映画:おとなのけんか

「おとなのけんか」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

おとなのけんかの紹介:2011年制作のフランス&ドイツ&ポーランド&スペイン合作映画。2組の上品な夫婦が些細なことから対立し、粗野で幼稚な本性が、次第にむき出しになっていくさまをコミカルに描く。原題の〝Carnage〟は修羅場の意。

あらすじ動画

おとなのけんかの主な出演者

ペネロピ・ロングストリート(ジョディ・フォスター)、ナンシー・カウワン(ケイト・ウィンスレット)、アラン・カウワン(クリストフ・ヴァルツ)、マイケル・ロングストリート(ジョン・C・ライリー)、秘書・ウォルター〔声〕(ジュリー・アダムス)

おとなのけんかのネタバレあらすじ

【起】– おとなのけんかのあらすじ1

『1月11日14:30 NY・ブルックリンのブリッジ公園で言い争いの後、ザッカリー・カウアン(11歳)がイーサン・ロングストリートを殴打、結果イーサンは上唇を負傷し、前歯2本を折る怪我を負った。右の歯は神経の損傷の疑いあり』

…この「こどものけんか」により、加害者男児の両親が、被害者ロングストリート宅へ赴き、話し合いをします。

被害者・イーサンの両親は、金物屋を営む父・マイケルと、シバ文明やダルフール紛争について書籍を著す作家の母・ペネロピ。

加害者・ザッカリーの両親は、多忙な弁護士の父・アランと投資ブローカーの仕事に就く母・ナンシー。

両者の話し合いは、最初はおおむね良好なものでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「おとなのけんか」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