映画:アナライズ・ユー

「アナライズ・ユー」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

アナライズ・ユーの紹介:2002年公開のアメリカ映画。『アナライズ・ミー』の続編にあたる。マフィアの大物ボスが精神病(パニック障害)を抱えるという設定で、精神科医との奇妙な交流を描いたコメディ映画である。

あらすじ動画

アナライズ・ユーの主な出演者

ポール・ヴィッティ(ロバート・デ・ニーロ)、ベン・ソベル(ビリー・クリスタル)、ローラ・ソベル(リサ・クドロー)、ジェリー(ジョー・ヴィテレリ)、パティー・ロプレスティ(キャシー・モリアーティ)、ルー・リガッチ(フランク・ジオ)、ミラー刑事(ジェームズ・ビベリー)

アナライズ・ユーのネタバレあらすじ

【起】– アナライズ・ユーのあらすじ1

精神科医・ベンは厄介な患者であるポールから解放され、ローラと結婚をし幸せな生活を送っていました。

そんなとき、同じ精神科医として尊敬していた父を亡くします。

葬儀の席で悲しみに暮れるベンの携帯に、刑務所に服役しているポールから「殺される」と電話がありましたこれまでの経緯(「アナライズ・ミー」参照)でポールにこりごりのベンは、すぐに電話を切ります。

しかし後日、FBIのミラー刑事がベンを訪問しました。

ポールがおかしくなったというのです 刑務所内で突然ウエストサイドストーリーの歌を歌い始め、直後に塞ぎ込んで反応もしないポールは精神障害ではないかとミラーは言います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「アナライズ・ユー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×