映画:のみとり侍(蚤取り侍)

「のみとり侍(蚤取り侍)」のネタバレあらすじと結末

のみとり侍の紹介:2018年5月18日公開の日本映画。女性をもてなす裏稼業“猫の蚤取り”をするはめになった男の悲喜こもごもを描く、阿部寛主演のユニークな時代ドラマ。お上の逆鱗に触れて左遷させられた男が、猫の蚤取りという仕事に従事するなかで、そこで出会った人々との触れ合いを通して、新たな生きがいを見出していく様がつづられる…。

あらすじ動画

のみとり侍(蚤取り侍)の主な出演者

小林寛之進(阿部寛)、おみね(寺島しのぶ)、清兵衛(豊川悦司)、佐伯友之介(斎藤工)、甚兵衛(風間杜夫)、お鈴(大竹しのぶ)、おちえ(前田敦子)、田沼意次(桂文枝)、牧野備前守忠精(松重豊)、宋庵(伊武雅刀)、結城又太郎(六平直政)、松平定信(三浦貴大)

のみとり侍(蚤取り侍)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①長岡藩の勘定方・寛之進は藩主の怒りを買い「猫の蚤とり」になることに。蚤とりとは売春夫のこと。真面目にとらえた寛之進は、女たらしの清兵衛に協力を仰ぎ、女性を悦ばせる手練手管を教わる。 ②長屋に住み町民とも打ち解けた寛之進だが、老中が田沼意次から松平定信に代わり、のみとりは禁止の世に。引き立てられた寛之進は実は藩主に命を助けられていたと知り、侍の身分に戻してもらった。

【起】- のみとり侍(蚤取り侍)のあらすじ1

のみとり侍(蚤取り侍)のシーン1 〔江戸中期 徳川家治 統治の夏〕

天明六年。

将軍・徳川家治の世では、田沼意次が老中として幅をきかせていました。
田沼意次といえば「賄賂(わいろ)」、賄賂があれば「なんでもあり」の様相を呈しています。


越後長岡藩。

藩主・牧野備前守忠精の趣味の歌会に出席した小林寛之進は、融通の利かない男でした。
寛之進は藩主の詠んだ「蚤しらみ 音立てて鳴くならば 我がふところは 武蔵野が原」という歌が気にかかり、つい指摘してしまいます。
その歌は良寛の歌「のみしらみ 音(ね)に鳴く秋の虫ならば わがふところは 武蔵野の原」の真似ではないか…そう発言した寛之進は、忠精の怒りを買いました。

忠精は怒り、「明朝より、猫の蚤とりになって無様に暮らせ!」と、寛之進に言い渡します。
これを真に受けた寛之進は、街に出て「猫の蚤とり」について調べました。

その気になって江戸の街を歩くと、「猫の蚤とり屋」がありました。
寛之進はその店に入り、雇ってくれと頼みます。
店主は甚兵衛、お鈴夫婦でした。
この夫婦、寛之進が武士であることから、勝手に「仇討ちのためだ」と決めつけます。
甚兵衛は寛之進に長屋を提供しました。これで住む場所は決まります。

ところで同じ長屋には、近所の子どもたちに無償で読み書きを教える青年・佐伯友之介がいました。
友之介も男振りがよく、甚兵衛は「猫の蚤とりに合いそうだ」と言います。


翌日から早速、寛之進の「蚤とり」の仕事が始まります。
店主の甚兵衛は、狼の毛皮を出して、寛之進に説明を始めました。

…猫についた蚤を取る方法は、「あっためた狼の毛皮で猫をくるむ」というものです。
蚤はあったかい場所を好むので、火であぶってあたためた狼の皮で猫を包むと、蚤は猫の毛から、よりあったかい狼の毛皮に移動します。
そうしておいて猫から毛皮を引き剥がせば、蚤は取れました。
あとは蚤のついた毛皮を再び火であぶれば、蚤が火ではぜます…。

…というのは、実は表向きの説明です。
生真面目なので納得しかけた寛之進に、甚兵衛が真の意味合いを説明します。

本当の意味は、男日照りが続く女性のフォローをするという、いわば売春夫の仕事でした。
真相を知り、寛之進は絶句します。
とはいうものの、藩主からの命令ゆえに逆らえない寛之進は、仕方なく仲間たちと道中を練り歩きました。
意外にも得意客がいるようで、仲間たちは次々に指名されて抜けていきます。

ひとりになった時、たまたま寛之進が見かけた女性は、死別した妻・千鶴に似た女性、おみねを見かけました。
亡き妻とおみねを重ねた寛之進は、「ああいう人に指名されたい」と思います。
それが現実となりました。寛之進はおみねに呼ばれます。


ところがおみねは、亡き妻・千鶴とはまるで違う女性でした。
寛之進を部屋に通すと、おみねは襲いかかります。
女性主導の体験に驚く寛之進は、おみねに「この、下手くそが!」と罵られ、いたくショックを受けました。何が足りなかったのかと、落ち込みます。

