ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(65ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

椿三十郎(2007年)の紹介:2007年公開の日本映画。山本周五郎の小説『日日平安』を原作とし1962年に黒澤明が手掛けた映画『椿三十郎』のリメイク作品。前述の脚本を一切加筆修正せずそのまま使用し、森田芳光が監督を務めた。

ネタバレを読む

バリー・リンドンの紹介:スタンリー・キューブリック監督による18世紀のヨーロッパを舞台に、バリー・リンドンという男の生涯を描いた映画である。原作はウィリアム・メイクピース・サッカレー。キューブリック監督の完璧主義が撮影から衣装など細部にまでわたり18世紀の暮らしを忠実に再現している。

ネタバレを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの紹介:2011年制作のアメリカ映画。アメリカ同時多発テロで父を亡くした少年の希望と再生を描いた、ジョナサン・サフラン・フォアの同名ベストセラー小説を映画化。

ネタバレを読む

イン・ハー・シューズ:美人で陽気な性格だけど難読症のマギーと、マギーの姉で弁護士で頭がいいけど外見に自信が持てないローズ、何から何まで対照的だけど、靴のサイズだけは同じ二人の姉妹を描いた作品。

ネタバレを読む

ジェーン・エアの紹介:19世紀のイギリスを舞台にした、恋愛映画。あまり美人ではなく孤児のジェーン・エアという一人の女性が、財産や身分にとらわれない自由恋愛をする。シャーロット・ブロンテの同名小説の映画化作品である。

ネタバレを読む

レインメーカーの紹介:1997年制作のアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督のもと、ジョン・グリシャムの小説『原告側弁護人』を映像化した。悪徳が巣食っている法廷に挑む、若い弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマである。

ネタバレを読む

写楽の紹介:1995年公開の日本映画。寛政6年から7年にかけて突如として浮世絵界に現れ、約140種の役者絵と相撲絵を残して消えた、謎の浮世絵師・写楽の正体に迫るドラマを、写楽研究家として知られるフランキー堺が企画総指揮および脚色を手掛けた。

ネタバレを読む