ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

映画:ダークスクール

ダーク・スクールの紹介:山間の寄宿学校に編入となった問題児たちが芸術に取り憑かれ壊れていく恐怖を描いた2018年制作のスペイン/米合作のホラー映画。原作は「ラストサマー」シリーズで知られるロイス・ダンカンの「Down A Dark Hall」。監督は「レッド・ライト」のロドリゴ・コルテス。主演は「マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~」のアナソフィア・ロブ。エレガントでマッドな校長役を「キル・ビル」のユマ・サーマンが好演している。

ネタバレを読む
映画:ブタカリ。呪いの使徒

ブタカリ。呪いの使徒の紹介:2012年に公開された日本のホラー映画です。息子を殺された父親と恋人を殺された男の復讐劇を描いています。「ブタカリ」という謎の箱を主題に置いており、人の念を恐ろしいモンスターに変えるという設定です。こうした独自の都市伝説をテーマに据えているのが本作の見どころだと言えるでしょう。なお本作で父親役を演じているのは、数多くのドラマや映画などに出演している有名俳優の石橋保氏となります。

ネタバレを読む
映画:ザモンスター

ザ・モンスターの紹介:アメリカでは2016年、日本では2017年に公開されたパニックホラー映画です。険悪な仲になりつつある母娘が、森の中で怪物に遭遇するという話です。母娘の愛と怪物の恐怖が描かれている作品で、批評家の間ではおおむね好評となっています。「ルビー・スパークス」で有名なゾーイ・カザン氏が主演を務めており、「ストレンジャーズ/戦慄の訪問者」のブライアン・ベルティノ氏が監督と脚本を担当しています。

ネタバレを読む
映画:ゾネイダー地球感染計画

ゾネイダー 地球感染計画の紹介:2015年に公開されたイタリア映画です。「アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者」「テーター・シティ 爆・殺・都・市」などを制作したバイオレンス専門の映画会社ネクロストームの作品となります。SFホラーの傑作として名高い「遊星からの物体X」を完全オマージュした映画となっていますが、その内容はバイオレンスさに重きを置いたものになっています。人体が飛び散るグロシーン満載なのが、本作の特徴であり、また醍醐味だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:殺人蜂キラービー

殺人蜂 キラー・ビーの紹介:2006年に公開された日本の昆虫パニックホラー映画です。「仮面ライダーキバ」で過去偏のクイーン真夜を演じた加賀美早紀氏が主演を務めています。他にも上野未来氏や鈴木葉月氏といった若手女優兼グラビアアイドルたちがこぞって出演しています。ファッションモデルやグラビアアイドルがメインを務めているのも本作の特徴だと言えるでしょう。ストーリーはガールズスカウトのキャンプに行った先で、殺人蜂の大群に襲われるというものです。

ネタバレを読む
映画:カッターヘッド真夜中の切断魔

カッターヘッド 真夜中の切断魔の紹介:2018年12月29日公開のアメリカ映画。湖畔の別荘を訪れた母と二人の娘に襲いかかる恐怖を映し出すホラー。幼い息子が失踪し、行方不明のままという別荘の前の持ち主の話を聞かされたローラ。日も落ちた頃、突然、娘のマディが腹痛を訴え嘔吐。彼女が吐き出した紙屑には“HELLO”と書かれていた…。正体不明の殺人鬼から娘たちを守る母親役に「アイ・フランケンシュタイン」のイヴォンヌ・ストラホフスキー。その二人の娘を、実生活でも姉妹のアビゲイルとアンナのピニョフスキ姉妹が演じる。

ネタバレを読む
映画:絶対恐怖Boothブース

絶対恐怖 Booth ブースの紹介:深夜の生放送ラジオ番組の収録中に心霊現象が発生し、人気DJの秘密が暴かれるという2005年公開のホラー・サスペンス映画。監督/脚本は「残穢 -住んではいけない部屋-」の中村義洋。「ROOKIES」「木更津キャッツアイ」の佐藤隆太は初主演にして初悪役。連作は玉山鉄二主演の「絶対恐怖 Pray プレイ」。