悄然と屋敷を出た寛之進は、橋で若侍にからまれる男性・近江屋清兵衛を助けました。
清兵衛はそれを喜び、寛之進にお礼をしようと、近所の飲食店へ連れていきます。
畳の上を清兵衛が歩くと、あとに白い粉が落ちていました。
寛之進が見咎めて聞くと、清兵衛は事の次第を説明します。

【承】- のみとり侍(蚤取り侍)のあらすじ2

のみとり侍(蚤取り侍)のシーン2 …清兵衛は近江屋の婿養子でした。そして、女好きの男性でもありました。
新婚の時こそ、妻のおちえは初々しかったものの、慣れると気性の荒い女性でした。清兵衛が浮気をしないかと、疑います。
ある時、清兵衛が腹を下し、使用人の厠(かわや トイレのこと)で用を足しました。
落とし紙がなく困った清兵衛は、仕方なくふんどしで拭いて厠へ落とします。
ところがふんどしを着用していないことで、妻のおちえに疑われた清兵衛は、辟易しました。
以後、おちえは清兵衛のふんどしに刺繍を入れ、さらに浮気をしていないか確かめるため、清兵衛の外出時には、局部にうどん粉をまぶすことを要求していました…。


その話を聞いた寛之進は、清兵衛に女性の悦ばせ方を教えてほしいと頼みます。
清兵衛は、うどん粉を持ってくることを条件にあげ、引き受けました。

かれいを友之介への土産に持ち帰った寛之進は、友之介と話をします。
友之介は武士の息子でしたが、両親を失って、今の状態にあると答えました。
貧しい暮らしをしていますが、伝家の宝刀があり、友之介はそれを大事にしています。


翌日。
寛之進はうどん粉を持って、清兵衛と合流しました。
清兵衛は女郎屋へ行き、寛之進に覗いておくよう指示します。
遊女・お仙を買った清兵衛は、やさしく愛撫し、寝所では責め言葉を使いました。
そのいずれも、今まで生真面目に生きてきた寛之進の頭にはなかったことで、寛之進の人生観が変わります。

手練手管を教わった寛之進は、早速その足でリベンジにと、おみねのところへ行きました。
途中、ど忘れしてしまう局面もありましたが、おみねを満足させられます。
清兵衛の手ほどきを受けた寛之進は、おみねだけでなく、他の女性の相手もしました。
その過程において寛之進は、さまざまな事情を持つ世の女性のことを知ります。
子どもができずに悩んでいる女性や、夫を亡くして欲求不満になっている女性、老女のお相手をつとめることもありました。

蚤とりの仕事の甚兵衛夫婦が、自分のことをどうやら勘違いしていると気付いた寛之進は、思い切って本当のことを話そうと思います。
好意であれこれ世話を焼いてくれる、いい人たちをだましたくないと寛之進は思うのですが、夫妻は「仇討ち」と思い込んでいるために、誤解を解くことができませんでした。
むしろ寛之進があれこれ言い訳しているのを、「隠すための嘘だ」と思うありさまですので、そのままにしておきます。


寛之進の住む長屋に、ふんどし一丁と唐傘だけの清兵衛がやってきました。
清兵衛はあのあと、浮気が露見し、家を追い出されたのです。
妻のおちえは浮気防止対策として、日によっては「塩をまぶしたうどん粉」を使っていたのでした。
それが元でうどん粉を塗りなおしたことがばれ、唐傘一本で追い出された清兵衛は、「自分も猫の蚤とり屋になる」と宣言しました。
これからは、「近藤」清兵衛と名乗るそうです。「近藤(こんどう)」という苗字は、「うどん粉」を逆さにしたものでした。

【転】- のみとり侍(蚤取り侍)のあらすじ3

のみとり侍(蚤取り侍)のシーン3 寛之進は清兵衛を、甚兵衛夫婦に紹介しました。
甚兵衛夫婦は「加勢も増えて、いよいよ本懐も近し」と、いい風に勘違いします。
清兵衛も長屋に住み始めました。


同じ頃。
食うのに困った友之介は、猫の残飯をあさってひっかかれ、傷口から毒が入りました。
友之介は高熱を出し、倒れます。

長屋に住む隣人たちや、友之介の教え子たちが集まりますが、医者を呼ぼうにも高額の鐘が必要でした。
友之介の状態がよくないと気付いた清兵衛は、緊急時なので自分のかかりつけ医を呼ぶと言って出ていき、そのまま消息不明になります。

清兵衛の「かかりつけ医」とは、近江屋時代の医者のことです。そこに連絡を取ると、家出先も露見してしまうので、清兵衛は隠れておくつもりでした。しかし、背に腹は代えられません。
清兵衛はかかりつけ医を迎えに行く途中、寛之進の上司・牧野備前守忠精の馬に蹴られて倒れ、記憶喪失になりました…。
(これが判明するのは、終盤)


長屋では、清兵衛が帰ってこないので、業を煮やした寛之進が、家宝の刀を売らせようとします。
緊急時には命のほうが大事だと説き、友之介も寛之進に刀を渡しました。
刀には「金百枚」と記した折り紙つきの保証書があったため、寛之進はそれを持って医者・宋庵のところへ行きます。

