映画:まじめに愛して

「まじめに愛して」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

まじめに愛しての紹介:1974年のフランス映画。フレンチポップの永遠のアイコン、ジェーン・バーキンが27歳の時に主演したラブコメディ。日本では劇場未公開だったが、ジェーンの熱烈なファンの支持を得て、2007年の彼女の誕生日にソフト化された。アリアーヌとパトリスとブリュノは、女1人と男2人の3人で一緒に暮らす恋人同士。行き当たりばったりの旅に出た3人だったが、アリアーヌの前に魅惑的な大人の男が現れて…。

まじめに愛しての主な出演者

アリアーヌ(ジェーン・バーキン)、パトリス(リシャール・ルドウィック)、ブリュノ(アンドレア・フェレオル)、男(セルジュ・ゲンズブール)

まじめに愛してのネタバレあらすじ

【起】– まじめに愛してのあらすじ1

アリアーヌとパトリスとブリュノは、3人で一組の恋人同士。パリのアパルトマンにて同棲中で、お風呂に入るのもベッドも3人一緒です。ただしセックスだけは、パトリスとブリュノが日替わりで、アリアーヌのお相手になるそうで…。

ある時はアリアーヌの父がアポなしで部屋を訪ねてきたので大慌てし、ある時はパトリスとブリュノがナンパした娘たちを部屋に連れて、アリアーヌが嫉妬をしたり…。3人の生活は傍目からすると奇妙かつ不思議でいっぱいですが、それでも3人は仲よしなのです。

パトリスが仕事で提案した「パリ地区対抗ごみ集め車レース」が実行され、彼は功労賞に輝きます。パトリスが資金と休暇を手にしたことで、3人はパリを脱出することにしました。3人一緒の旅は初めて。旅が3人を引き裂くかもしれないとアリアーヌに不安がよぎりましたが、トラブルが起き時は、それはそれ…と一同の意見が一致。3人は息苦しさを感じていたパリを出ることに、希望を膨らませました。

パトリスは旅用の車を買うために、中古車ディーラーへ。”不規則に故障する”という風変わりな条件を満たしたオープンカーを購入しました。行先の方角や、進む距離は道端の人の発言に任せて車を進めて行きます。3人の行き当たりばったりの夏の旅が始まりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「まじめに愛して」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×