ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

ブラッディ・ホワイト 白の襲撃者たちの紹介:2015年製作のアメリカ映画。刑事のウォールズは病院で起こった大規模な爆破事件に巻き込まれる。彼は病院のベッドで目を覚まし、異様なまでに静まり返る院内で警備員と遭遇するが、何者かに銃弾を撃ち込まれ…。予測不能でジャンル分けの難しい作品。

ネタバレを読む

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ アナザーの紹介:2014年製作のアメリカ映画。4人の男にレイプされた女性が、謎の組織に出会って復讐の鬼へと化す姿を描いている。監督・脚本はマシュー・A・ブラウン、主演はアシュリー・C・ウィリアムズ。原題はJULIA。

ネタバレを読む

ブラッディ・ツインの紹介:2016年製作のアメリカ映画。自分の中にいる双子に体が乗っ取られるという設定で描くホラー。自転車便ライダーのヘレンは、大事故に巻き込まれたことをきっかけにブラックアウトや幻想などに悩まされるようになる。MRI検査の結果、頭に腫瘍があることが分かるが…。

ネタバレを読む

学校の怪談2の紹介:毎年4月4日4時44分に怪異が起こるという怪談を持つ田舎の小学校で巻き起こるオバケ騒動を描いた1996年公開のホラー・ファンタジー。常光徹の同名児童書、ポプラ社刊の同名シリーズなどを原作とした「学校の怪談」シリーズの第2作。前作に続き監督は「OUT」「ターン」の平山秀幸、脚本は「時をかける少女」(アニメ映画/2006年)の奥寺佐渡子。校長役を怪演した岸田今日子は本作と「八つ墓村」で1996年度第39回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞した。

ネタバレを読む

ザ・パック 餌になる女の紹介:2010年製作。ヒッチハイクの男性を乗せたことから、化物の餌になるために拉致・監禁された女性の運命を描いている。「尻敷女」の制作陣が参加し、カンヌ国際映画祭で上映されて話題を呼んだ作品。主演はエミリー・ドゥケンヌ。捕まえた人間を化物の餌として与える女性主人をヨランド・モローが演じる。

ネタバレを読む

人狼ゲーム マッドランドの紹介:2017年7月15日公開の日本映画。古くから伝わるゲームをモチーフにしたホラー小説原作の「人狼ゲーム」シリーズ第6弾。高校生たちを殺し合わせる人狼ゲームに参加させられた萌は、人狼側が圧倒的に有利な中、勝利を目指していく…。

ネタバレを読む

エミリー 悪夢のベビーシッターの紹介:2015年製作のアメリカ映画。サイコパスのベビーシッターが子どもたちを狙うサイコスリラー。結婚記念日を祝うため、ふたりきりで出掛けることになったダンとジョイス夫妻は、3人の子どもたちをベビーシッター・アンナに預けることに。しかし、彼女の行動が次第に過激さを増し…。

ネタバレを読む

マッド・ナースの紹介:2013年製作のアメリカ映画。巨大病院を舞台に、優秀な看護師であり、連続殺人鬼でもある女性の狂気の姿を描いている。パス・デ・ラ・ウェルタが主演のナースを体当たりで演じたバイオレンス・スリラー。今作の衣装を担当したのは、マイケル・ジャクソンや、レディー・ガガなどの衣装を手がけたザルディ・ゴコ。

ネタバレを読む

サマー・ヴェンデッタの紹介:2016年製作のフィンランド映画。世界を震撼させた「ボドム湖殺人事件」を元に描くシチュエーションホラー。1960年夏、フィンランドのボドム湖で起きた未解決の殺人事件。イーダたち4人はその謎を解明すべく事件現場を訪れ、当時と同じシチュエーションの再現を試みるが…。

ネタバレを読む

ウルフ・アット・ザ・ドアの紹介:2016年製作のアメリカ映画。『アナベル 死霊館の人形』のジョン・R・レオネッティ監督によるサスペンススリラー。とある瀟洒な家に集まり、パーティーを楽しんでいた男女4人。そこへ殺意を持った侵入者たちが忍び寄り…。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ17の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2005年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第17作。事故や自殺が相次ぐ湖に現われた不気味な女「湖の底から」、ふざける観光客に呆れ「振り返る地蔵」、自殺を遂げた同級生の寂しげな姿「仲間に入れて」など9本を紹介する。構成・演出・撮影・編集は「お姉チャンバラ」「アイズ」の福田陽平。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

フェーズ6の紹介:2009年公開のアメリカ映画。感染すれば必ず死が訪れるウィルスが蔓延する中、生き残った4人の若者がサバイバルを繰り広げる姿を描いている。パンデミックによる恐怖だけでなく、生き残った人間の本性も映し出している作品。クリス・パイン主演で贈るパニック・スリラー。

ネタバレを読む