映画:どら平太

「どら平太」のネタバレあらすじと結末

どら平太の紹介:2000年製作の市川崑監督による時代劇。山本周五郎の「町奉行日記」を原案とした作品で、市川崑、黒澤明、木下惠介、小林正樹による映画人グループ「四騎の会」が脚本を手掛けた。「どら平太」というあだ名の町奉行がある小藩の悪政を正すべく奮闘する姿を描く。

あらすじ動画

どら平太の主な出演者

望月小平太(役所広司)、こせい(浅野ゆう子)、大河岸の灘八(菅原文太)、仙波義十郎(宇崎竜童)、安川半蔵(片岡鶴太郎)

どら平太のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- どら平太のあらすじ1

物語の舞台は江戸時代、或る小藩。この藩に江戸から新任の町奉行が着任することから、物語は始まります。町奉行の名前は望月小平太、どら平太という異名を持ち、藩ではどんな道楽者が来るのかと噂になっていました。しかし、この噂は望月が意図的に流させていたものでした。望月が赴任してきた理由は、この藩の悪事を暴くことであり、藩の重職を油断させ調査をやりやすくするために悪評を流したのです。

望月は着任の挨拶をするため、城代家老の今村をはじめ、藩の重職たちの前に姿を現しました。藩の重職たちは望月の無礼な態度に苛立ちますが、望月が江戸にいる藩主から濠外の取り締まりを命じられたことを明かすと、一同は顔色を変えました。無法者が集まる濠外からの上納金は、藩の重要な財源となっており、それを取り締まろうとする望月は脅威以外の何者でもありませんでした。かといって、藩主のお墨付きを得た望月を解任するわけにもいかず、藩の重職たちは望月を始末するためにひそかに刺客を送り込みました。

藩の重職たちの中には、望月に味方する者もいました。仙波義十郎と安川半蔵は危険な任務に就く望月を陰ながら支援していました。仙波は望月の活動費を援助し、安川は望月の悪評を知って望月を追い出そうとする若き藩士たちを諌めました。しかし、仙波と安川は仲が悪く、協力し合おうとはしませんでした。

【承】- どら平太のあらすじ2

望月は奉行所に出仕せず、濠外の現地調査に取り組み、豪遊しながら情報収集に励みました。そんなある日、江戸の芸者こせいが望月を訪ねてきました。こせいは長いこと望月を支えてきた女性でしたが、望月は町奉行に着任するタイミングでこせいに別れを告げていました。そのとき、望月は武家の娘と結婚すると嘘をつき、こせいからご祝儀をもらっていました。その後、望月の結婚話は嘘だと知ったこせいはひどく怒り、望月を江戸に連れ帰るため遠路はるばるやってきたのです。こせいの迫力に怯える望月でしたが、濠外大掃除を途中でやめるわけにはいかず、藩に居座るこせいを避け続けるのでした。

その後、望月は濠外大掃除のため、新たな一手を打ちました。それは、濠外を牛耳る三人の親分の懐に飛び込むことでした。三人の親分はそれぞれ異なる商売を生業とし、諍いが起こらないような仕組みを作り上げていました。豪遊三昧生活で多くの子分と芸者たちを味方につけていたこともあり、望月は親分の巴の多十 、継町の才兵衛に兄弟盃を半ば無理やり交わさせることに成功しました。残るは大河岸の灘八だけとなりましたが、この男は他の二人の親分とは比べ物にはならないほどの切れ者でした。灘八は望月の暗躍を警戒し、その行動に最大限の注意を払いました。

そんなある日、望月は刺客に襲われました。望月は刺客を蹴散らすと、敵が相当焦っていることに感づきました。そんな中、こせいが望月を探しに濠外を訪れました。しかし、こせいは酒の密造現場を偶然目撃してしまい、濠外の無法者たちはこせいを消そうと襲いかかってきました。そこに突然望月が現れ、無法者たちを退治、こせいを救い出しました。望月はこせいの無謀な行動を叱りつけますが、危険な目に遭ってもこせいは望月を必ず江戸に連れ戻すと言ってききません。望月はやむなくこせいを気絶させ、安全な場所に匿いました。

