映画:オーシャンズ8

「オーシャンズ8」のネタバレあらすじと結末

オーシャンズ8の紹介:2018年にアメリカで製作された犯罪コメディ。スティーブン・ソダーバーグ監督のオーシャンズ三部作のリブート作品で、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイら8人の女優が集結。伝説的な強盗ダニー・オーシャンの妹、デビー・オーシャンが仲間とともにダイヤ強盗の計画を進めていく。

あらすじ動画

オーシャンズ8の主な出演者

デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)、ルー・ミラー(ケイト・ブランシェット)、ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)、アミータ(ミンディ・カリング)、タミー(サラ・ポールソン)、コンスタンス(オークワフィナ)、ナインボール(リアーナ)、ローズ(ヘレナ・ボナム=カーター)、クロード・ベッカー(リチャード・アーミティッジ)

オーシャンズ8のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- オーシャンズ8のあらすじ1

オーシャンズ8のシーン1 舞台はアメリカ。今は亡き伝説的強盗ダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンが仮出所の許可を受けることから物語は始まります。出所したデビーはかつての相棒のルーの元へ向かい、服役中に考え抜いた強盗計画を明かしました。それは、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されるファッションの祭典、メットガラで1億5千万ドルのダイヤのネックレス、通称「トゥーサン」を盗むというもの。細々とバーを経営していたルーはデビーの計画に乗ることを決め、早速仲間集めに繰り出しました。

まずデビーたちが目をつけたのは、ファッションデザイナーのローズ・ワイルでした。ローズはかつて一世を風靡したデザイナーでしたが、今はその人気は陰り借金生活を送っていました。二人はローズを仲間に引き込み、重要な二つのミッションを依頼しました。一つは、メットガラのホストでハリウッド女優のダフネ・クルーガーのドレスデザインを担当すること、そしてもう一つは、そのビッグイベントを引き合いにして世界的宝飾メーカー、カルティエにトゥーサン貸与の許可を得るというものでした。ローズは弱気な性格ながらも、デビーたちの協力を受けてなんとかダフネの気を引くことに成功し、メットガラのドレスデザイナーに就任することが決まります。

次にデビーは友人のジュエリー職人、アミータに声をかけました。アミータは卓越した宝飾の加工技術を持っていましたが、経済的な理由から口うるさい実家を出ることができず、閉塞感のある日々を過ごしていました。アミータはデビーの頼みを受け、手始めにローズの助手役としてカルティエとの交渉に帯同することとなりました。

そして、世界一のセキュリティで守られたメットガラでの強盗計画を成功させるため、デビーとルーは天才ハッカーのナインボール、一流スリ師のコンスタンス、そしてデビーの友人でかつて盗品売買に手を染めていたタミーをスカウトしました。

【承】- オーシャンズ8のあらすじ2

オーシャンズ8のシーン2 こうしてデビーら7人のチームによる強盗計画はいよいよ本格的な準備を開始。まず、ローズとアミータはカルティエとの交渉に向かいました。ローズの強引な交渉の結果、トゥーサンの貸与は許可されましたが、ローズたちの目的はこれだけではありませんでした。ローズはトゥーサン現物を今すぐ見たいとわがままを言い始め、カルティエ側はしぶしぶ金庫からトゥーサンを引き出すことに。ここでローズはデジタルスキャン機能がついためがねをかけ、カルティエ側に気づかれることなくトゥーサンのスキャンに成功します。そのデータを基に、デビーたちは3Dプリンタでジルコニウム製の偽トゥーサンを作り出しました。この複製品は、本物のトゥーサンを盗み出した後に警備を攪乱させるために必要なものでした。

次にデビーたちが取り掛かったのは、メトロポリタン美術館内にセキュリティに映らない死角を作り出すことでした。まず、デビーたちはメトロポリタン美術館内に風刺画をひそかに持ち込んで展示室に飾り、美術館側がセキュリティ会社に不信感を抱くよう仕向けました。やむなくセキュリティ会社は警備体制の見直しを迫られますが、そのタイミングでナインボールは警備設計担当のパソコンにハッキングを仕掛け、監視カメラを操作。こうして、デビーたちは美術館内のあるトイレの前に死角を作り出すことに成功します。

デビーは次にコミュニケーション能力とビジネススキルに優れたタミーを、メットガラ主催者であるVOGUE編集部に潜入させました。タミーをVOGUEに送り込んだ目的は、当日の詳細情報を得ることだけではありませんでした。デビーはタミーに、ニューヨークの画商クロード・ベッカーをダフネの当日の同伴者にセッティングするよう指示。クロードはデビーの元恋人で、絵画詐欺の罪をなすりつけデビーを刑務所送りにした卑劣な男でした。デビーがクロードへの復讐を企んでいることに気づいたルーは計画に支障が出ないか懸念しますが、デビーは必ず計画は成功することをルーに約束してみせるのでした。

計画の準備は順調に進んでいるかに見えましたが、そんな中、トゥーサンそれ自体が厳重なセキュリティに守られていることにローズが気づきました。トゥーサンの留め具を外すには特殊な磁石が必要であり、その道具を持っているのはカルティエが雇った凄腕のボディガードだったのです。この緊急事態に、ナインボールは科学オタクの妹ヴェロニカを呼び出しました。ヴェロニカはローズが送ってきた映像を基に難なく留め具の構造を解明、留め具を外す磁石までも手作りしてしまいました。

