ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

映画:ゾンビウォー101

ゾンビ・ウォー101の紹介:2010年に公開されたゾンビ映画です。ニーリー・ローソン監督が制作を手掛けている作品で、いわゆる群像劇ものです。多種多様な人物の行動が描かれており、目まぐるしく視点が変わるのが特徴です。とはいえ明確な主人公は存在しており、基本的に彼をメインとしたストーリーになっています。もう1つ、特徴的な点を挙げるなら、ゾンビになるまでの時間が早いというものがあります。本作では密造酒から感染するという設定になっていますが、飲んだ瞬間からゾンビになるという感染力の早さも見どころだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:アメリカンビッグフット

アメリカン・ビッグフットの紹介:2017年に公開されたアメリカ映画で、ビッグフットを題材にしたパニックアクションものとなります。ビッグフットに次々と襲われていくという話で、それに立ち向かう警察官や公園管理官を描いています。主演は何と「グレムリン」の主人公を演じたザック・ギャリガン氏です。メインとなるキャスト勢も多く、ストーリーそのものは非常にシンプルな構成になっているので、とにかく馬鹿馬鹿しい映画を楽しみたい人にはオススメと言えるかもしれません。

ネタバレを読む
映画:アンデッドブラインド不死身の少女と盲目の少年

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年の紹介:虐待されグールと化した少女と両目を焼かれた少年の出会いと再生を描いた、2018年制作のオーストラリアのホラー・ファンタジー。監督/脚本は本作が長編デビューとなるジャスティン・P・ラング。ブラジルのファンタスポア国際ファンタスティック映画祭では最優秀脚本賞を受賞、日本では”未体験ゾーンの映画たち2019”で上映された。

ネタバレを読む
映画:ネクロメンティア

ネクロメンティアの紹介:部屋の中で1人、妻の死体に優しく話しかける男。男は、死んだ妻をこの世に「取り戻す」ため、ある取引をするのだが。それは、死者に取り付かれた者たちの、怨念の物語だったことが明かされていく・・・という内容で、序盤・中盤・終盤と、主人公が入れ替わる珍しい構成になっています。映像ソフトの初回リリース時のタイトルは「SAW レイザー」で、その後に原題の「ネクロメンティア」に改題されました。

ネタバレを読む
映画:ザ・マミー(2017年メキシコ)

ザ・マミー(2017年メキシコ)の紹介:2006年麻薬戦争時代のメキシコ。ギャングに母親を奪われた少女が、孤児たちと共に不可思議な助力を得て闘う姿を描いた2017年のメキシコのホラー・ファンタジー。監督/脚本は本作が長編デビューとなるイッサ・ロペス。ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭では48部門もの賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:世にも奇妙な物語2006秋の特別編4

世にも奇妙な物語 2006秋の特別編の紹介:2006年10月2日放送の日本オムニバスドラマ。『世にも奇妙な物語』の15周年記念特番にひきつづき、アバンストーリー。「鏡子さん」「部長OL」「昨日公園」「猫が恩返し」「家族会議」からなる。

ネタバレを読む
映画:隙魔

隙魔の紹介:2005年に公開された日本のホラー映画です。主演は野村恵理氏で、名女優の山口美也子氏、現在は声優として活動している小倉唯氏が出演しています。制作協力しているのは円谷エンターテイメントです。「ウルトラマン」で有名な円谷プロの円谷粲氏が独立して作り上げた会社「円谷映像」を前身としています。そのため円谷とはついていますが、実際のところ、円谷プロは設立には一切携わってはいません。そして本作の特徴はストーリー重視の作品ということです。

ネタバレを読む
映画:アンフレンデッド2ダークウェブ

アンフレンデッド:ダークウェブの紹介:2019年3月1日公開のアメリカ映画。「ゲット・アウト」「search/サーチ」の製作陣が仕掛けるスリラーの続編。中古のパソコンを手に入れたマタイアスがSkypeで恋人や友人たちと談笑していると、隠しフォルダを見つける。そこには、監禁された女性など悍ましい動画が保存されていた…。

ネタバレを読む
映画:トラウマゲーム恐怖体験アトラクション

トラウマ・ゲーム 恐怖体験アトラクションの紹介:2018年製作のカナダ映画。究極の恐怖を体験するアトラクション施設を舞台にしたホラー。精神的・身体的苦痛によって恐怖を味わう施設・パーディション。ルールは途中棄権禁止、時間制限無し。父親から虐待を受けたアリソンは、そのトラウマを克服するためにパーディションに参加する…。

ネタバレを読む
映画:ナイトウォッチメン

ナイトウォッチメンの紹介:2016年に公開されたホラーコメディ映画です。「テキサス・チェーンソー」のプロデューサーと、「悪魔はそこにいる」の監督ミッシェル・アルティエリ氏がタッグを組んだ作品です。バンパイアの群れに襲われるというストーリーで、4人の警備員と女性ジャーナリストが立ち向かっていきます。アクションあり、コメディあり、バイオレンスありといろんな要素が盛りだくさんです。もちろんホラーテイストな雰囲気も損なわれていません。

ネタバレを読む
映画:霊的ボリシェヴィキ

霊的ボリシェヴィキの紹介:とある廃工場で行われた心霊実験の恐怖を描いた2017年公開のホラー映画。旧ソ連の偉人の肖像の元、”人の死に立ち合った経験”がある7人の男女が各々の恐怖体験を語るうち、不可思議で怖ろしい現象が起こるが…。監督/脚本はJホラーの重鎮「恐怖」「狂気の海」の高橋洋。主演は「アジアの純真」「西北西」の韓英恵。

ネタバレを読む
映画:がっこうぐらし!(2019年・実写)

がっこうぐらし!(2019年・実写)の紹介:2019年1月25日公開の日本映画。累計250万部を突破した海法紀光と千葉サドルの人気コミックを映画化。学園生活部は、学園に日々寝泊りする部活。4人の部員は元気いっぱいな毎日を送っていた。だがその実態は、無数の“かれら”が蔓延る世界で壮絶なサバイバルを繰り広げていたのだ…。

ネタバレを読む
映画:ミックテイラー史上最強の追跡者

ミック・テイラー 史上最強の追跡者の紹介:2013年に制作されたオーストラリアの映画です。「ウルフクリーク/猟奇殺人谷」の続編に当たる作品で、原題は「ウルフクリーク2」です。とはいえ話自体は独立しているため、前作を見ていなくても問題ありません。本作はオーストラリアのウルフクリーク国立公園で実際に起きた「バックパッカー連続殺人事件」をベースにしています。多少脚色はされていますが、実話をベースにしているため、不気味な話になっています。

ネタバレを読む
映画:「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢ

「超」怖い話 TV完全版 episodeⅢの紹介:1991年から続く実話怪談シリーズ「『超』怖い話」。多数いる採話者の中でもカルト的な人気を誇る「DINER ダイナー」「東京伝説」の平山夢明による実話怪談をベースに、恐怖体験の収集に取り憑かれた中年男の狂気とその家族の崩壊を描いた2006年放映のホラードラマの第3巻。監督/脚本は「妖怪奇談」「私の奴隷になりなさい」の亀井亨、共同脚本は「クロユリ団地」「劇場霊」の加藤淳也。特殊メイクは「妖怪奇談」の河野顕子。

ネタバレを読む