ラブストーリーのネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

号泣必至の泣ける純愛や感動の実話、ハッピーなラブストーリーなど、邦画、洋画を問わず、おすすめのラブストーリーの映画のネタバレをまとめています。主に恋愛を題材としている物が多く、学園、外国、クリスマス、バレンタイン、遠距離恋愛など、物語の背景は様々です。

映画:伊藤くんAtoE

伊藤くん A to Eの紹介:2018年1月12日公開の日本映画。女たちを翻弄する“痛男”を軸に、5人の女の無様な恋愛と成長を描いた柚木麻子の小説を、岡田将生&木村文乃主演で映画化したラブストーリー。容姿端麗だが自意識過剰で無神経な28歳のフリーターと、落ち目のアラサー脚本家が巻き起こす恋の騒動がつづられる。

ネタバレを読む
映画:伊豆の踊子(1963年)

伊豆の踊子(1963年)の紹介:1963年に製作された恋愛ドラマ。川端康成による同名小説を「青い山脈」の西河克己監督が実写化、主演は吉永小百合と高橋英樹が務めた。大正末期の伊豆で出会った学生と旅芸人の踊子との叶わぬ恋を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ハーフェズペルシャの詩

ハーフェズ ペルシャの詩の紹介:2007年に製作されたイラン・日本映画で、アボルファズル・ジャリリがメガホンをとり、麻生久美子が海外初進出した作品。コーランの暗唱者の称号を得た青年が、家庭教師をした大師の娘と恋におち、引き離されていく姿を描いている。

ネタバレを読む
映画:男と女(2011年)

男と女の紹介:2011年フランス製作のショートムービー。『アデル、ブルーは熱い色』『007 スペクター』のレア・セドゥ、『ブラック・スワン』にも出演したバレエダンサーのベンジャミン・ミルピエが共演した切なきラブストーリー。マイ・フレンチ映画祭2012の上映作品で、原題は『Time doesn’t stand still』。

ネタバレを読む
映画:勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろの紹介:2017年12月23日公開の日本映画。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を松岡茉優主演で映画化したキュートなラブ・コメディ。10年間片思いを続ける中学時代の同級生と、人生で初めて告白してくれた彼氏との間で揺れ動くヒロインの思いが描かれる。

ネタバレを読む
映画:Love Letter

Love Letterの紹介:1995年の公開作で、岩井俊二監督の劇場用長編映画一作目。デビュー作にして様々な映画賞に輝いた。亡くなった婚約者を忘れられない博子。ある時博子は、天国の彼に手紙を送ると届くはずのない返事が…。返事の主は彼と同姓同名の女性だった。2人の文通により、隠れていた恋が浮かびあがっていく。

ネタバレを読む
映画:愛は静けさの中に

愛は静けさの中にの紹介:1986年製作のアメリカ映画。マーク・メドフによるトニー賞受賞の舞台作品『ちいさき神の、作りし子ら』を映画化。聾学校に赴任してきた教師が、聾唖者の女性と愛し合いながら教師として献身する姿を描く。

ネタバレを読む
映画:ナラタージュ

ナラタージュの紹介:2017年10月7日公開の日本映画。2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝くなど話題を呼んだ島本理生の同名ベストセラー小説を、恋愛映画の名手である行定勲監督が映画化した大人のためのラブストーリー。高校教師と生徒が時を経て再会し、究極の恋に落ちるさまがつづられる。ヒロインの泉を有村架純、教師の葉山を松本潤が演じる。

ネタバレを読む
映画:歓楽通り

歓楽通りの紹介:2002年のフランス映画で、監督は『仕立て屋の恋』や『髪結いの亭主』の巨匠パトリス・ルコント。娼婦の子供として生まれ、娼館しか知らずに育った男は、一目惚れした新入り娼婦の世話を一生涯していくと心に決める。無償の愛を注ぐ男の運命をルコント監督独特の手法にて、艶やかで切なく描き出す。

ネタバレを読む
映画:龍城恋歌

龍城恋歌の紹介:1996年の中国映画。結婚式当日に一家を惨殺された女性。復讐のために雇った暗殺者との恋や、2人が辿る運命を描いたサスペンス・ラブストーリー。名匠チャン・イーモウが製作総指揮を務め、これまでチャンと共同監督で映画を製作してきたヤン・フォンリャンが単独でメガホンをとった。原題は『龍城正月』、英題は『Dragon Town Story』。

ネタバレを読む
映画:魔法の恋愛書

魔法の恋愛書の紹介:2012年製作のアメリカ映画。ベストセラーの恋愛書を参考にした男女の恋愛を描いている。ファンタスティック・フォーなどで知られる、ティム・ストーリーが監督を務めた作品で、ケヴィン・ハートやミーガン・グッド、レジーナ・ホールら出演で贈るラブコメディ。

ネタバレを読む
映画:恋と嘘

恋と嘘の紹介:2017年10月14日公開の日本映画。自由恋愛が禁止された近未来を舞台に、政府が選んだ結婚相手と、幼なじみとの間で揺れるヒロインの姿を描くラブストーリー。マンガアプリに連載され、アニメ化もされた人気コミックの設定を生かした原作とつながりをもつアナザーストーリーとなっている。ヒロインを森川葵、幼なじみを北村匠海、その恋のライバルを佐藤寛太が演じる。

ネタバレを読む
映画:先生好きになってもいいですか

先生!、、、好きになってもいいですか?の紹介:2017年10月28日公開の日本映画。『高校デビュー』『青空エール』など数々の映画化作で知られる河原和音の人気コミックを、生田斗真&広瀬すず主演で映画化したラブストーリー。不愛想な社会科教師に恋をした女子高生の純粋すぎるがゆえの暴走する思いがつづられる。“青春ラブストーリー”の名手・三木孝浩が監督を、『心が叫びたがってるんだ。』の岡田麿里が脚本を手がけた。

ネタバレを読む