「アンクル・ドリュー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【結】– アンクル・ドリューのあらすじ4

アンクル・ドリューのシーン4

画像引用元:YouTube / アンクル・ドリュートレーラー映像

ビッグの妻・ジェニファーはすでに亡くなっていた。

試合が終わってドリューとビッグはジェニファーの墓を訪れた。

ビッグはジェニファーを寝取った男としかドリューを見ていなかったが、ドリューも又ジェニファーを愛していたことを打ち明けビッグに謝った。

ドリューは10万ドルの賞金のことを知り、それを言わなかったダックスに、バスケは神聖なもので、お前はそのバスケを生活のために利用しているだけだと怒りをぶちまけた。

ダックスはだれよりもバスケを愛していたが、試合でミスしたことで選手をあきらめたことを初めてドリューに語ると、ドリューは「愛がすべてだ。若造、他は忘れろ」とダックスを受け入れた。

しこりが取れたハーレムマネーは快進撃で勝ち進み、遂に決勝を迎えた。

だがビッグがコートで倒れてしまい病院に担ぎ込まれた。

医者は、峠は越えたというがビッグは試合に出られなくなってしまう。

そこにペディがビッグを見舞いにやって来て、ペディが代わりに試合に出ることになった。

決勝戦の相手はムーキーのチーム。ダックスはチーム名を“ハーレム・バケッツ”に変更した。

ゲームが始まった。

これまでの試合とは違いドリューたちは前半大差をつけられ苦戦はするものの、一丸となって点を稼ぎ食らい着いた。

しかし、キャスパーのシュートを止めようとしたライツが、キャスパーと一緒に倒れ込み足を痛めてしまう。

ダックスはドリューから勝負から逃げずに戦えと言われ、ライツの代りに出場を決心した。

一方相手チームのキャスパーも怪我のため、因縁の相手ムーキーが出場することになった。

ダックスはムーキーからボールを奪うとタイムアウトを取り、皆にパスを回してペディがシュートという作戦を披露するが、皆からお前が決めろと説得される。

ダックスはポジションに戻ってシュートを決めた。

ハーレム・バケッツの勝利の瞬間だった。

ドリューはウィニングボールをダックスに渡した。

ビッグの病室に置かれたテレビでは、ダックスがラッカーのヒーローになったことがニュースになっていた。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「アンクル・ドリュー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×