「アメリカン・パイ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【承】– アメリカン・パイのあらすじ2

アメリカン・パイのシーン2

画像引用元:YouTube / アメリカン・パイトレーラー映像

ケヴィンは、怒っているヴィッキーの機嫌を取ろうと、花をプレゼントし話しかけますがシカト状態が続きます。そんなケヴィンを不憫に思ったヴィッキーの友達のジェシカは「ヴィッキーをその気にさせたいなら、オーガズムを味あわせて、未知の世界を教えてあげること」とアドバイスをします。

そこでケヴィンは大学生の兄に助けを求めます。すると、学校に密かに受け継がれているエッチ経験者たちが書き記した性の奥義「性の聖典」の隠し場所を教えてもらいます。その聖典を元に、口を使ってヴィッキーを絶頂へ導くことに成功します。

オズは出会いの場を広げようと眼中になかった真面目な女の子たちがいる合唱団クラブに入り女の子を物色、その中で清楚で可愛らしいヘザーという子と出会います。

ジムは自宅の自室にいると父親が入ってきて性教育のレクチャーを始められます。父親は暇な時に研究すると良いと言い数冊のエロ本を置いていきます。

一方フィンチは、なぜか女子の間で「フィンチは巨根らしい」と噂が広まっており、ケヴィンに女子から噂は本当かと聞いたら事実だと言うようにと頼み、密かに女子の間で人気が集まってきます。

ジムは女の子のアソコの感触はアップルパイの中に似ていると聞き、母が作った手作りのアップルパイを使って自慰を試していると、丁度そこに父親が帰ってきて見られてしまいます。気まずい雰囲気になりますが、父親は「母さんには2人で食べたことにしよう」とパイを処分してくれます。その後、父親はまたもやジムに自慰のレクチャーを始め、自分の自慰の方法や経験を語り出します。

その頃オズはヘザーと仲良くなり、彼女のことが気になりだします。そんなある日、ヘザーからプロムに一緒に言って欲しいと誘われ、オズは喜び誘いを快く受けます。しかしその後、様子を見ていたステフィラーがヘザーをからかう発言をし、オズも彼に合わせて一緒に笑っているところをヘザーに目撃され、彼女を怒らさせてしまいます。

ヘザーの事を本気で好きになっていたオズは合唱部の大会でヘザーとのデュエットに立候補し、彼女に認めて貰おうと真剣に歌を練習を始めます。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アメリカン・パイ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×