「みんなのいえ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

2001年6月9日公開『三谷幸喜の監督・脚本による日本映画である。 テレビのバラエティ番組を手がける放送作家の飯島直介とその妻民子が、2人で新居を建てることになる。そこで設計を妻の大学時代の後輩で店舗デザイナーの柳沢に、施工を大工の棟梁である父長一郎に頼むことになったのだが、モダニズム建築を志向する柳沢に対し、日本の伝統工法でしか家を建てられないと言い張る長一郎が激しく対立てしまう。はたして飯島夫妻の家は無事完成するのか・・・

あらすじ動画

みんなのいえの主な出演者

• 柳沢英寿(インテリアデザイナー):唐沢寿明 • 岩田長一郎(大工の棟梁):田中邦衛 • 飯島直介(シナリオライター):田中直樹(ココリコ) • 飯島民子:八木亜希子 • 須賀(設計士):白井晃 • 荒川Jr.(大工):伊原剛志 • 荒川Sr.(土建屋):八名信夫 • 佐野(大工):江幡高志 • 八木田(ペンキ屋):井上昭文 • 米田(鳶):榎木兵衛 • 松前(電気屋):松山照夫 • 永井(左官屋):松本幸次郎 • 飯島セツ子:野際陽子 • 岩田光代:吉村実子 • 青沼菊馬:山寺宏一 • 青沼実栄子:清水ミチコ • 青沼りか子:細川理佳子 • 青沼ひな子:細川陽菜子 • 青沼森彦:臼井森彦 • マンション管理人:近藤芳正 • ゴジラ:田口浩正(ノンクレジット) • 火星人:遠藤章造(ココリコ) • ケントちゃん:梶原善 • エプロンのマスター:小日向文世 • 背の高い男:松重豊 • 携帯電話の女:佐藤仁美 • ウエイトレス:橘雪子 • 淋しそうな花屋:大塚範一 • ナオミ:エリカ・アッシュ • ダンサーたち:アルマンダ・ラモス・マリア・ハウシャン・エコラ・ナカシマ • 仕事仲間たち:田中秀男・可児衛・栗原勇作・長谷川安雄・関真二・長尾幸一・村田成行・鈴木修・有田廣幸・加藤謙吉・川本富夫・山下雄幸 • 中井貴一:中井貴一 • 堀ノ内修司:布施明 • 堀ノ内のアシスタントスタッフ:明石家さんま(ノンクレジット) • 妥協を許さないバーテンダー:真田広之(ノンクレジット) • バーの客(古川清十郎):梅野泰靖 • バーの客(千本のっこ):戸田恵子 • 地鎮祭の神主:香取慎吾(ノンクレジット)

みんなのいえのネタバレあらすじ

【起】– みんなのいえのあらすじ1

みんなのいえのシーン1

画像引用元:YouTube / みんなのいえトレーラー映像

テレビのバラエティ番組を手がける放送作家の飯島直介とその妻民子は、マイホームを建てることにした。

設計は民子の父親である岩田長一郎でどうかと直介はいうが、長一郎に頼むと古臭い家になりそうと、モダンな家にしたい民子は、民子の大学の後輩でインテリアデザイナーを生業としている柳沢英寿に頼むことにした。

柳沢は内装のデザインしかやったことがなかったのだが、家の設計は手掛けてみたいと思っていたのだ。

民子は実家の母親に電話を入れ、家を建てるにあたって長一郎に建築を頼みたいと言った。その話を聞いた長一郎は一人墨ツボを取り出し、一人にやけた。

後日、直介と民子は長一郎の家で食卓を囲みながら、どんな家にするのか長一郎と話し合った。

和室はどうすると聞く長一郎にいらないという民子。最近は簡単な和室ばかり作っていた長一郎は、どうしても本格的な和室が作りたかった。

民子は早くも意見の食い違いが出てきたことで、これから先が不安になるのだった。

長一郎は、最近孫請けの仕事しかしておらず、久々の大仕事に張り切って昔の仕事仲間たちに連絡を入れていた。

また、長一郎はすでに直介と民子には内緒で建築予定地を下見に行っており、直介夫婦に風に強い構造にしないとだめだと語る。

直介は昔気質の職人風の長一郎が好きだった。だからぜひ和室を作ってもらおうと民子に相談する。

直介と民子の家で長一郎と設計士の須賀が待っているところに、柳沢が描き上げた家のパースをもって来るが、それを見た瞬間長一郎は絶句し須賀がダメ出しした。

建築予定地は低層住宅専用の土地であるため、これでは違法建築になってしまうというのだ。

柳沢にはもう一度考え直してもらうことになったが、長一郎は柳沢では駄目だと思い、須賀にも図面を描いてくれるように頼む。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「みんなのいえ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×