映画:アタックオブザキラードーナツ

「アタックオブザキラードーナツ」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツの紹介:2016年に公開されたコメディホラーです。タイトルからも分かるとおり、あのカルト的人気を誇る映画「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」にオマージュを捧げた作品です。薬によってモンスターと化したドーナツが、人々に襲い掛かるという話です。ばかばかしい設定が魅力的な映画で、肩の力を抜いて楽しむことができるでしょう。CGを使っていながらもどこかチープさが感じられるというのも本作の特徴となっています。

あらすじ動画

アタックオブザキラードーナツの主な出演者

ジョニー(ジャスティン・レイ)、ミシェル(ケイラ・コンプトン)、ハワード(ベン・ヘイマン)、ルーサー(マイケル・スワン)、ヴェロニカ(ローレン・コンプトン)、警察官(C・トーマス・ハウエル)、警察官(フレドリック・バーンズ)

アタックオブザキラードーナツのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- アタックオブザキラードーナツのあらすじ1

アタックオブザキラードーナツのシーン1 ジョニーが自室で目を覚まします。彼の部屋には女性の写真が飾ってありました。
彼はママを美人だと褒め称え、50ドルを貰おうとします。ジョニーはヴェロニカという女性に夢中で、高級品を貢いでいました。
ママは幼馴染のミシェルのほうが良いと言います。ジョニーは良い子なんだと反論し、なんとかママからお金を貰います。

一方、ジョニーの叔父さん、ルーサーは死んだネズミに薬を打つという実験を行っていました。薬を打たれた瞬間、死んでいたはずのネズミが蘇り、ルーサーに襲い掛かります。
世紀の発明を喜ぶルーサーを尻目に、尋ねてきたジョニーがパソコンを持ち帰りました。

ミシェルは兄貴に送られ、仕事場のドーナツ店にやってきました。兄はパソコン修理の仕事をしており、妹のミシェルに修理を押し付けています。そのことで少々喧嘩し、ミシェルは店に入りました。
ドーナツ店にジョニーが来ます。ミシェルはジョニーのパソコンを修理しました。
2人は同じドーナツ店で働いています。男と共にヴェロニカがやってきます。ヴェロニカはジョニーのキスをさりげなく避けました。彼女はジョニーにお金を催促しに来たのです。
ミシェルもまたヴェロニカを嫌っていました。お金だけを受け取り、ヴェロニカは男と共に帰っていきます。

叔父のルーサーがドーナツ店にやってきました。ルーサーはパソコンを借りに来たのです。
店長とルーサーが喧嘩し、そのいざこざで、薬が飛んでいき、ドーナツを揚げる油の中に入ります。
ルーサーは薬が飛んだことに気づかず、パソコンだけを持って去りました。

警察官がドーナツを買って帰ります。パトカーに戻った警察官たちは、連行中の悪党にもドーナツをあげました。ドーナツを食べた途端、悪党は腹が痛いと口にします。

自宅に帰った常連客の女性はドーナツの群れに襲われ、死んでしまいました。

悪党の調子がどんどん悪くなっていきます。彼はむちゃくちゃに暴れ、手錠を壊し、外に出ます。口から緑色の液体が吹き出ました。

【承】- アタックオブザキラードーナツのあらすじ2

アタックオブザキラードーナツのシーン2 ドーナツ店にフラニガンという男がやってきました。フラニガンは別のドーナツ店の人で、新商品を自慢しに来たのです。
ミシェルはおいしさのあまり感激し、店長はうちの新作も食べさせてやると意気込みます。
フラニガンはドーナツを持ち帰りました。

ジョニーは落としたドーナツが消えていることに気づきます。ミシェルは棚の奥から息遣いを感じ、扉を開けようとしますが、その寸前、オタクのハワードがやってきました。

フラニガンはドーナツを口にします。食べるのを止めた彼に、ドーナツが襲い掛かりました。
時を同じくして、悪党の暴走で気を失っていた警察官のパトカーから、ドーナツの集団が逃げ出します。
目を覚ました2人の警察官は失態を隠すため、悪党を探しに行きました。

店にいすわるハワードにとって唯一の友達がジョニーです。ハワードはジョニーのママとも親しい関係にありました。
ミシェルはジョニーに、ヴェロニカは彼女なのかと尋ねました。ジョニーはそうだと答えます。
肝心のヴェロニカーは男とイチャついていました。

ルーサーが薬を無くしたことに気づきます。
ドーナツ店では新たなドーナツがどんどん揚げられていました。
不良3人組がやってきますが、ミシェルは軽くあしらいます。腹を立てたコンラッドという男が、ミシェルをアバズレだと罵倒します。
それを聞いたジョニーが怒り、コンラッドと喧嘩を始めました。ハワードも参戦します。
ミシェルがスプレーで撃退しました。客に手を出したため、ミシェルがクビになります。その判断に怒ったジョニーも店を辞めました。

