サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(35ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

13の選択の紹介:2014年製作のアメリカ映画。人間性を捨て、13のゲームをクリアすれば巨額の報酬が得られるというゲームへ参加した男の運命を描くサスペンス・スリラー。タイ映画『レベル・サーティーン』をダニエル・スタム監督がリメイクした。

ネタバレを読む

チェーン・リアクションの紹介:1996年公開のアメリカ映画。新エネルギー開発に絡む陰謀に巻き込まれたエンジニアの、決死の逃避行を描いたサスペンス・アクション。タイトルは「連鎖反応」の意。逃亡劇を繰り広げる主人公をキアヌ・リーヴスが演じる。

ネタバレを読む

1408号室の紹介:2007年製作のアメリカ映画。スティーヴン・キングの短編ホラー小説『一四〇八号室』を映画化。とあるホテルの呪われた客室に泊まった作家の悪夢のような運命を、予測不可能な仕掛け満載の演出がこれでもかとばかりに連発される。

ネタバレを読む

ソウ3(SAWⅢ)の紹介:2006年公開のアメリカ映画。謎の殺人鬼に拉致されゲームに参加させられる、ヒット・スリラーの第3作。食肉加工工場に閉じ込められた、交通事故で息子を失った男を主軸に展開する、『ソウ』シリーズ第3弾。

ネタバレを読む

ソウ2(SAWⅡ)の紹介:2005年公開のアメリカ映画。謎の殺人鬼に拉致されゲームに参加させられる、ヒット・スリラーの続編。毒ガスが充満しつつある館に閉じ込められた8人の男女を主軸に展開する、『ソウ』シリーズ第2弾。

ネタバレを読む

グラスホッパーの紹介:2015年11月7日公開の日本映画。伊坂幸太郎の同名小説を、生田斗真、浅野忠信、山田涼介らの出演で映画化。元教師、自殺専門の殺し屋、驚異的な身体能力を持つ殺人者という3人の運命が交錯していく様がつづられる。

ネタバレを読む