【転】- オーシャンズ8のあらすじ3

オーシャンズ8のシーン3 数々のアクシデントを乗り越え、デビーたちはメットガラ当日を迎えました。会場内にはベッカーを同伴した笑顔のダフネの姿がありましたが、その裏ではニセの栄養士として厨房に潜入していたルーがダフネのスープにこっそり薬物を混入していました。何も知らずにそのスープを飲んだダフネは激しい吐き気に襲われました。ダフネは急いでトイレに駆け込みますが、そのトイレこそがデビーたちが死角を作り出したトイレでした。

給仕に扮していたコンスタンスは嘔吐するダフネを気遣うふりをしながら、こっそりトゥーサンを奪うことに成功します。その後、コンスタンスはネックレスを給仕が運ぶ皿の下に忍ばせ、ネックレスは厨房で皿洗いをするアミータの元へ届けられました。ネックレスを確認したアミータは商売道具を隠したトイレへと向かい、急いでダイヤの分解作業に着手しました。

その裏では、会場内はネックレスの紛失に大騒ぎとなっており、出席者は全員会場外に一時退避させられる事態となっていました。アミータがボディガードに見つかることのないよう、絶妙なタイミングでトゥーサンを見つけたと大声で叫ぶタミー。もちろん、このときタミーが手にしていたのは事前に作った複製品でした。警備はダフネがトイレに向かう途中で落としたと思い込み、会場は再び活気を取り戻しました。

そんな中、アミータによって分解されたダイヤはコンスタンスの手によってメンバーたちへの分配が完了していました。そのうちの一つのダイヤを持ってベッカーに近づいていくデビー。この日のために髪を金髪に染めていたデビーは正体に気づかれることなく、ベッカーの懐にダイヤを忍ばせることに成功するのでした。

メットガラは盛況に終わったものの、それからすぐにカルティエは返却されたトゥーサンが偽物であることに気づき、ただちに保険調査員フレイジャーに調査を依頼しました。フレイジャーはダニーを捕まえたこともある凄腕の調査員で、すぐに当日の会場にデビーが出入りしたことを突き止めました。監視カメラの死角でダイヤが奪われたことも明らかでしたが、デビーとダイヤ強奪を結びつける明白な証拠をフレイジャーは見つけ出せずにいました。

【結】- オーシャンズ8のあらすじ4

オーシャンズ8のシーン2 同じ頃、計画の成功を喜ぶデビーたちの元にダフネが訪れていました。ローズの不自然な挙動に以前から違和感を持っていたダフネは、今回のダイヤ強盗にローズが関わっていることに気づいてしまっていました。そこで、デビーとルーは8人目のメンバーとしてダフネを仲間に迎えることを決断。ダフネに密告されて捕まるより、報酬の取り分がわずかに減る方がマシと判断したのです。

そして、ダフネは計画の最後の仕上げに一肌脱ぐことに。ダフネが向かったのは、ベッカーの自宅でした。メットガラでダフネとすっかり親しくなったと思い込んでいたベッカーは、その目的が何であるかを疑いもせず、ダフネの誘惑にだまされていきました。ダフネはデビーがメットガラでベッカーの上着に仕込んだダイヤを見つけ出し、ベッカーに気づかれることなくその証拠写真を撮影。その写真はただちにフレイジャーの元に送られ、ベッカーは逮捕されることとなりました。

ダイヤが仕込まれていたことにすら気づいていなかったベッカーは突然の逮捕に困惑しますが、デビーはベッカーを陥れるための仕掛けにもう一工夫加えていました。デビーは4人の老婦人を雇い、トゥーサンの一部を宝石商に売却し、そこで得た金をベッカー名義の口座に入金するよう依頼していたのです。このダイヤの取引が決定的な証拠となり、ベッカーは刑務所送りとなりました。

その後、デビーたちは計画の成功を祝いますが、そんな中、ダフネはある疑問を抱きます。トゥーサンを売りさばいたお金だけでは、一人当たりの取り分はかなり少なくなるのではないかと感じたのです。ここで、ルーは驚きの事実を明かしました。メットガラ開催当時、メトロポリタン美術館で展示していた宝飾品の数々を盗んでいたというのです。

それは、メットガラでトゥーサン紛失事故が起き、出席者が会場外から閉め出されたときのことでした。数人のセキュリティが監視する中、ダニーの仲間の一人で、高い身体能力を持つイエンとルーは展示室にひそかに潜入していました。二人は息の合ったコンビネーションで次々と展示品と複製品をすり替え、大量の宝飾品を盗み出すことに成功。こうして、一人当たりの取り分は予想を超える金額となったというのです。

大金を手に入れた8人のメンバーたちは、それぞれの道を歩み始めました。アミータはSNSで知り合った男性とパリでロマンティックなデートを楽しみ、ローズは借金を返済して自分の店を開業。コンスタンスは念願の広い部屋を買い、ユーチューバーに。タミーは主婦業のかたわらビジネスを拡大、ナインボールはビリヤードバーを開業し、ダフネは監督業に進出。ルーはバイクにまたがり旅へと出発しました。そして、デビーはダニーの墓を訪れていました。デビーは一杯のマティーニを片手に、亡き兄の墓に祝杯を捧げました。

みんなの感想

ライターの感想

美しい女優たちに、きらびやかな宝石の数々、そして最後まで観客をも騙すスリリングな展開と、非常に豪華で贅沢な作品でした。その中でも、際立って魅力的なのはケイト・ブランシェット演じる頼れる右腕ルーです。中性的な魅力を放ちつつ、てきぱきと仲間に指示を与える姿に惚れ惚れしてしまいました。ジョージ・クルーニーが主役を演じたシリーズと同様、サンドラ・ブロック率いるオーシャンズもシリーズ化を期待します。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください