「アダムサンドラーはビリーマジソン一日一善」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

アダム・サンドラーはビリー・マジソン/一日一善の紹介:1995年製作のアメリカ映画。家業を継ぐために、27歳の男性が小学生からやり直す姿を描いている。アダム・サンドラー主演で贈るコメディ作品。

予告動画

アダムサンドラーはビリーマジソン一日一善の主な出演者

ビリー・マジソン(アダム・サンドラー)、ブライアン・マジソン(ダーレン・マクギャヴィン)、ベロニカ・ボーン(ブリジット・ウィルソン)、エリック・ゴードン(ブラッドリー・ウィットフォード)、マックス・アンダーソン校長(ジョシュ・モステル)、フランク(ノーム・マクドナルド)、ジャック(マーク・ベルツマン)、カール・アルフォンス(ラリー・ハンキン)、フアニータ(テレサ・メリット)

アダムサンドラーはビリーマジソン一日一善のネタバレあらすじ

【起】- アダムサンドラーはビリーマジソン一日一善のあらすじ1

27歳のビリーは、豪邸で優雅に暮らしていました。エッチな本が届くのに夢中になったり、友人のジャックやフランクと酔っ払って、ペンギンが見えるとふらついています。
メイドのフアニータは、後15分で夕食会だと説明します。
副社長のエリックや支配人のカールなど、父・マジソン氏の部下が夕食会に出席していました。
ビリーは、カジュアルな服装でやってきて、スープを音を立てて飲んだりします。
マジソン氏は、宇宙語も話すビリーを怒ります。
マジソン氏は、亡き妻と小さなモーテルから始め、現在は650ものホテル数を誇るグループに成長させました。社員数は6万1000人にも及びます。彼にとっての夢は、ビリーに会社を継がせることでした。
ビリーは、ジャックとフランクと共に、うん○を拾います。そしてそれを袋に詰めて、クレメンス爺さんの家の前で燃やします。
クレメンス爺さんは、火を消すために踏みつけ、靴がうん○まみれになってしまいます。
その様子を見て、ビリーたちは大爆笑します。
マジソン氏は、エリックを社長にすることにします。そうすればビリーも働かなくて良いだろうと思います。
しかし、ビリーは腹黒いエリックに継がせることに反対します。そして高校を卒業できたことから、自分にもできると言います。
マジソン氏は、高校を卒業できたのは、裏金を払ったからだと言います。
ビリーはチャンスが欲しいと訴えます。自分の力だけで、小学校から高校まで卒業すると提案します。2週間で1級ずつ進級していくと話します。
マジソン氏は、カールに手配を頼みます。
ビリーは、可愛いお弁当を持って、月曜から学校に通います。チョコプリンがなくて、フアニータに文句を言います。スクールバスを待っていましたが、通り過ぎてしまいます。
1学年の授業が始まり、ビリーは子供たちと一緒に絵本を聞きます。絵本を読んでくれるのは、リッピー先生です。今日の絵本は迷子の子犬の話しでした。
お次にドッチボールです。ビリーは本気でやり、子供たちを次々とアウトにします。
一緒にお昼寝をしたり、お絵かきをして、ビリーは1学年を修了することができます。
卒業ができたことで、ビリーの豪邸ではパーティーが開かれます。子供たりは大喜びです。

【承】- アダムサンドラーはビリーマジソン一日一善のあらすじ2

2学年にあがったビリーは、スペリング大会に参加します。見頃スペルを言うことができて、卒業することができます。
次の3学年の担任は、ビリーが目をつけていた美人のベロニカ・ボーン先生です。
ビリーは難しそうで、授業が始まるまで緊張します。
1人の生徒が朗読をしますが、上手く話すことができませんでした。
ビリーは彼をからかいます。
するとベロニカは、ビリーの耳をつまんで、教室から追い出します。彼女は、頑張ってる子をからかったことに怒ったのです。ベロニカは進級させないわよと、ビリーに怒ります。
次にビリーは、黒板に筆記体で字を書くように言われます。どうしてもZが書けなくて、学校に行くのが嫌になります。
フアニータは、学校を休むのなら、私の脇毛ソリを手伝ってもらうと言います。
ビリーは学校に行くことにします。
今日はベロニカが休みでした。代わりにアンダーソン校長が授業をします。
マイケルは、アンダーソン校長みたいに太っちょだったら、自殺すると紙に書いて遊んでいました。アンダーソン校長に見られてしまいます。
バレンタインデーということもあり、ビリーはジェニファーやスーザンから、告白つきのチョコをもらいます。さらに、なぜかアンダーソン校長からももらいます。
アンダーソン校長は、ビリーが欲しいと書いていて、ウィンクを送ります。
ビリーは、隣の席のアーニーに電話を頼みます。
アーニーは、ベロニカに彼氏がいるかどうか、クラスに友達以上の人がいるかどうか、聞くように言われます。
ベロニカは彼氏はおらず、友達以上の人はいないと言います。
ビリーは、デートをしたい人もいるかどうか聞いてもらいます。
ベロニカは、デートは大人同士がするものだとバッサリ切ります。
ビリーの作戦は大失敗に終わります。
今日は社会見学に行くことになります。
運転手はバナナを食べて、皮を道路に放り投げます。
アーニーは、ついお漏らしをしてしまいます。
ビリーは、ズボンの股間部分に水をつけます。これが自分の時は、流行りだったのだと見せつけます。子供たちは真似をします。
ベロニカは、アーニーを守ってあげたのだと思い、ビリーに好意を持ちます。

