ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(59ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

日本のいちばん長い日(2015年)の紹介:2015年8月8日公開の日本映画。混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を、戦後70年を控えて映画化。

ネタバレを読む

レッド・ファミリーの紹介:2013年制作の韓国映画。『アリラン』『嘆きのピエタ』などの鬼才キム・ギドクが、脚本、編集、エグゼクティブプロデューサーを務めた異色のドラマ。家族を装い韓国に潜入する北朝鮮の工作員たちに現れる変化を描く。

ネタバレを読む

マイ・バック・ページの紹介:2011年公開の日本映画。川本三郎による同名ノンフィクション小説を基に、1960年代後半という激動の時代に出会った2人の青年が理想と現実の狭間で揺れ動く姿を描く。タイトルはボブ・ディランの曲名から。

ネタバレを読む

ファッションが教えてくれることの紹介:2009年公開のアメリカ映画。ファッション雑誌『ヴォーグ』アメリカ版の編集長アナ・ウィンターと、雑誌編集に密着したドキュメンタリー。ファッション界におけるアナの仕事ぶりや私生活について描く。

ネタバレを読む

ボクたちの交換日記の紹介:2013年公開の日本映画。鳴かず飛ばずのお笑いコンビが、現状を変えるために〝交換日記〟を始める姿を描いた青春ドラマ。鈴木おさむのベストセラー小説を、内村光良がメガホンを握って映画化した。

ネタバレを読む

ネコナデの紹介:2008年公開の日本映画。亀井亨が手がけた動物TVドラマ『ネコナデ』を再構成して映画化し、以後『幼獣マメシバ』『猫侍』などの動物シリーズの映画が作られる。仕事人間の中年男が、子猫との出会いを通じて変化する姿をコミカルに描く。

ネタバレを読む

瀬戸内少年野球団の紹介:1984年公開の日本映画。夏目雅子の遺作、渡辺謙のデビュー作。直木賞候補作品になった、阿久悠の自伝的小説を映画化。野球を通して子供たちに民主主義を学ばせようとする女教師と、スポーツに目覚めていく子供たちとの絆を描く。

ネタバレを読む

横道世之介の紹介:吉田修一による同名小説を実写映画化。第56回ブルーリボン賞作品賞、第5回TAMA映画賞最優秀作品賞受賞作品。キャッチコピーは「出会えたことが、うれしくて、可笑しくて、そして、寂しい――。」2013年公開。

ネタバレを読む