「どすこい!すけひら」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

どすこい!すけひらの紹介:2019年製作の日本映画。漫画・たむら純子、原案・清智英による同名コミックを実写映画化。ぽっちゃり体型の綾音はある日、事故で昏睡状態に陥り、目覚めるとナイスバディになっていた。人気アイドルの湊拓巳から食事に誘われ、淡い恋心を抱き始めるが拓巳に恋人がいることが発覚する。出演は「レオン(2018)」の知英、「兄に愛されすぎて困ってます」の草川拓弥、「劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」の金子大地。監督は「あのコの、トリコ。」の宮脇亮。

あらすじ動画

どすこい!すけひらの主な出演者

助平綾音(知英)、湊拓巳(草川拓弥)、馬渕隼人(金子大地)、藤代あい(松井愛莉)、倉田沙織(池端レイナ)、椎名千裕(富田望生)、小森春奈(富山えり子)、細井亜紀(水島麻理奈)、イタリア人医師(パンツェッタ・ジローラモ)、フレッド・ミラー(りゅうちぇる)、横濱健二(竹中直人)

どすこい!すけひらのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①高校時代に太っていた助平(すけひら)綾音は、告白した相手・隼人に「どすこい」と言われ失恋する。その後イタリアに渡った綾音は、事故で痩せて美しくなり、帰国後、アイドルの拓巳と恋に落ちる。 ②拓巳と相思相愛になった綾音だが自信が持てない。隼人やあいに妨害された綾音は、自分を愛する気持ちが大事だと気づき、自信を持とうと決めた。

【起】– どすこい!すけひらのあらすじ1

どすこい!すけひらのシーン1

画像引用元:YouTube / どすこい!すけひらトレーラー映像

助平綾音(すけひら あやね)は、山梨県の町で暮らす女子高校生です。

好きな男子ができた綾音は、自宅の牧場の乳牛モー子の乳を絞ろうとしていました。その牛乳で、おいしいチョコを作るためです。

綾音の自宅は、牧場を経営していました。牧場には乳牛がたくさんいます。

手作りのチョコを作った綾音は、仲の良い椎名千裕(ちひろ)、小森春奈、細井亜紀と合流しました。

綾音とその3人は「F4」…「FAT4」と呼ばれています。ぽっちゃりの4人は、仲良しでした。

〔そのひと月前〕

綾音に好きな男子ができたのは、1か月前の出会いにさかのぼります。

その日、綾音は帰り道に神社へ寄り道し、チョコを食べました。帰り道、巨大な仏像の頭部を運搬するトラックとすれ違います。

坂道でトラブルが起こり、トラックから大仏の頭部が転げ落ちました。

坂道の下にいた綾音にぶつかりそうになったのを、高校の先輩・馬渕隼人が助けました。

隼人は、綾音を投げ飛ばして助けます。

この出会いがきっかけで、綾音は隼人にひとめぼれをしました。

綾音はバレンタインデーに手づくりのチョコを作り、隼人に渡して告白しようと思います。

さて冒頭のシーンに戻り、綾音はF4のメンバーに付き添われて隼人のところへ行きます。

チョコを渡して告白すると、「ああ、この前の『どすこい』?」と言うと、隼人はチョコを受け取らずに立ち去りました。

綾音の初恋は、あっけなく散ります。

落胆する綾音を見かねた親友の千裕は、「エステ行かない?」と綾音を誘います。

千裕に案内されて行ったのは、東京・代官山の会員制のエステサロン『Senang(セナング)』でした。

そこで綾音は、女性店長の倉田沙織に施術を受けます。

沙織は綾音に「お客様の心をほぐしてさしあげたいのです」と、身体だけでなく気持ちもリラックスさせようとしていると知りました。うれしい気持ちになります。

沙織と話をした綾音は、「好きなものが見つかれば、人生は豊かになる」と聞きました。

自分にとって好きなものはと考えた綾音は、チョコレートだと思います。

チョコレートに囲まれた暮らしを考えた綾音は、本場のヨーロッパのチョコの店で働こうと決めます。

高校を卒業した綾音は、イタリアへ渡りました。異国の地で、チョコを売る仕事に就きます。

チョコのある人生は、沙織の言う通り、豊かなものでした。綾音は幸せな日々を過ごします。

ルームメイトは、オネエのフレッドでした。

フレッドと仲良くなった綾音は、休日もいっしょに遊びます。

あるとき、海に遊びに出た綾音は、ボートに乗っていて海に投げ出されて頭を打ち、意識不明になります。

意識が回復せず眠り続けた綾音は、やがて目覚めました。

眠り続けたあいだ、食事を摂らなかった綾音は、身体が痩せていました。しかも事故の後遺症で食べても太らない体質になったと、医者に言われます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「どすこい!すけひら」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×