【転】- アダムサンドラーはビリーマジソン一日一善のあらすじ3

3学年が修了となり、パーティーが開かれます。
ビリーは、自分が暮らしているテントに、ベロニカを案内しにやってきます。
2人がキスをしようとしていると、カールが現れます。
カールは、エリックが気味の悪い笑い方をしていることから、何か企んでいると警告します。
その後、ビリーは次々と進級していきます。小学校を卒業し、次は高校へと進学です。
エリックは、古いプロレス雑誌を持って、アンダーソン校長に話しに行きます。
その雑誌には、若かりし頃のアンダーソン校長が載っていました。
エリックは、アンダーソン校長が人を殺していることを話し、こんな人が教師で良いのかと脅します。
アンダーソン校長は、合図で決まっていたのにと言い訳しますが、彼の脅しに屈します。
ビリーは、REOスピードワゴンとプリントされたTシャツを着て、高級車で高校に行きます。注目の的となって笑われます。授業中も冗談を大声で言いまくりますが、隣の子に嫌われます。
さらにいじめっ子の的になり、ビリーは頭から液体をかけられます。
ビリーは、ベロニカに会いに行きます。10年前は天国だったのにと、辛い状況を説明します。
ベロニカは、10年前は馬鹿にされることが分からなかったでしょと言います。
ビリーは、昔いじめていたダニーに電話して謝罪をします。
ダニーは、殺したいやつリストから、ビリーの名前を消します。
アンダーソン校長は、ビリーの進学が不正であり、5000ドルの賄賂を受け取ったと話します。このことはテレビで放映されます。
マジソン氏は激怒し、社長はエリックだと言います。
ビリーは誰も信じてくれなくて、ベロニカに酔っ払いながらからみに行きます。
翌日、ベロニカは寝ていたビリーを引っ叩きます。そして殴って、あなたの才能を信じていると言い放ちます。
ビリーは、ベロニカに叱られたことで元気を取り戻します。
ビリーやベロニカ、3学年の生徒らのミュージカルが展開します。

【結】- アダムサンドラーはビリーマジソン一日一善のあらすじ4

3学年の生徒らは、アンダーソン校長の家に行って、ビリーとどっちが嘘つきなのか聞きに行きます。
アンダーソン校長は、テレビの前で過去から逃げないと、ビリーのことは虚偽だったことを認めます。
マジソン氏は、再び高校からやり直すように、ビリーに伝えます。
エリックは、既に契約をしていたと怒ります。訴えると言い出します。
ビリーは、弁護士抜きの一対一で勝負だと持ちかけます。
教養の十種競技、高校で学ぶことの10の分野で勝負です。
ビリーは、ベロニカに協力してもらいながら勉強をします。
勝負当日となり、教師が審査員を務めます。
ビリーは、数学で負け、料理では勝ち、体育で負け、音楽で負け、演劇で勝ちます。
その後も勝負は続き、ビリーの1ポイントリードとなります。
その頃、いじめっ子の家族は、道路のバナナの皮に滑って崖から転落します。
次はビリーとエリックが相手の出題分野を選んで、ステージの上で発表することになります。
ビリーは、産業革命による近代小説の変化を例を挙げて説明するように言われます。リッピー先生を客席で見かけて、ビリーは迷子の子犬の話しを例にします。
しかし支離滅裂な説明で、聞いている側も災難だったと判断されます。ポイントを得ることはできませんでした。
次に、ビリーは企業倫理を選びます。
エリックは、国内のビジネス環境は内部取引で変化したことから、企業倫理と適用法を述べるように言われます。
エリックは本に書いてあることでないと駄目でした。銃を取り出して、ビリーに向けます。会場にいた生徒たちは逃げ出します。
そこへマスクを被ったアンダーソン校長が助けに来ます。
しかし、エリックは再び銃を手に取り、ビリーを助けに来たベロニカに向けます。
するとエリックの尻が撃たれます。
そう、ダニーが狙撃してくれたのです。
ビリーは、謝っておいて良かったと思います。
ついにビリーは会社を継ぐことになります。けれども、経営はむいてないので、カールに任せることにします。自分は会長の座につき、大学に行って教師を目指すことにします。
ビリーとベロニカがキスをします。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、冗談いっぱいで無茶苦茶なのが面白くてたまらないです。27歳の男性が学校を行き直すといった面白い設定が最高です。
教室の中に、大人が子供たちの中にまぎれているので、違和感があります。そこがまた面白いです。
そしてビリーが同じ目線で子供たちと接している姿が、とても温かく感じます。年齢を越えた彼らの様子に、人と人との繋がりを柔らかくしてくれます。
主演のビリー役のアダム・サンドラーが、若い頃だからか声が少し高いです。彼の役柄は、だめだめだけれど、大事なことを持っている人物です。前向きで明るく元気な彼の姿は、見ている人を喜ばせて元気にし、人生を豊かにしてくれます。名作ここにありです。

映画の感想を投稿する

映画「アダムサンドラーはビリーマジソン一日一善」の商品はこちら