サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:血濡られた兄弟

血濡られた兄弟の紹介:経済的に恵まれていた一家の、ゲームやホラー映画好きな「オタクな長男」が、連続猟奇殺人の容疑者として逮捕されてしまいます。被害者の若い女性はみな長男と付き合っていた過去があり、容疑は間違いないと思われましたが、長男は無罪を主張します。長男を救うべく、弟が単独で事件を調査し始めるのですが・・・といった内容の、TVムービーサスペンスです。事件の謎解きと平行して、揺れ動く家族の絆に重点を置いた作品になっています。

ネタバレを読む
映画:完璧なストレンジャー

完璧なストレンジャーの紹介:結婚してまだ3ヵ月の新婚でありながら、母親の死にも関心を示さない妻との生活に、嫌気が差していたジョナタン。その妻が車で事故を起こしたと聞き、病院へ駆けつけると。そこにいたのは妻とは全く別の他人だった・・・!彼女の正体は、そして妻の行方は?というフランス産のサスペンスで、主人公と「妻の名を語る見知らぬ女性」との心の揺れ動きを描く、ラブ・サスペンスになっています。

ネタバレを読む
映画:バッドガール(2012)

バッド・ガール(2012)の紹介:2012年に公開された映画で、原題は「Girls Against Boys」です。男に酷い目に遭わされた主人公が相棒の女性と出会うことで、復讐に転じていくという話で、いわゆるリベンジものと言えます。主演は「ピラニア リターンズ」のダニエル・パナベイカー氏で、相棒の女性は「僕が教えるアメリカ成功術」のニコル・ラリベルテ氏が演じています。R15認定されていますが、そこまでどぎつい描写はありません。

ネタバレを読む
映画:フレディエディ

フレディ/エディの紹介:2016年製作のドイツ映画。妻の浮気で逆上し、暴力を振るったフレディは、それがきっかけで離婚をし、息子の親権もはく奪されてしまう。離婚がきっかけでフレディはその後、幼少期に見ていたもうひとりの自分「エディ」を見るようになるが…。

ネタバレを読む
映画:危険な遊び

危険な遊びの紹介:天使の笑顔の裏に悪辣な悪意を秘めた少年が、周囲の人々を翻弄し殺害していく恐怖を描いた1993年公開のアメリカのホラー・サスペンス。製作/監督は「愛がこわれるとき」「W/ダブル」のジョセフ・ルーベン。脚本はブッカー賞作品「アムステルダム」など数々の賞に輝くイアン・マキューアン。「ホーム・アローン」により一躍スターダムにのし上がった名子役マコーレー・カルキンが初の悪役を演じ、当時「わが心のボルチモア」などで高評価を得たイライジャ・ウッドが健全少年を演じるW主演、名子役対決が話題となった。

ネタバレを読む
映画:フォーハンズ

フォー・ハンズの紹介:20年前、両親が強盗に殺害される現場に居合わせてしまった姉妹の悲劇を描いた2017年制作のドイツのホラー・サスペンス。監督/脚本は初長編作「Bis aufs Blut–Brüder auf Bewährung」で数々の賞を受賞したオリヴィエ・キーンル。妹役をフリーダ=ロヴィーサ・ハーマン、姉役を「顔のないヒトラーたち」のフリーデリーケ・ベヒトが演じている。

ネタバレを読む
映画:ブラジルから来た少年

ブラジルから来た少年の紹介:ナチス残党の陰謀を描いたSFスリラー。ナチスの再興を企てる天才博士とナチハンターの老人との戦いを描く。原作はアイラ・レヴィンの同名小説で、監督は「猿の惑星」で知られるF・J・シャフナーが務めた。第50回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞ではローレンス・オリヴィエが男優賞を獲得した。1978年イギリス・アメリカ合作。