宋庵の前に進み出た寛之進は、病人である友之介が無償で子どもに勉学を教える真面目な武士の青年であることを述べながら、刀を差し出しました。
刀に添えられた一筆を見て、宋庵は助手を連れて診察に出かけます。
寛之進は「やはり千両の価値のある刀の威力(金の力)か」と失望しました。

宋庵は友之介の傷口の毒を取り出す施術をし、友之介は秋になる頃には、快癒します。
その頃、寛之進の元を宋庵が訪れ、刀を返しました。
刀は偽物(なまくら)だと、宋庵は寛之進に告げます。

添えられた保証書は、まるででたらめでした。
「元和元年、正月」というのは存在せず、宋庵はすぐにそれと気付いたそうです。
しかし宋庵は、刀を持って現れた時の寛之進の説得の言葉に心を打たれ、また、無償で子どもたちに読み書きを教えている青年に感銘を受けたと言いました。
寛之進は、宋庵の気持ちをありがたく思います。


寛之進は仕事を続けますが、最初の客・おみねは常連客になっていました。
ただの常連客というだけでなく、寛之進としても、死んだ前妻に似ているため、ただの客とは思えなくなっています。
ある日、寛之進とおみねが逢瀬をしている際に、おみねを囲っている者がやってきました。

【結】- のみとり侍(蚤取り侍)のあらすじ4

のみとり侍(蚤取り侍)のシーン2 その主は…老中・田沼意次でした。
寛之進は予想したとはいえ、意次からどう隠れようと思案します。
意次は寛之進がいることを予測しており、呼びました。そして、寛之進に思いもよらぬことを語って聞かせます。

…寛之進が藩主である忠精に「猫の蚤とりになれ」と言われたのは、忠精のいわば「機転」によるものでした。
寛之進は真面目さ故に、自分の役職である「勘定方」の仕事を熱心にこなしており、それが故に汚職まみれの他の藩主たちに疎んじられ、命を狙われていたのです。
それに気づいた藩主・忠精が、寛之進を守るために敢えて「猫の蚤とり」を命じ、屋敷から追い出した(追い出すことで命を救った)のでした…。

背景を全く知らなかった寛之進は、おおいに驚きます。
意次は将軍の老中の任務を解かれ、代わりに松平定信が任に就いたことも告げました。
定信は厳しい思想の持ち主ですので、これからの世は綱紀粛正を正すと言い、法律が厳しくなるだろうと言った意次は、寛之進を追い払います。


田沼意次の言ったとおりでした。
猫の蚤とりが禁止になり、寛之進たち「のみとり」の仕事をしていた者は、捕らわれます。
寛之進に下されたのは、通行人に首を切らせるという「鋸引きの刑」でした。
但し、二日経過すれば無罪放免となるので、甚兵衛夫婦が見張りを連れて現れ、寛之進たちに手出しを出させまいとします。

あともう少しで無罪放免…という時の夜、寛之進が長岡藩の使いの者に引き立てられ、連れて行かれました。
他の者は一般人ですが、寛之進は「長岡藩の武士」だったことで、藩の名をけがしたとして、打ち首か切腹が待っているのです。


寛之進は覚悟しつつ、長岡藩へ連れて行かれました。
着替えを命ぜられますが、のみとりの姿のまま、藩主に会いたいと言います。
藩内には、頭を打って記憶喪失になった清兵衛がいました。
清兵衛は記憶がないながらも、寛之進の顔を見て「あの人だけは、死なせてはならない」という気持ちが湧いています。
清兵衛が寛之進に駆け寄ったため、騒動が起きました。
そこへ、藩主がやってきます。

藩主・忠精は暴れる清兵衛を見て、記憶が戻ったかと聞きました。
白砂に顔を押し付けられた清兵衛は、白い石をうどん粉と重ねて記憶を取り戻し、自分ものみとりの身だったことを明かしました。
清兵衛は、自分が寛之進に手練手管を教えたと話し、忠精は愉快そうに聞き入ります。

もとから藩主・忠精は、寛之進の命を救うためにのみとりにさせていました。
ですから、打ち首や切腹などさせるつもりはありません。
忠精は「長岡藩の仇討ちをした」として、寛之進を元の侍の身分に戻しました。また清兵衛も同様に、ひきたてます。

(エンドロール)
侍に戻った寛之進は、おみねを妻にして連れていく。
甚兵衛夫妻は「仇討ちが成功」と思い込んでいる。
寛之進は長屋の連中に見送られながら、去っていく。

(エンド後)
「猫の蚤、取りましょうい~」、寛之進の声。

みんなの感想

ライターの感想

悪くはない。悪くはないのだが、よくもない。なんというか、中途半端な作品。
全編を見終わった後「えーと、けっきょく、なにがしたかったの?」と問いたくなる内容。
序盤は楽しい。しかし楽しいのは、うどん粉のあたりまでかなあ。
友之介が熱を出して以後は、妙な人情話と絡めてくるから、くどく感じてくる。
むしろ最後まで、笑いに徹したほうがよかった。
妙なつじつまあわせを最後にしようとしたために、無理が生じた内容。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「のみとり侍(蚤取り侍)」の商品はこちら