ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(39ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

ホステル2の紹介:2007年公開のアメリカ映画。クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務め、全米で大ヒットしたスプラッター・ホラーの第2弾。闇の殺人組織とその顧客の“獲物”にされた若い女性3人の恐怖を描く。純粋に娯楽として拷問と殺人を楽しむための金持ち達のクラブが少しずつ明るみになる。

ネタバレを読む

ゾンビ大陸アフリカンの紹介:2010年にイギリスで製作されたホラー映画。監督・脚本は本作がデビューとなるハワード・J・フォード とジョン・フォードのフォード兄弟。アフリカの乾いた空気の中、無数に徘徊するゾンビと、その中で生き残ろうとする二人の兵士の苦闘を描く物語。昨今の流行に背を向けた動きの鈍い古典的なゾンビ描写とゾンビ映画の基本に忠実な物語展開がマニアに好評をもって迎えられ、ネットを中心に高い評価を集めている。

ネタバレを読む

フェノミナの紹介:虫と交信できる不思議な力を持った美少女ジェニファーはスイスの寄宿学校に預けられるが、その地域では少女ばかりを狙った連続殺人事件が起きていた。1985年イタリア。監督:ダリオ・アルジェント。音楽にはアルジェント作品の常連のゴブリンやクラウディオ・シモネッティの他に、モーターヘッド、アイアン・メイデンなどのヘビメタバンドが起用された。冒頭で殺害され首を切断される少女ベラを演じているのは監督の娘フィオーレ・アルジェントである。14歳のジェニファー・コネリーが演じる完璧な美少女と、その美少女をウジ虫プールに落とす監督のサディスト性が話題になった。

ネタバレを読む

アイアムアヒーローの紹介:2016年4月23日公開の日本映画。花沢健吾の人気コミックを、『GANTZ』シリーズの佐藤信介監督が、大泉洋を主演に迎えて映画化したサバイバル・ホラー。謎のウィルスに感染し、理性を失い、人を襲う生命体ZQN(ゾキュン)へと変貌したかつての人間と、彼らから生き残ろうとする人々との壮絶なバトルが描かれる。主人公と行動を共にするヒロインを長澤まさみと有村架純が演じる。

ネタバレを読む

骸 -MUKURO-の紹介:2015年発売の日本短編映画。「第5回京都造形芸術大学映画祭」にて『つくすみ』が作品賞・撮影照明賞・録音音響賞・美術賞・女優賞の5冠を受賞した新進気鋭の佐々木勝己監督が描く、非道残虐ホラーを3作品収録。『ゆがみ。 呪われた閉鎖空間』の監督が描くスプラッターワールドとは。

ネタバレを読む

テケテケ2の紹介:下半身の無い女のバケモノ”テケテケ”の都市伝説を題材にした2009年公開のホラー映画。同時公開された「テケテケ」の続編で、前作に無かったテケテケの解呪方法が判明します。監督は「シロメ」「口裂け女」の白石晃士。脚本は「島田陽子に逢いたい」の秋本健樹。「赤んぼ少女」「東京残酷警察」で知られる西村喜廣が”テケテケ”デザイン/特殊造形、鹿角剛司がVFXスーパーバイザーを担当しています。

ネタバレを読む

テケテケの紹介:下半身の無い女のバケモノ”テケテケ”の都市伝説を題材にした2009年公開のホラー映画です。監督は「シロメ」「口裂け女」の白石晃士で、同監督による続編「テケテケ2」も同時公開されました。脚本は「島田陽子に逢いたい」の秋本健樹。「赤んぼ少女」「東京残酷警察」で知られる西村喜廣が”テケテケ”デザイン/特殊造形、鹿角剛司がVFXスーパーバイザーを担当しています。

ネタバレを読む

インシディアス〔序章〕の紹介:2015年製作のアメリカ映画。邪悪な存在に魅入られた人々の恐怖を映す『インシディアス』シリーズの第3弾で、時系列としては前日譚に当たる。母を亡くし霊界交信を求めていた女子高生クインは、ある日事故により重傷を負う。娘に起こる奇妙な現象に悩む父ショーンは霊媒師エリーズに救いを求めるが……。過去2作品でメガホンをとったジェームズ・ワンが製作、これまで脚本を担当してきたリー・ワネルが監督・脚本を務める。

ネタバレを読む

コープスパーティー アンリミテッド版の紹介:2015年8月1日公開の日本映画。呪いの儀式をしてしまった高校生たちが、閉鎖された異空間に迷い込み恐怖と直面する、ホラーとスプラッターのワールド。もともとは、長きに渡り人気を集め小説や漫画、アニメ化など幅広い展開もされたホラーアドベンチャーゲームシリーズを、実写映画化。

ネタバレを読む

グレイヴ・エンカウンターズ2の紹介:2012年公開のアメリカ&カナダ合作映画。病院の廃墟で起こる超常現象を描き、“怖すぎる予告編”が動画サイトで驚異的な視聴回数を叩き出したモキュメンタリー・ホラー「グレイヴ・エンカウンターズ」の続編。前作の監督、コリン・ミニハンとスチュアート・オルティスが脚本を担当。

ネタバレを読む

喰らう家の紹介:2015年公開のアメリカ映画。サウス・バイ・サウスウエストで上映されたパニックホラー。一人息子を亡くした夫婦が移り住んだのは、生贄を必要とする悪霊の住む家だった…。ポルト・アレグレ国際ファンタスティック映画祭(ファンタスポア)ベスト特殊効果賞受賞。監督・脚本は、「トレジャーゾンビ 蘇るテンプル騎士団の亡霊」脚本のテッド・ゲイガン。出演は、「ZONBIO 死霊のしたたり」のバーバラ・クランプトン、「51 フィフティ・ワン」のアンドリュー・センセニグ、「スリーピー・ホロウ」のリサ・マリー、「肉」のラリー・フェセンデン。

ネタバレを読む

デビルズ・バースデイの紹介:2015年公開のアメリカ映画。妊娠した新婚夫婦を襲う、心霊体験を描くPOVホラー。共同監督は、「V/H/S シンドローム」のマット・ベティネッリ=オルピンとタイラー・ジレット。製作は、「クロニクル」のジョン・デイビス。出演は、「ラストスタンド」のザック・ギルフォード、ドラマ『TERRA NOVA/テラノバ』のアリソン・ミラー。

ネタバレを読む