「ウエディング宣言」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

ウエディング宣言の紹介:2005年公開。運命的な男性と結婚することになった女性と、反対する彼の母親との騒動を描いた作品。監督は「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティック。音楽は「アナスタシア」のデヴィッド・ニューマン。主演は「コールガール」「帰郷」のオスカー女優ジェーン・フォンダと、「ザ・セル」のジェニファー・ロペス。

予告動画

ウエディング宣言の主な出演者

チャーリー・カンティリーニ(ジェニファー・ロペス)、ヴァイオラ・フィールズ(ジェーン・フォンダ)、ケヴィン・フィールズ(マイケル・ヴァルタン)、ルビー(ワンダ・サイクス)、レミー(アダム・スコット)、フィオナ(モネット・メイザー)

ウエディング宣言のネタバレあらすじ

【起】- ウエディング宣言のあらすじ1

色々な事に挑戦するチャーリーは、派遣社員として様々な仕事をしています。絵を描くのも大好きです。
そんな彼女が運命的な男性と出会います。彼の名前はケヴィンで外科医でした。
パーティーで働いていたチャーリーの前にケヴィンが現れます。彼はこのパーティーの主催者でした。
お互いに目を合わせていた二人は、会話をすることができます。ケヴィンの友人の女性は、チャーリーに取られたくない事から、彼がゲイだとチャーリーに嘘をつきます。
ケヴィンは電話番号を知って、チャーリーに会おうと留守電に入れます。チャーリーは反応せずに砂浜を歩いていると、ケヴィンがやってきます。
そこでチャーリーは彼がゲイでない事を知ります。ケヴィンはチャーリーの瞳の色を正確に言い当てます。
犬の世話の仕事をしていて、犬がケヴィンに噛みついてしまいます。消毒するために、チャーリーはケヴィンを家へ招きます。ケヴィンはまた会いたいとお願いします。
その頃、ケヴィンを溺愛する母のヴァイオラは、ニュースキャスターを降板させられます。会社側は若い娘に交代させたかったのです。
楽屋でブチ切れるヴァイオラはストレス一杯です。彼女の面倒を見ているルビーは、最後の仕事だからと気持ちを切り替えるように言います。
数々の有名人と対談をしてきたヴァイオラは、さすがに気持ちを切り替えて仕事をこなします。と思いきや、インタビューの相手が若い女性で、ブチ切れて飛び掛かってしまいます。

【承】- ウエディング宣言のあらすじ2

ヴァイオラは、それからしばらく入院することにします。ストレスを溜めないようにと言われましたが、ケヴィンとアフリカ旅行にでもと考えていて大丈夫な様子です。
しかし、ケヴィンはチャーリーを紹介してきます。更にヴァイオラのいる前でプロポーズまでしたのです。ヴァイオラのストレスメーターは急上昇して、酒を飲み始めます。
ヴァイオラは、有名人を招いてパーティーを開くことを計画します。そこで恥をかかせてやるつもりです。
バーベキューと聞いていたため、チャーリーは普段着できてしまいます。しかし、ドレスは用意しているとヴァイオラはニヤリと微笑みます。
そのドレスがきつすぎて、チャーリーはケヴィンに相談しに行きます。そこでヴァイオラが仕組んだ罠で、ケヴィンの元カノがケヴィンにキスをしている現場を見てしまいます。
チャーリーは嫌になって帰ろうとします。しかしケヴィンの愛が本物で、チャーリーは立ち直って絵を描き始めます。
ヴァイオラは悔しくて、ルビーにチャーリーの身辺調査を依頼します。何も悪い所が無くて、ヴァイオラはチャーリーと二人きりで食事をすることにします。
何かとすべて決めてくるヴァイオラに、チャーリーは我慢できなくなります。ちょっとした意見を言っただけで、ヴァイオラは心臓発作で倒れてしまいます。

【転】- ウエディング宣言のあらすじ3

精神科医から危険な状態のため、誰かが一緒に住んで看護するべきだと言われます。ケヴィンは出張なので、チャーリーが引き受けることにします。
同棲していた二人の家にヴァイオラが引っ越してきます。彼女のわがままぶりに、チャーリーは寝不足になります。
チャーリーは友人の二人を家に招きます。すると、ヴァイオラがチャーリーの身辺調査をしていた書類を発見します。
薬もよくよく調べてみると、ただのビタミンCでした。精神科医とも楽しく喋っている様子で、医者としても本物か怪しい様子です。
ここからはチャーリーの復讐の開始です。面倒を見ている犬を家に招き入れて、ヴァイオラを脅かします。そして、犬達にヴァイオラの服を噛みちぎっていただきます。
極め付きは、ヴァイオラを心配するフリをして睡眠薬を飲ませてやります。彼女は、牛の胃の料理に顔面をつけたまま、眠り込んでしまいます。
ストレス発散したチャーリーをルビーが見て、彼女を褒めます。ケヴィンが出張から帰ってきて、チャーリーはサプライズとして3人で食事をすることにします。
花嫁付添い人をヴァイオラに依頼するなど、チャーリーは主導権を握って行きます。ピンクのドレスで出席を頼みますが、ヴァイオラは投げ捨てて行きます。

【結】- ウエディング宣言のあらすじ4

結婚式前夜に友人達を招いて、食事会が開かれます。チャーリーは精神科医をワザと呼び、ヴァイオラはケヴィンの元カノを呼ぶなど、お互いに嫌がらせを行います。
精神科医は、医大の頃について聞かれて慌てます。ヴァイオラは、チャーリーがナッツアレルギーと知っていて、料理のソースにナッツを大量に入れます。
ルビーが止めますが、精神科医が持って行ってしまいます。それを食べたチャーリーは唇が腫れてしまって、明日の結婚式が辛くて泣きます。ケヴィンが優しく励まします。
腫れがひいて良かったチャーリーでしたが、ヴァイオラはピンクではなく、白のドレスを着て目立とうとします。
そこにヴァイオラの義母が現れて、ずばりと言ってやります。義母はチャーリーの美しさを褒めてくれます。
二人の様子を見て、チャーリーは30年後もいがみ合っているのかと思います。チャーリーは結婚式を辞めようとします。
しかし、義母からのアドバイスで、ヴァイオラが自分の気持ちを素直に伝えます。また、条件を相談しあって、ヴァイオラとチャーリーは仲直りを果たします。
ヴァイオラはピンクのドレスを着て出席してくれます。結婚式は順調に行われて、ブーケはヴァイオラが受け取ります。
彼女の5回目の結婚の予感です。終わりです。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、複雑なテーマを面白おかしく描いています。そして誰が見ても分かりやすいように思いやり溢れる作りとなっています。
嫁と姑の関係と言えば、ドロドロと苦しい作品が多いイメージがあります。これもひと悶着ありますが、楽しく描かれていて、何だかそんな関係も楽しく思えてくる気分にさせてくれます。
印象的だったのは、ジェニファー・ロペス演じるチャーリーの唇が腫れた場面です。ありゃまっと言わんばかりに腫れてて面白かったです。
後は、終始優勢だったヴァイオラが、チャーリーに仕返しされていく場面が楽しかったです。
主演の二人だけでなく、ワンダ・サイクス演じるルビーの役柄が大きかったです。彼女がちょこちょこ出て来て、楽しさを倍増しているかのような印象です。
デヴィッド・ニューマンの音楽のリズムが良いのも作品の魅力を引き立てていると思います。
最後まで見終わって、興行収入が1億5000万ドルを超えるヒット作となった理由の分かる映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ウエディング宣言」の商品はこちら