「いっツー THE MOVIE2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

いっツー THE MOVIE2の紹介:2014年製作の日本映画。岡田和人の人気コミックを「ガチバン」の城定秀夫監督が実写映画化した学園青春ラブコメディ第2弾。憧れの美少女に片想いする男子高校生を主人公に、映画部で巻き起こる騒動を描く。出演は人気グラビアアイドルの副島美咲、「地獄でなぜ悪い」の中山龍也、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版」の小明。

あらすじ動画

いっツー THE MOVIE2の主な出演者

副島美咲 – 神結 中山龍也 – 相模斗里 小明(2のみ) – ヨシコ 鈴木淳 – 見所部長 柳川芙美章 若木萌 武田大知 鈴木颯人 田口秋光 八尋莉那 高橋蘭 友寄蓮 伊瀬美雪 鴨田ひかり 西脇留菜 のんの(2のみ) 伊田麻友香(2のみ) 鼠先輩

いっツー THE MOVIE2のネタバレあらすじ

【起】– いっツー THE MOVIE2のあらすじ1

いっツー THE MOVIE2のシーン1

画像引用元:YouTube / いっツー THE MOVIE2トレーラー映像

【いっツー 前作のおさらい】という文字が出てくると、画面の中央に自主製作映画風にいままでの経緯が映し出されます。

私立土平高校の志望校見学に行った中学3年の男子受験生・相模斗里(さがみ ますり)は、高校で見かけた女子生徒・神結(じん ゆい)にひとめぼれをしました。隠し撮りした結の写真を励みに受験勉強を乗り越え、高校に入学します。

入学式の日に結を見かけてついていった相模は、その後、更衣室で着替えている結と鉢合わせてしまいます。盗撮疑惑を否定した相模は、結から名前を聞くことができました。

さらに結の所属する部活を知った相模は、自動幻画倶楽部に入部を決めました。自動幻画倶楽部は映画部のようなもので、結との接点も増えて相模は少しずつ親しくなります。

前作品のおさらいを説明しているのは、相模です。結が「全然、手短じゃない」とぼやきます…。

憧れの結といっしょの自動幻画倶楽部に入った相模は、30歳以上と思われる3年生の見所(みところ)部長、2年生の勇見(いさみ)、同じく2年のタマといっしょに「アルバイト」をしていました。それは自動幻画倶楽部が校内で依頼を請け負っているもので、依頼者のリクエストに応じて依頼者の好きな女子生徒の隠し撮りをするのです。胸チラやパンチラのシーンが取れると3倍の値がつくことから、「偶然」を装いながらも相模たちは撮影チャンスを狙っていました。

陸上部に所属しているミカに、自動幻画倶楽部が隠れて撮影していることが見つかります。撮影した映像を寄越せと言われて見所部長は、いちおうカメラからデータを取り出しますが、それをまとめて相模に渡すと自分らがおとりとなり相模を逃がしました。相模はデータを握って走ると、部室に逃げ込みます。

部室には結がおり、相模は机の下に隠れました。ミカたち陸上部員が部室に駆け込みます。結は相模のことなど知らない振りを装って、かばいました。机の下に隠れる相模は、こっそり結のスカートのなかを撮影します。ミカが去ったあと、結が相模に「出てらっしゃい、ヘンタイさん」と声をかけます…。(映画タイトル)

結はミカと親友でした。相模をかばったものの映像データを取り上げると、結がパソコンで動画を確認します。パンチラや胸チラの映像を見て、結は見所部長に聞きます。「偶然」撮れたと部長が嘘をつくと、「偶然なら削除」と言って消しました。削除されたくないものの、確信犯だとも言えないので涙を呑んで部長は削除されるのを見守ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「いっツー THE MOVIE2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×