サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

キル/オフの紹介:2016年製作のフランス映画。ラスティ・ジョイナー主演によるサスペンスアクション。広大な砂漠地帯の田舎町にやって来た営業マン・サム。誰ひとりとして姿を見せない町の異様な雰囲気を不審に思い、町を去ろうとしたサムだったが、突如現れた仮面の警官から銃弾を浴びてしまう。

ネタバレを読む

ダークルームの紹介:2012年製作のアメリカ映画。交通事故で友人を死なせてしまった女性が、リハビリ後の仕事先の屋敷で襲われる恐怖を描いている。ケイリー・デフォー主演で贈る作品。突然の監禁という不条理なシチュエーション・スリラー。

ネタバレを読む

トンネル 闇に鎖された男の紹介:2016年製作の韓国映画。自動車ディーラーとして働くジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまうのだった…。

ネタバレを読む

隣人 ネクストドアの紹介:2005年製作。隣人の魅力的な姉妹に迫られ、追い詰められていく男性の悪夢を描いている。監督・脚本を担当したのは、ポール・シュレットアウネ。過激な性描写と男の内面に隠された闇を映し出す。主演のクリストッフェル・ヨーネルはノルウェー版アカデミー賞で、アマンダ賞最優秀男優賞を受賞した。

ネタバレを読む

ひかりをあててしぼるの紹介:2016年12月公開の日本映画。2006年に東京都渋谷区の路上でバラバラ死体の右手だけが発見された、実際の殺人事件を元に描く。捜査の末、死体の身元は近くの高級マンションに住む谷中浩平と判明。その事件の容疑者として浮かんだのは、浩平の妻・智美だった…。

ネタバレを読む

ソフィー・マルソーの 刑事物語の紹介:1984年製作のフランス映画。尋問した女性と刑事との危険な恋を描いている。ヴェネチア国際映画祭では銀獅子賞・男優賞を受賞した作品。モーリス・ピアラが監督を務め、ソフィー・マルソーとジェラール・ドパルデュー共演で贈るサスペンスドラマ。

ネタバレを読む

アイ・カム・ウィズ・ザ・レインの紹介:2009年製作のフランス映画。日本の俳優・木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶な逃走劇がアメリカ、フィリピン、香港をまたぐ壮大なスケールで展開する。

ネタバレを読む

荊棘(バラ)の秘密の紹介:2015年製作の韓国映画。『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジン主演によるサスペンススリラー。国会議員に立候補したチョンチャンの娘が選挙を15日後に控えたある日、失踪する。妻のヨンホは選挙しか頭にないチョンチャンに怒り絶望し、ひとりで手掛かりを探し始めるが…。

ネタバレを読む

寒い国から帰ったスパイの紹介:1965年にイギリスで製作された冷戦下のスパイを主人公としたサスペンス映画。ジョン・ル・カレの小説「寒い国から帰ってきたスパイ」を映画したもので、東ドイツの有力者を失脚させるためにイギリスのベテラン諜報員が奔走する姿を描いていく。イギリスアカデミー賞では英国男優賞を始めとする4部門に輝き、アカデミー賞でも主演男優賞、美術賞の候補にも選ばれた。

ネタバレを読む

マラソンマンの紹介:1976年に製作されたアメリカ映画で、ウィリアム・ゴールドマンの同名小説を映画化したサスペンススリラー。監督と主演は「真夜中のカーボーイ」でもコンビを組んだジョン・シュレシンジャーとダスティン・ホフマン。マラソンを愛する大学院生がナチスの残党の陰謀に巻き込まれていく。主人公を苦しめる元ナチス党員を演じたローレンス・オリヴィエは、本作の演技で第34回ゴールデン・グローブ賞助演男優賞を獲得した。

ネタバレを読む

ブラッド・ワークの紹介:クリント・イーストウッド製作、監督、主演による2002年製作のアメリカのミステリースリラー。原作はマイクル・コナリーの「わが心臓の痛み」で、心臓移植を受けた元FBI捜査官が連続する殺人事件の捜査に挑んでいく。主人公の担当医はベテラン女優、アンジェリカ・ヒューストンが演じた。

ネタバレを読む

オフィス 檻の中の群狼の紹介:2015年製作の韓国映画。『チェイサー』の脚本家、ホン・ウォンチャンが初監督を務めたサイコスリラー。勤勉な会社員、キム・ヒョングクが家族を殺害して姿をくらました。刑事のジョンフンが捜査を始めるが事件は迷宮入り。やがて、キムの会社で不可解な事件が起きる…。

ネタバレを読む

クリムゾン・タイドの紹介:1995年のアメリカ映画。ロシアの反乱に端を発する核戦争の危機に際し、究極の選択を強いられたアメリカ海軍の攻撃型原潜の物語。監督はCMディレクター出身で、『トップガン』『ビバリーヒルズ・コップ2』など数多くの大ヒット作を製作してきたトニー・スコット。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーのヒットメーカーコンビ。またクレジットには記載されていないが、脚本のリライトにクエンティン・タランティーノが参加している。1995年度のアカデミー賞では音響効果賞、音響賞、編集賞などにノミネートされ、翌年のMTVムービー・アワードでは主演のデンゼル・ワシントンが男優賞にノミネートされた。

ネタバレを読む