で、達也に因縁がある菊永高校が密かに暗躍し始めていた。

ネタバレを読む

17歳のカルテの紹介:ウィノナ・ライダー製作総指揮、原作者スザンナ・ケイセンの衝撃的な自伝を映画化した、2000年公開の映画。当時新人だったアンジェリーナ・ジョリーも出演しており、この映画でアカデミー助演女優賞を獲得している。

ネタバレを読む

ジ、エキストリーム、スキヤキの紹介:独特な台詞がコミカルで、コメディタッチに描いたヒューマンドラマ。男女4人それぞれの人生の物語。同名の小説を、著者の前田司郎本人が映画化した初監督作品。

ネタバレを読む

ル・アーブルの靴みがきの紹介:長編としては、前作より5年ぶりのカウリスマキ監督作。市井の人の日々の営みや、優しさや人情を淡々としたカウリスマキ節で描いた物語。カウリスマキ最高傑作との呼び声も高い作品で、キャッチコピーは“心をみがけば、奇跡はおこる。”
本作を1作目とし、港町を舞台とした三部作になる構想がある。

ネタバレを読む

アモーレス・ペロスの紹介:2000年製作のメキシコ映画。本作品で主演のガエル・ガルシア・ベルナルと監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは一躍注目を集めた。タイトルはスペイン語で「犬のような愛」を意味する。日本公開は2002年。

ネタバレを読む

許されざる者(2013年)の紹介:2015年公開の日本映画。1992年に公開されたクリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画『許されざる者』のリメイクにあたる、日本の時代劇。一度は戦う事をやめた男が、女郎の願いを聞き入れ、再び戦いの世界に身を投じるようになる姿をつづる。

ネタバレを読む

のだめカンタービレ(最終楽章)後編の紹介:2010年公開の日本映画。二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』を原作としたテレビドラマ版の続編という形で、前後編2部作で制作された。ドラマ版の主要キャストが続投し、ヨーロッパ5か国でロケを敢行。ピアニストの“のだめ”と指揮者“千秋”の関係が描かれる。

ネタバレを読む

のだめカンタービレ(最終楽章)前編の紹介:2009年公開の日本映画。二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』を原作としたテレビドラマ版の続編という形で、前後編2部作で制作された。ドラマ版の主要キャストが続投し、ヨーロッパ5か国でロケを敢行。ピアニストの“のだめ”と指揮者“千秋”の関係が描かれる。

ネタバレを読む