映画:エイリアンバスターズ

「エイリアンバスターズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

エイリアン バスターズの紹介:2012年に製作された、ベン・ステイラー主演のSFドタバタコメディです。平和な町に突如現れた、エイリアンの襲撃に立ち向かう「ご近所ウォッチャー」の奮闘ぶりを、随所に細かいギャグを交えながら描いています。

あらすじ動画

エイリアンバスターズの主な出演者

エヴァン(ベン・ステイラー)、ボブ(ヴィンス・ボーン)、フランクリン(ジョナ・ヒル)、ジャマルカス(リチャード・アイオアディ)、アビー(ローズマリー・デウイット)、チェルシー(エリン・モリアーティ)

エイリアンバスターズのネタバレあらすじ

【起】– エイリアンバスターズのあらすじ1

エイリアンバスターズのシーン1

画像引用元:YouTube / エイリアンバスターズトレーラー映像

アメリカはオハイオ州、グレンビューの町でスーパー「コストコ」の店長を勤めるエヴァンは、多様な人種が住む町で誠心誠意に働き、町に尽くしてきた結果が店長就任という結果になって現れたのだと自負していました。そんな時、店の警備員・アントニオが、夜勤の最中に何者かに惨殺されるという事件が起きます。

翌日出勤してこの惨事を知ったエヴァンは、その夜地元のアメフト試合のハーフタイムで、犯人を見つけるため「ご近所ウォッチャー」を結成することを宣言します。怪しい人物や行動を見逃さず、市民の手で犯人を追跡しようという考えでした。しかし呼びかけに賛同しエヴァンの家に来たのは、陽気で細かいことを気にしないボブ、以前は警官志望でしたが選考に漏れ「犯人をブチのめす!」と意気込むフランクリン、アフリカ系のジャマルカスの3人だけでした。

各自の自己紹介が終わったところで、エヴァンがウォッチャーの説明をしようとすると、ボブが「ビールやでかいTVもある、俺の家に行こうぜ!」と皆を誘い、ボブの家に着いてからはエヴァンの意図とは裏腹に、完全にただの飲み会になってしまいます。エヴァンが諦めて家路に着くと、自宅の前に怪しげな人物を発見します。それは向かいの家に越してきたばかりのポールという男で、意味ありげな笑みを浮かべながら去っていきます。

翌日、早速ご近所ウォッチャーの活動が開始されますが、ボブは勝手に自分のデザインしたジャンパーを持参してきたりと、相変わらず我がまま放題でした。その夜コストコの前でじっと張り込みを続けるウォッチャーの面々でしたが、ボブたちは早々に飽きてビールを飲み始めてしまいます。そこに警官が現れ、さんざ皮肉を言われた後に、車中でビールを飲んだ罰金を請求される始末でした。

そこでエヴァンの携帯に、アメフト場が騒がしいという「通報」が入り、一同は勇んでアメフト場に向かいます。しかしこれは地元の悪ガキたちのイタズラで、エヴァンたちは卵をぶつけられてしまいます。エヴァンは逃げる悪ガキたちを得意のジョギングの足を生かして捕まえ、一同は「ウォッチャーの初仕事だ」と、意気揚々と悪ガキどもを警察に突き出すのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「エイリアンバスターズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×