「カムバック!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

子どものころ天才サルサダンサーとしてその名を全英中に轟かせたブルースだったが、ある出来事をきっかけにダンスを封印してしまう。それから25年。中年メタボになっていたブルースの職場に上司としてジュリアがやってくる。ジュリアに一目ぼれしたブルースは彼女がサルサ教室に通っていることを知り・・・

あらすじ動画

カムバック!の主な出演者

• ブルース: ニック・フロスト • ジュリア: ラシダ・ジョーンズ • ドリュー: クリス・オダウド • ロン・パーフィット: イアン・マクシェーン • サム: オリヴィア・コールマン • ゲイリー: ロリー・キニア • ミッキー: ティム・プレスター • ビジャン: ケイヴァン・ノヴァク • ヘレン: アレクサンドラ・ローチ

カムバック!のネタバレあらすじ

【起】– カムバック!のあらすじ1

カムバック!のシーン1

画像引用元:YouTube / カムバック!トレーラー映像

天才的子供サルサダンサーとして妹をパートナーに全英中にその名を轟かせていたブルースは、全国大会の当日、不良たちにスパンコールを口の中に詰め込まれ激しいいじめにあってしまう。

そのため大会にも間に合いそうになくなったブルースはヤケを起こし、会場で待つコーチのロンに電話を入れ「サルサなんて女の踊りだ」と言って大会を棄権した。

ブルースはシューズも燃やしてしまい、その日以来サルサは踊らなくなった。

それから25年が経った。ブルースは高性能な産業機械を製造販売する、GFD社で働いていた。

サルサを踊っていた頃とは違い、体は太ってしまい服にも気を遣わず、無精ひげを生やしたまま出勤するような男になっていた。

ある日、アメリカからブルースの部署に新任の上司がやってきた。

名前はジュリア。その日、社内でジュリアの歓迎パーティが開かれ、ブルースはジュリアに一目ぼれしてしまう。

妹のサムは、そんなブルースをけしかけるが、ブルースはジュリアとは住む世界が違うとはなからあきらめていた。

しかしサムは浮いた話の一つもないブルースを心配し、“努力して捕まえなきゃ”と背中を押した。

ブルースがゲイリーとミッキーのさえない男友達同士3人でパブに行くと、その店に偶然ジュリアがやってきた。

身を小さくして気づかれないようにするブルースだったが、友人から声をかけろとけしかけられジュリアの後を追い2階に上がった。

2階はサルサのダンススクールで、ジュリアはそこで基礎ステップを踏んでいた。

それを見たブルースはサムにそのことを報告すると、サムは、女は踊れる男に惚れるからジュリアのことが本当に好きなら、サルサで道を開くべきだと助言された。

ロンのことをネットで調べ、ブルースが会いに行きレッスンを乞うが、ロンはサルサを“女の踊り”と言ったことを忘れてはいなかった。

それでもロンは明日の晩にここに来るようにと言い、シャッターを閉めた。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「カムバック!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×