サスペンス映画のネタバレあらすじ一覧(46ページ目)

邦画、洋画を問わず、映画史に残る名作やおすすめの新作などのサスペンス映画をまとめています。サスペンス映画は多重人格や謎解き、心理戦等が扱われることが多く、どんでん返しのあるストーリーが多いことも魅力の一つです。

サンブンノイチの紹介:キャバクラの店長とボーイ、その店の常連が主な登場人物。その3人が人生の一発逆転を掛け銀行強盗を計画。無事に計画は成功し、手にした数十億。大金を3人で仲良く山分けするはずだったのだが、3人とも自分の取り分を多くしようと騙し合い、金を巡った醜い争いが始まる。

ネタバレを読む

バタフライ・エフェクト3/最後の選択の紹介:2009年公開のアメリカ映画。過去にタイムスリップする能力を持つ青年を描いた、シリーズ第3弾。「バタフライ・エフェクト(効果)」とは、初期の僅かな変化が思いがけない方向へ発展していく意。

ネタバレを読む

バタフライ・エフェクト2の紹介:2006年公開のアメリカ映画。シリーズ第2弾。「バタフライ・エフェクト(効果)」とは、初期の僅かな変化が思いがけない方向へ発展していく意。過去を修正する能力を持つ青年が翻弄される様を描く。

ネタバレを読む

バタフライ・エフェクトの紹介:2004年公開のアメリカ映画。「バタフライ・エフェクト(効果)」とは、初期の僅かな変化が思いがけない方向へ発展していく意。過去を修正する能力を持つ青年が、自分と周囲の忌まわしい思い出の抹消に奔走する姿を描く。

ネタバレを読む

インシテミル 7日間のデス・ゲームの紹介:2010年公開の日本映画。米澤穂信のミステリー小説『インシテミル』を、『リング』を手掛けた中田秀夫監督が映像化。大金を得るためにある館を訪れた10人の男女の、生き残りを賭けたゲームが描かれる。

ネタバレを読む

インセプションの紹介:2010年公開のアメリカ映画。人の夢の世界に入り込む企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描いた作品。斬新なストーリー展開と、クリストファー・ノーラン監督独自の、スタイリッシュな映像世界に引き込まれる。

ネタバレを読む

シャッター アイランドの紹介:2010年公開のアメリカ映画。精神を病んだ犯罪者を収容する、四方を海に囲まれた刑務所『シャッター アイランド』を舞台にし、ある別の目的を抱えた男が失踪事件の謎に挑む、デニス・ルヘインの同名小説を原作とした作品。

ネタバレを読む

ファイト・クラブの紹介:1999年制作のアメリカ映画。平凡で生真面目すぎるがゆえに不眠症に悩まされる会社員の男性が、ある男との出会いをきっかけに、次第に暴力と狂気に魅せられていく様子を描いた異色ドラマ。

ネタバレを読む

バックドラフトの紹介:1991年公開のアメリカ映画。放火犯探しというサスペンス内容を盛り込んだ、消防士の兄弟の確執や葛藤、火を相手に日夜戦い続ける男たちのドラマを描いた作品。消防士を描いた映画といえばこれ、というほど有名な作品である。

ネタバレを読む