【転】- アタックオブザキラードーナツのあらすじ3

アタックオブザキラードーナツのシーン3 店長はお詫びとして、不良3人組にドーナツを渡します。店の奥に行きました。
その直後、棚の奥からドーナツが飛び出てきます。フライヤーからも次々とドーナツの群れが現れました。

ジョニーはミシェルを送っていくことになります。いい感じになった2人はキスをしようとしますが、ハワードが乗せてくれと頼みに来たため、うやむやになりました。

ジョニーたちは悪党を轢いてしまいます。悪党は生きていましたが、どこか変でした。突然ケツから内臓を吐き出し、悪党は息絶えます。
悪党は体から緑の液体を吹いていました。ジョニーたちは訳が分からず、いったんその場を立ち去ります。

店長と不良たちはドーナツに襲われ、死んでしまいました。

ジョニーたちはヴェロニカの車を見つけます。ヴェロニカはジョニーを金づるだと思っていたと白状しました。ジョニーを恋人だとすら思っていなかったのです。
ジョニーは何も言えず、その場を立ち去りました。

ジョニーたちはドーナツが不良を襲っている現場に遭遇します。
常連客が心配になり、ジョニーたちは急いで車を走らせました。
ミシェルが2階から侵入し、中から鍵を開けようとします。その姿を目撃した向かいの住人が、何かを企んでいると誤解し、警察に通報しました。
ミシェルは死体を発見し、悲鳴を上げます。ハワードが扉を開け、ジョニーが助けに向かいました。
合流した彼らの前にドーナツの群れが姿を現します。ジョニーとハワードが応戦し、ミシェルは一足先に窓から外へ降りようとしました。
そこに通報を受けた警察官の2人組がやってきます。
ジョニーとハワードも外に出てきます。警察官たちは彼らを確保しました。

【結】- アタックオブザキラードーナツのあらすじ4

アタックオブザキラードーナツのシーン2 ドーナツの群れも家の中から、外に出てきました。
ジョニーたちは常連客の女性が死んだと話し、警察官たちは家の中へ突入します。
その頃、ドーナツたちがパトカーを奪って逃走していました。
中に入った警察官たちもドーナツの存在に気づきます。発砲音を聞き、ジョニーたちは車で逃げました。

ジョニーたちはドーナツが人食いモンスターに変わった理由を考えます。
ジョニーがルーサーが21世紀最大の発明をしたと言っていたことを思い出しました。

パトカーを奪ったドーナツたちはヴェロニカとその恋人の男を殺害します。

ルーサーは解毒剤の開発を急いでいました。その解毒剤をネズミに注射すると、蘇った生物は再び死に絶えます。
そこにジョニーたちがやってきて、ルーサーが作った薬がドーナツに命を与えたと説明します。
ルーサーは解毒剤が完成したところだと話します。ジョニーは解毒剤を受け取り、その効果を確かめるため、すべてが始まったドーナツ店に向かいます。
ルーサーも薬の結果を見たいと同行を申し出ました。

ドーナツ店にたどり着いた彼らはホッケークラブや水鉄砲、テニスラケットを手に持ち、本拠地へと侵入します。
薬をぶっかけるとドーナツは四散していきますが、数が多すぎて、追いつきません。
解毒剤の数も足りず、ルーサーが新たに薬を作ると言いました。
その矢先、ハワードがジョニーのママと寝たと告白します。ハワードは外に出たドーナツを退治すると言って、特攻を仕掛けました。
ドーナツ店に警察官もやってきて、ドーナツたちを射殺していきます。1人が負傷しました。
ジョニーとミシェルは倉庫に逃げます。ジョニーはヴェロニカに裏切られ、ハワードがママと寝ていたと知り、ドーナツに食べられそうになるという現実に心が壊れかけていました。
ミシェルはジョニーにキスをし、落ち着かせます。2人は考えに考え、ガス官を爆発させるという方法を思いつきました。

警察官2人と客の1人は大ピンチに陥りながらも、ドーナツ相手に奮闘を続けています。
ジョニーとミシェルは隠れる場所を見つけ、ガス管に火をつけました。
ドーナツ店は大爆発し、ドーナツは死に絶えます。ハワードや客の1人は無事でした。

ジョニーとミシェルはお互いが大切な相手だと気づき、くっつきます。

翌日、同じベッドでイチャつきあう2人を、窓の外から1匹のドーナツが覗いていました。

みんなの感想

ライターの感想

ヴェロニカよりもミシェルのほうがステキな女性だなと感じました。最初、主人公に見る目なさすぎと思ったものです。ところどころ出てくる警察官コンビも良い味を出していました。水鉄砲やホッケースティック、テニスラケットでドーナツに立ち向かうシーンもシュールで面白かったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「アタックオブザキラードーナツ」の商品はこちら