ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(54ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

幸せへのキセキの紹介:2011年制作のアメリカ映画。動物園の再建に挑み、最愛の人の死から立ち直った男の姿を描く、英国人コラムニストの身に起きた実話をベースにしたヒューマンドラマ。映画で出てくる「ローズムーア動物公園」はイギリスに実在する。

ネタバレを読む

うさぎドロップの紹介:2011年公開の日本映画。宇仁田ゆみの同名コミックを実写映画化。祖父の隠し子を引き取った独身イクメンの奮闘を、史上最年少で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した芦田愛菜と松山ケンイチが演じる。

ネタバレを読む

敦煌の紹介:1988年公開の日本映画。井上靖の小説『敦煌』の映画化で、日本アカデミー賞・最優秀作品賞・監督賞受賞作品を受賞(1989年)した。戦乱の世、11世紀のシルクロードで、敦煌の文化遺産を守ろうとした青年の活躍を描いた作品。

ネタバレを読む

沈まぬ太陽の紹介:2009年公開の日本映画。『白い巨塔』などで知られる国民的作家・山崎豊子の同名小説を、渡辺謙主演で映画化。昭和40~60年代という激動の時代を舞台に、会社のために心血を注ぐ男のドラマが描かれる。

ネタバレを読む

悲しみよこんにちはの紹介:1957年制作のアメリカ映画。フランスの作家フランソワーズ・サガンの名作を映画化。セシルを演じたジーン・セヴァーグの髪型が映画の影響で当時大流行し、セシルカットと呼ばれた。17歳の多感な少女のひと夏の思いを描く。

ネタバレを読む

十五才 学校Ⅳの紹介:2000年公開の日本映画。1993年から2000年までに全4作が制作された、山田洋次監督の映画シリーズ第4弾。今作の舞台は学校ではなく、学校に行かない少年の、横浜から屋久島までの旅を描いたロードムービーである。

ネタバレを読む

スタンド・バイ・ミーの紹介:1986年制作のアメリカ映画。1950年代末のオレゴン州の小さな町キャッスルロックを舞台に、それぞれ心に傷を持った4人の少年たちが好奇心から、線路づたいに“死体探し”の旅に出るという、ひと夏の冒険を描く。

ネタバレを読む