サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

映画:死刑台のエレベーター(1958年)

死刑台のエレベーター(1958年)の紹介:1958年製作のフランスの犯罪ドラマ。ノエル・カレフの同名小説を映画化した作品で、エレベーターが想定外の停止をしたことで完璧だったはずの犯罪計画が崩れていく様を描いていく。撮影当時25歳のルイ・マル監督が長編デビュー作でルイ・デリュック賞を受賞したサスペンスの名作。

ネタバレを読む
映画:第十七捕虜収容所

第十七捕虜収容所の紹介:1953年製作のアメリカのサスペンス映画。ナチスドイツの捕虜収容所で密告者の疑いを賭けられた男の孤独な闘いをサスペンスフルに描いていく。元々はドナルド・ビーヴァンとエドモンド・トルチンスキーのブロードウェイ舞台劇で、ビリー・ワイルダー監督がウィリアム・ホールデン主演で映画化した。第26回アカデミー賞ではウィリアム・ホールデンは主演男優賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:リグレッション

リグレッションの紹介:2015年公開のアメリカ&カナダ&スペイン合作映画。スペインの鬼才アレハンドロ・アメナーバル監督が、80年代にアメリカで起きた悪魔崇拝者による事件を基に描くサスペンス・スリラー。父親からの虐待を告発した少女の取り調べを始めた刑事が、事件の裏に潜む巨大な闇の存在に迫っていく姿がつづられる。刑事をイーサン・ホーク、被害者の少女をエマ・ワトソンが演じる。

ネタバレを読む
映画:大空港

大空港の紹介:1970年アメリカ製作のパニック映画。アーサー・ヘイリーの同名小説を映画化した作品で、記録的寒波、滑走路の閉鎖、爆弾魔の搭乗など、様々なトラブルに見舞われる大空港の一夜を描いていく。オールスターキャストによる演技の評価は高く、ヘレン・ヘイズは第43回アカデミー賞で、モーリーン・ステイプルトンは第28回ゴールデン・グローブ賞でそれぞれ助演女優賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:ビッグマネー男たちのレクイエム

ビッグ・マネー 男たちのレクイエムの紹介:2016年メキシコ製作のクライムアクション。5年前に強奪された大金の行方をめぐり、犯人グループと事件を追う刑事の駆け引きを描いていく。第37回ブリッケンリッジ映画祭では編集賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ミッドナイトエクスプレス

ミッドナイト・エクスプレスの紹介:「エンゼル・ハート」「ミシシッピー・バーニング」などを手がけたアラン・パーカーが監督を務め、「プラトーン」「JFK」のオリヴァー・ストーンの書いた脚本を映画化した作品。トルコから麻薬のハシシをアメリカへ持ち帰ろうとして捕まり、トルコ政府により見せしめのため、30年に渡る刑期を言い渡された青年の苦悩の日々を描き出す。

ネタバレを読む
映画:マッキントッシュの男

マッキントッシュの男の紹介:1973年のイギリス・アメリカ合作のスパイ・スリラー。「マルタの鷹」で知られるジョン・ヒューストン監督がデズモンド・バグリィ原作の長編小説を映画化した作品で、ポール・ニューマン、ドミニク・サンダが主演を務めた。プロの泥棒がイギリス国内に潜入するスパイとの争いに巻き込まれる姿を描いていく。

ネタバレを読む
映画:レッドスパロー

レッド・スパローの紹介:2018年にアメリカで製作されたスパイ・スリラー。「ハンガー・ゲーム」シリーズでもコンビを組んだフランシス・ローレンスとジェニファー・ローレンスが監督と主演をそれぞれ務めた。元CIA諜報員のジェイソン・マシューズによる同名小説を映画化した作品で、元バレリーナがロシア諜報員として生き抜いていく様を描いていく。

ネタバレを読む
映画:ネイキッドフィアー

ネイキッド・フィアーの紹介:2017年製作のアメリカ映画。極寒の雪山に放置された男女が残酷なゲームに挑むエロティック・サスペンススリラー。雪山で目覚めた5人の男女。全裸の5人は、なぜここにいるのかという記憶もないまま、山荘に逃げ込むが、そこには女の全裸死体と謎のメッセージがあった。

ネタバレを読む
映画:犬猿

犬猿の紹介:2018年2月10日公開の日本映画。『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督が、地方都市に暮らす、まるで正反対な兄弟と姉妹という4人の男女の運命が交錯していくさまを描くユニークな人間ドラマ。マジメな弟を窪田正孝、その兄を新井浩文、印刷会社を切り盛りする姉をお笑いコンビ、ニッチェの江上敬子、その妹を筧美和子と、実力派4人が顔を揃える。

ネタバレを読む
映画:スノーマン雪闇の殺人鬼

スノーマン 雪闇の殺人鬼の紹介:ノルウェーの人気作家ジョー・ネスボのベストセラー「刑事ハリー・ホーレ」シリーズ第7作「スノーマン」の映画化作品。真冬のオスロで、酔いどれのハリー警部が現場に雪だるまを残す連続猟奇殺人鬼を追う、2016年制作の米/英/スウェーデン合作のホラー・サスペンス。監督は「裏切りのサーカス」「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン。主演は「HUNGER/ハンガー(2008年)」「プロメテウス」のマイケル・ファスベンダー。

ネタバレを読む