【転】- どら平太のあらすじ3

その後、望月は灘八の屋敷に招待を受けました。これまで灘八の屋敷へ招待を受けた者で生きて帰ってきた者は一人もおらず、望月を慕う濠外の人々は望月の安否を心配しました。望月が灘八の屋敷に行くと、灘八、多十 、才兵衛が待ち構えていました。二人の親分は望月と交わした杯を返し、望月との義兄弟関係を切りました。すると、灘八は望月に養子になるよう要請してきました。灘八は望月を殺すには惜しい逸材と考えたのです。それに対して、望月は明るい口調で三人の親分を死罪にすると口にしました。怒った灘八は隣室に控えていた子分たちに望月を殺すよう指示、たちまち大勢の男たちが望月に襲いかかりました。しかし、望月は卓越した剣術の腕前で全員を返り討ちにし、灘八たちを驚かせました。灘八たちが観念した様子を見せると、望月は厳しい口調で明日城中に出頭するよう三人に命じました。

そして翌日、灘八たちは言われた通りに望月に会いに城にやって来ました。望月から濠外追放を命じられると、灘八たちは文句を言わずその刑を受け入れました。その直後、望月はいつもの明るい調子に戻り、今まで稼いだお金で別の土地で商売を始めればいいと格別の待遇を約束しました。その条件として、望月は灘八たちに藩の重職たちの悪事の証拠を引き渡すよう要求しました。もしないのならば、捏造して欲しいと望月が続けて言うと、灘八たちは望月の大胆さに驚くのでした。

その後、灘八たちは望月に藩の重職たちと交わした偽の文書を引き渡し、望月は藩の悪政を追及する絶好の機会を得ました。しかし、望月にはその前にやるべきことがありました。望月は人里離れた寺で仙波と二人で話す機会を持ちました。望月は藩の重職たちと濠外をつなぐ仲介人がおり、その役割を仙波が担っていたと推理していました。すると、仙波は観念してその場で腹を切り、命を絶ちました。仙波は濠外をめぐる悪事を切腹によって償おうとしたのです。

【結】- どら平太のあらすじ4

望月は親友の死を胸に、藩の重職たちと対峙しました。望月は灘八たちが書いた偽の文書を取り出し、藩の重職たちの目の前でその罪を暴いてみせました。家老の今村を始め、藩の重職たちはひどく狼狽しました。望月は今村たちに辞職を促し、そうすれば江戸の藩主には報告しないことを約束しました。今村たちは渋々隠居することを決め、こうして藩の悪政は一掃されることとなりました。

その後、望月は藩を去り、江戸に帰ることを決めました。望月は安川に町奉行の辞表を託し、濠外大掃除の命を記した藩主の書状を破り捨てました。安川がその様子に驚いていると、望月は「これは俺が勝手に書いたんだ」と微笑むのでした。

望月が城を後にすると、そこにはこせいが待ち構えていました。望月は「もうしばらく待ってくれ!」と頼みこみますが、こせいは聞く耳を持ちません。すると、「じゃあ、逃げる!」と言って望月は走り出しました。望月は飲んだくれから馬を急いで買い、こせいから必死に逃げようとしますが、その馬はひどくのろまでまったくスピードが出ません。その後方には、こせいがすぐ迫っていました。

同じ頃、奉行所には望月の辞表が届けられていました。「それにしても、着任から解任まで町奉行所に町奉行が一度も出仕されなかったという事は、前代未聞の記録だろうな」…望月は町奉行所でそんな陰口を叩かれるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

主人公の陽気で、ときに厳しさを見せるキャラクターがとても魅力的で、役所広司の演技力に改めて驚かされる作品でした。また、悪役のはずの藩の重職や濠外の親分たちも憎めない面々で、どこか喜劇的で笑ってしまいました。そうした愉快な物語の中でも、宇崎竜童演じる重職の悲劇は物悲しく、ストーリーに確かな重々しさを与えています。コメディ、アクション、人間ドラマがバランスよく配置された、優れた時代劇だと思いました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「どら平太」の商品はこちら