「ぐらんぶる」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

ぐらんぶるの紹介:2020年製作の日本映画。累計発行部数500万部突破の青春コメディ漫画を、『ヒロイン失格』の英勉がメガホンをとり実写映画化。キラキラしたキャンパスライフを夢見て、離島の大学に入学した2人の男子が送る“ふつうじゃない”青春を、テンポのよい笑いとともに描く。『泣くな赤鬼』の竜星涼と、「仮面ライダービルド」の犬飼貴丈が主演を務め、乃木坂46の与田祐希、朝比奈彩、小倉優香、石川恋らが共演。

あらすじ動画

ぐらんぶるの主な出演者

北原伊織(竜星涼)、今村耕平(犬飼貴丈)、古手川千紗(与田祐希)、古手川奈々華(朝比奈彩)、浜岡梓(小倉優香)、吉原愛菜(石川恋)、時田信治(鈴之助)、寿竜次郎(岩永洋昭)、山本真一郎(矢本悠馬)、野島元(森永悠希)、工藤会長(平田雄也)、古手川登志夫(髙嶋政宏)

ぐらんぶるのネタバレあらすじ

【起】– ぐらんぶるのあらすじ1

ぐらんぶるのシーン1

画像引用元:YouTube / ぐらんぶるトレーラー映像

海中に小さな瓶が落ちてくると、底に沈みます。

瓶を沈めたのは、少年でした。少女が「何を書いたの?」と少年に問いかけますが、少年は「ひみつ」と言いました。

海中でスキューバダイビングをする人の姿があります…。

(瓶はあとで出てくる)

2020年4月。

北原伊織が目覚めると、真っ裸で大学のキャンパスの敷地内で寝ていました。

周囲には大学生の人だかりができており、みんな伊織の姿をスマホで激写、動画撮影しています。

自分がなぜこんな状況に陥ったのか伊織は思い出そうとするのですが、まったく記憶がありませんでした。全然、手がかりがありません。

伊織は、日本でも珍しい島の中にキャンパスを持つ伊豆大学に通うため、離島にわたりました。

伊織がいるキャンパスは、海都久島(みつくしま)キャンパスと言います。

伊織がその大学を選んだのは、充実したキラキラの大学生活を送るためでした。

離島には伊織の叔父・小手川登志夫が住んでいるため、伊織はそこに身を寄せるつもりです。

登志夫は島で「グランブルー」というダイビングショップを経営しています。

さて、伊織が憧れたのはあくまで、キラキラの充実大学生活のはずです。

ところが蓋を開けると、全裸で寝転がっている状態でした。わけも分からない状態の伊織は、てのひらに「9:20~オリエンテーション」と書かれているのを見ますが、全裸では参加できないと思います。

足の爪に「3号棟裏 黄金を抱いて飛べ」と書かれていたので、3号棟裏へ行ってみます。

すると校舎と校舎の間の上空に、自分のトランクスが吊られていました。地上にはトランポリンがあります。

トランポリンでジャンプして、伊織はトランクスを手に入れました。布きれ一枚とはいえトランクスのありがたみを感じつつ、「グランブルー」の店へ戻ります…。

〔Take2〕

店へ戻ったところから伊織の記憶はなく、また目覚めると真っ裸の状態で、キャンパスで寝転がっています。

記憶はおぼろげで、可愛らしい女子と会ったような気がするのですが、夢か現実かすら分かりません。

身体にまた「2号棟 大教室へ」という文字が書かれており、そこへ行くと伊織と同じく全裸の男性が寝ていました。今村耕平といいます。

伊織は戦友を見つけた気持ちになりました。

2人で3号棟裏へ行き、トランポリンでトランクスを手に入れます。耕平は大好きなアニメのキャラ、ららこたんのTシャツを手に入れて、腰に巻きました。

耕平も、「グランブルー」の店へ入ったところからの記憶がないそうです。

2人で「グランブルー」へ顔を出したところで、また同じように記憶が途切れます…。

そんな状態を何度も何度も(10回以上)繰り返した伊織と耕平は、同じパターンを辿りつつも次第に状況を理解していきます。

「グランブルー」に入ると、屈強な男たちが待ち構えているのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ぐらんぶる」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×