サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

犯る男の紹介:2015年製作の日本映画。夫からのDVに耐える人妻と、強姦強盗を繰り返す男とが惹かれ合っていく姿を描いている。多数のVシネマやピンク映画を監督した、鬼才・山内大輔がメガホンをとった作品で、セクシーアイドルの朝倉ことみと涼川絢音が共演したサスペンス。

ネタバレを読む

エベレスト 3Dの紹介:2015年公開。標高8848mのエベレスト登頂に挑む、登山家たちの姿を描いている。1996年に起きた遭難事故を基に制作された作品で、バルタザール・コルマウクルが監督を務め、ジェイソン・クラーク主演で贈るサスペンス。

ネタバレを読む

スクランブルの紹介:2017年製作のフランス&アメリカ合作映画。高級クラシックカー専門の強盗団、フォスター兄弟の活躍を描くクライム・アクション。マフィアがオークションで落札した車を強奪しようとしたがために、敵対するマフィアのボスから車を盗むはめになる兄弟と仲間たちの行方が描かれる。

ネタバレを読む

誘う女の紹介:1995年にアメリカで製作された犯罪コメディ。ジョイス・メイナードによる同名小説をガス・ヴァン・サント監督がニコール・キッドマン主演で映画化。有名人になるという欲望に取りつかれた女性と、彼女の野望に巻き込まれる高校生たちの姿をモキュメンタリー風に描いていく。第53回ゴールデングローブ賞では、ニコール・キッドマンが主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を獲得した。

ネタバレを読む

ハネムーン・キラーズの紹介:1970年製作のアメリカ映画。実際に起こった連続殺人事件を元に、文通相手の結婚詐欺師と共に悪事を重ねて行く看護婦を描く犯罪ドラマ。監督・脚本は今作が唯一の監督作となったレナード・カッスル。出演はシャーリー・ストーラー、トニー・ロー・ビアンコ。公開当時はほとんど無視されていたが、トリュフォーやデュラスらの絶賛により一部に熱狂的ファンを生んだカルト作。

ネタバレを読む

ダブルフェイス 秘めた女の紹介:2009年公開のフランス映画。家族と幸せに暮らす作家の女性が、ある日自分の体や周りに異変を感じ、真相を知ろうとする姿を描いている。ソフィー・マルソーとモニカ・ベルッチ共演で贈るサスペンス。

ネタバレを読む

ペインレスの紹介:2012年公開。痛みを感じない子供たちの運命と、自身の出生の秘密を探る医師の姿を描いている。スペインの歴史と交えて、過酷な運命を辿る子供たちと、自らが生きるためにも母親を探す医師の姿を映し出したサスペンスホラー。

ネタバレを読む

シシリーの黒い霧の紹介:1962年にイタリアで製作された社会派映画。シチリアの大物山賊サルヴァトーレ・ジュリアーノの死の謎をドキュメンタリー風に描いた作品で、第12回ベルリン国際映画祭では監督賞にあたる銀熊賞を受賞した。

ネタバレを読む

ロンリーハート(2006年)の紹介:2006年製作のアメリカ映画。合衆国に実在した殺人鬼カップル、レイモンドとマーサ、彼らを追った刑事エルマーをモデルに製作。孤独な女性ばかりを毒牙にかける凶悪なカップルの異常な愛の形と、彼らを追う刑事の姿を映し出す。

ネタバレを読む