ネタバレを読む
映画:心霊盗撮ビデオ呪われた鑑賞会

心霊盗撮ビデオ 呪われた鑑賞会の紹介:2010年に公開された日本のホラー映画です。心霊ビデオと盗撮映像を組み合わせた内容になっており、途中途中でインタビューシーンが挟まれるのが特徴的です。登場人物はアルファベットで現わされ、ある動画サイトや某巨大掲示板という表現が出るなど、本当にあった出来事という体で物語は進んでいきます。なのでいわゆるフェイクドキュメンタリー風のホラー映画になっていると言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:呪われた都市伝説紫鏡

呪われた都市伝説 紫鏡の紹介:2011年に公開された日本のホラー映画です。都市伝説「紫鏡」をテーマに据えた作品となっています。この「紫鏡」というのは20歳までに覚えていたら死ぬといった内容です。本作でも20歳までに死ぬという話をベースに、物語が作られています。少々グロいシーンもあり、たくさんの血の描写が散りばめられています。とはいえ基本的には見知らぬ森に閉じ込められた男女の恐怖が描かれているため、そこまでグロいものではありません。

ネタバレを読む
映画:キャビンインザウッズ

キャビン・イン・ザ・ウッズの紹介:友人の麻薬中毒を治療するため、森の奥深くに建つ小屋=キャビンに友人を軟禁した主人公が、その地で次々と不可思議な現象を体験することになる・・・という、低予算ホラームービー。「ブレアウィッチ・プロジェクト」に似た手法ながらPOVではなく、派手な仕掛けもないが、アイデアや構成が上手くラストまで惹き付けられる。話題になった、クリス・ヘムズワース出演のホラー「キャビン」(原題が「キャビン・イン・ザ・ウッズ」)とは違う映画なので、ご用心を。

ネタバレを読む
映画:深淵からの物体Xワーストコンタクト

深淵からの物体X ワーストコンタクトの紹介:原題は「FROM BENEATH」で、2012年に公開された寄生系のパニックホラーものです。姉夫婦の家を訪れたカップルが、寄生生物による恐怖を味わうことになるといった物語です。メインの登場人物はたったの2人だけです。「遊星からの物体X ファーストコンタクト」を彷彿とさせるタイトルになっていますが、実際は全く関係ありません。原題を見ても分かる通り、邦題を真似ただけです。

ネタバレを読む
映画:デッドライン境界線

デッドライン 境界線の紹介:2011年に公開された映画です。いわゆるPOVの手法で撮影されたファウンド・フッテージもののホラー映画になります。制作を手掛けているのは「モンスターズ/地球外生命体」のスタッフです。罪人を追いかける猟師と吊るされた魔女の伝説がある森に入った男女3人のストーリーですが、基本的には三角関係のこじれが描かれています。主演はスクート・マクナリー氏で、メインの人物はたった3人だけです。

ネタバレを読む
映画:狼チャイルド

狼チャイルドの紹介:狼男の子と母親、それを守る看護師の苦悩を描いた仏/ブラジル合作2017年制作のホラー・ファンタジー。原題は「As Boas Maneiras/GOOD MANNERS」。監督/脚本はジュリアナ・ホハス、マルコ・ドゥトラ。母親役をブラジルの実力派女優で歌手のマルジョリエ・エスチアーノが演じている。日本ではシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2018で公開された。

ネタバレを読む
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ61

ほんとにあった!呪いのビデオ61の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2015年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第61作。出所不明の監視映像に映り込んだ女の不審な行動「コインロッカー」、人形をあやす不気味な女を追う「人形ノ家」など7本を紹介する。演出/構成は本シリーズと深い因縁があり長年演出補として活躍してきた菊池宣秀。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む