「ぐらんぶる」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【転】– ぐらんぶるのあらすじ3

ぐらんぶるのシーン3

画像引用元:YouTube / ぐらんぶるトレーラー映像

入部した2人は、宴会とどんちゃん騒ぎの合間にダイビングの練習をスタートします。

「グランブルー」には、青梅(おうみ)女子大学の大学生、浜岡梓もときどきやってきました。梓も大学は違いますが、サークルのメンバーです。

ダイビングの器材を見た伊織たちは、まずは自分専用の器材を買いそろえろと言われます。

そうはいっても、大学1年で金など持ち合わせていません。

手っ取り早く金を手に入れたい伊織たちは、大学で行われる「ミス&ミスターコンテスト」の賞金10万円に目をつけました。千紗をなだめてエントリーさせます。

男性部門は、顔だけはいい耕平がエントリーしました。

伊豆祭。

ミスコンのほうには、テニスサークル「ティンカーベル」からギャルの吉原愛菜(あいな)が参加していました。

化粧のケバさに伊織たちは驚きますが、愛菜はサークルでもいじめられているようで、舞台の上でサークルの工藤会長にバカにされています。

ミスコンに出た千紗は、水と間違えて酒を飲んでおり(伊織が間違えて飲ませてしまった)、酔っぱらっていました。

金属バットを持って舞台に乱入して暴れまくり、男性たちの「M」の心を目覚めさせます。

千紗から逃げて舞台裏へ移動した伊織と耕平は、愛菜が泣いているのを見て事情を聞きました。

工藤からバカにされていると聞いた耕平は、見ていろと愛菜に言います。

ミスターコンテスト部門には、その工藤がエントリーして人気を博しています。

そこへ顔だけはいい耕平が登場し、情熱的な言葉を吐いて梓にアプローチしました。女子たちは色めき立ちます。

対抗心を燃やした工藤が梓に告白し、梓にどちらを選ぶか迫ります。

手を取られた工藤は、しめしめと思いますが、目の前にいたのは梓ではなく、女装した伊織でした。

工藤はみんなの前で恥をかかされ、立場がなくなります。

直後、ミスターコンテスト側に酔っぱらった千紗が乱入し、ステージがぐちゃぐちゃになりました。

結果発表の際、男性側は耕平、ミスコンは千紗が優勝しました。賞金を手にします。

自分のために動いてくれた伊織に恋をした愛菜は、ギャルのメイクをやめて「グランブルー」へやってくると、ダイビングサークルに入部しました。

愛菜もキラキラの大学生活を夢想していましたが、モザイクだらけの青春に嘆きます。

賞金で器材を手に入れた伊織たちは、ライセンス講習に向けて勉強します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ぐらんぶる」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×