ネタバレを読む
映画:フェイククライム

フェイク・クライムの紹介:2011年に公開されたアメリカのクライム系ラブストーリー映画です。悪友に騙され、銀行強盗の運転手に仕立て上げられ服役した主人公が、出所後、銀行強盗の計画を立てるというストーリーです。主人公を演じるのは人気ハリウッドスター、キアヌ・リーブス氏です。脇を固めるのは「ゴッドファーザー」のジェームズ・カーン氏や「死霊館シリーズ」のヴェラ・ファーミガ氏となります。豪華俳優陣が繰り広げるクライムサスペンス、ならびにラブストーリーが見どころの作品だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:リムジンLIMOUSINE

リムジン LIMOUSINEの紹介:長年の功績を認められ映画賞を受賞したベテラン女優が、授賞式に向うはずのリムジンの車中に閉じ込められてしまう。それは、謎の人物による、女優への壮絶な復讐の幕開けだった・・・!という物語で、全編通してほぼ「ひとり芝居」で汚れ役を演じるヒロインの悲痛さと迫力が見ものの作品です。

ネタバレを読む
映画:Miss ライアー

Miss ライアーの紹介:見知らぬ部屋に監禁された、互いに見知らぬ、一見なんの共通点もなさそうに見える人種も人種も違う男女6名が、理不尽な「試練」を与えられ、次第に6人の知られざる過去が明かされていく・・・という、シチュエーション・スリラーです。予備知識なしに、どんな仕掛けが、どんな真相が?とあれこれ推理しながら見るのが、一番の楽しみ方かなと思います。

ネタバレを読む
映画:NO EXITノーイグジット

NO EXIT/ノー・イグジットの紹介:明らかに「小物」な感じの、泥棒家業をしている恋人同士のコンビが、最後の仕事として忍び込んだ家でとんだハプニングに遭遇、「もうひと仕事」するハメに。しかし潜入したその家は、恐るべき殺人鬼の棲み家だった・・・!というクライムサスペンスを、コメディ風味たっぷりに描いた作品です。全体にテンポが良く、心地よい怖さと笑いを楽しめる一作です。

ネタバレを読む
映画:ウタモノガタリCINEMA FIGHTERSproject「幻光の果て」

ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-「幻光の果て」の紹介:LDH JAPAN、SSFF&ASIAがタッグを組み、作詞家小竹正人の詞を映像化するプロジェクトの『CINEMA FIGHTERS』に続く第2弾。6編のオムニバスショートムービーの中の一作で、監督・脚本は『沖縄を変えた男』の岸本司。公開は2018年、作品原案曲はDEEPの『Baby Shine』。漁師のヨシヤは、歯形が付いて折れたサーフボードを気にかけていた。ある時ヨシヤは、サメを見かけたと言って海へ飛び込むのだったが…。

ネタバレを読む
映画:復讐鬼マイジャスティス

復讐鬼 マイ・ジャスティスの紹介:幼い我が子を誘拐犯に無残に殺された若い夫婦が、取引により刑期を短縮されてしまった犯人へ、自分たちの手で壮絶な「復讐」を開始する・・・!という物語で、スプラッタ映画なみの残酷シーンも出てくる凄絶な復讐劇です。「悪魔のいけにえ2」のチョップトップ役や、「マーダー・ライド・ショー」「デビルズ・リジェクト」のオーティス役で日本でも人気の高いビル・モーズリィが誘拐犯を演じています。

ネタバレを読む
映画:容疑者室井慎次

容疑者 室井慎次の紹介:踊る大捜査線シリーズのスピンオフ作品として2005年に公開された作品で、監督・脚本はドラマシリーズから脚本を手掛ける君塚良一がつとめています。警察官僚である室井慎次を主人公としたストーリーで、捜査の過程で被疑者を死亡させてしまったことをきっかけに、権力争いや弁護士の介入など大きな問題へと発展していきます。これまで描かれてこなかった室井の過去や人間的な部分まで垣間見ることのできる作品となっています。

ネタバレを読む