ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(24ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

黄泉がえりの紹介:2003年公開の日本映画。梶尾真治の同名作品を原作とする。タイトルは死んだ人が「黄泉(よみ)から帰ってくる」という意味で、九州地方で突如起きた、死んだはずの人が蘇ってくるという超常現象をベースに描いた作品である。

ネタバレを読む

夜霧よ今夜も有難うの紹介:1967年の日本映画。アメリカ映画「カサブランカ」(1942年作 ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン・主演)を翻案して、石原裕次郎と浅丘ルリ子の主演により映画化した名作。同名の主題歌もヒットした。

ネタバレを読む

きみがぼくを見つけた日の紹介:タイムトラベルする能力を持つ男とその妻となる女性との純愛物語。アメリカで大ベストセラーとなった「The Time Traveler’s Wife」が原作。製作総指揮にはブラッド・ピットもいることで話題となった。

ネタバレを読む

プリティ・ブライドの紹介:1999年制作のアメリカ映画。ゲーリー・マーシャル監督。「プリティ・ウーマン」で共演したリチャード・ギアとジュリア・ロバーツが再共演した作品ではあるが、本作と「プリティ・ウーマン」との関連性はない。

ネタバレを読む

プリティ・ウーマンの紹介:1990年制作のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督の作品で、ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用された。『マイ・フェア・レディ』の現代版ストーリーである。

ネタバレを読む

私の頭の中の消しゴムの紹介:幸せな結婚をした夫婦。しかし妻がアルツハイマーにかかり、記憶がなくなっていきます。死でも別れでもなく、忘却により終わりを告げる愛ですが、最後まで妻を愛する夫の一途さが素敵に描かれている切ないラブストーリーです。

ネタバレを読む

あなたが寝てる間にの紹介:駅の改札で働いてるルーシーは一人ぼっちで、毎朝改札を通る素敵な男性も見てるだけです。そんな彼がある日、線路に落ち、それを救って病院に付き添ったことで、彼の家族に婚約者だと勘違いされる・・・。

ネタバレを読む

蛇にピアスの紹介:史上最年少で芥川賞を受賞した金原ひとみのデビュー作を蜷川幸雄が映画化。身体を加工することでしか自己の存在を信じることが出来ない不器用な若者たちを、まだ無名だった吉高由里子、高良健吾がオールヌードで挑んだ話題作。

ネタバレを読む