「キス&キル」のネタバレあらすじと結末の感想

コメディ映画

キス&キルの紹介:2010年公開。運命的な出会いで結婚した夫が、元凄腕のスパイで命を狙われる事になった夫婦の逃走劇を描いた作品。監督は「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティック。音楽は「サイドウェイ」のロルフ・ケント。撮影は「タイタニック」のラッセル・カーペンター。主演は「バタフライ・エフェクト」のアシュトン・カッチャーと「かぞくはじめました」のキャサリン・ハイグル。

予告動画

キス&キルの主な出演者

スペンサー・エイムス(アシュトン・カッチャー)、ジェン・コーンフェルド(キャサリン・ハイグル)、ミスター・コーンフェルド(トム・セレック)、ミセス・コーンフェルド(キャサリン・オハラ)、ヴィヴィアン(キャサリン・ウィニック)、クリステン(ケイシー・ウィルソン)、ヘンリー(ロブ・リグル)、ホルブルック(マーティン・マル)

キス&キルのネタバレあらすじ

【起】- キス&キルのあらすじ1

ジェンは彼氏に二股をかけられて別れたばかりです。両親と一緒にフランスに旅行に行きます。
宿泊先のホテルで出会ったのは、イケメンのスペンサーです。運命を感じたジェンは、彼と食事に行くことになります。
実はスペンサーは凄腕のスパイで、ヘリコプターの爆破をセットします。ヘリコプターは爆破して木端微塵になります。
ジェンとスペンサーは、お互いに惹かれ合います。ジェンは嘘をついていたことを正直に告白します。
スペンサーも凄腕のスパイである事を打ち明けます。しかし、ジェンは眠ってしまって聞いていませんでした。それから二人は愛を育みます。
ボスのホルブルックがスペンサーに、次の依頼を話してきます。
スペンサーはこの間まで仲間だった人物が標的で、疑問を持ち始めます。平凡な暮らしがしたいと足を洗うことにします。
スペンサーは、ジェンの父にジェンと結婚したい事を話します。了承してもらって、ジェンと結婚します。

【承】- キス&キルのあらすじ2

それから3年が経って、翌日はスペンサーの誕生日です。ジェンがフランス行きのチケットをプレゼントします。
フランスは、スパイをしていたスペンサーにとっては複雑な場所でした。ジェンにとっては、出会えた場所で思い出に浸りたかったのです。
ジェンは急な出張を依頼されて、翌日から遠くに行かなければならなくなります。今晩、サプライズでスペンサーの誕生日パーティーを開く事にします。
その頃、スペンサーの職場のデスクには、ホルブルックからの暗号の手紙が届いていました。スペンサーは暗号を解いて、ホルブルックに電話をかけます。
仕事をしなければ危険が及ぶと言われますが、足を洗ったスペンサーは拒絶します。
誕生日パーティーは自宅で開かれて、スペンサーは上の空です。同僚で友人のヘンリーが泊まることになります。
翌朝、スペンサーは出張に行くジェンを急いで行かせます。目覚めたヘンリーにコーヒーをあげてると、突然襲ってきます。
ヘンリーは何者かに雇われた殺し屋だったのです。そこにジェンが戻ってきて驚きます。

【転】- キス&キルのあらすじ3

スペンサーはジェンに銃をとってきてもらいます。まさかのジェンが発砲して、ヘンリーを拘束することにします。
どうやらスペンサーには2000万ドルの懸賞金がかけられている様子です。更に別の場所から、銃撃されます。
スペンサーとジェンは、車庫の車に乗って逃げます。しかし、拘束を解いたヘンリーが追ってきます。
スペンサーはヘンリーを始末します。そして、ジェンに自分の正体を明かします。嘘をついていたとジェンは怒り心頭です。
二人は、ホルブルックのいるホテルに行きます。彼は殺されていて、彼の時計の中にあったチップが抜き取られている事が分かります。
ジェンは吐き気が凄くて、妊娠を疑います。お店で妊娠検査薬を買うことにします。
二人はスペンサーの職場に行って、ヘンリーのパソコンから情報を探します。2年前の写真など、ヘンリーが自分達の事を調べていた事が分かります。
ジェンは、一人でトイレにこもって妊娠検査薬を試します。その間、スペンサーは物音がして様子を見に行きます。
同僚のヴィヴィアンが仕事をしていました。安心していたら、彼女が襲ってきます。彼女も殺し屋でした。

【結】- キス&キルのあらすじ4

ジェンが様子を見に行くと、スペンサーがやられそうになっていました。スペンサーは鹿のシャンデリアを利用して、ヴィヴィアンを倒します。
ジェンは妊娠していた事が分かります。その事より、銃の弾を優先したスペンサーに呆れて、別れを告げて行きます。
独りになったスペンサーに、同僚のオリヴィアが襲ってきます。ジェンが助けにきてくれて、倒すことに成功します。
自宅にある金や荷物を取りに戻ることします。しかし、友人の3人が殺し屋で襲ってきます。
ジェンとジェンの母が人質にとられます。殺し屋を倒した後、ジェンの父が殺し屋の雇い主だと分かります。
チップを抜き取ったのも彼でした。ヘリコプターに乗るはずだったのも彼で、スペンサーに気づいて乗るのを辞めたそうです。
ホルブルックの次の標的は、ジェンの父でした。ジェンの父は、チップにスペンサーの名前があって殺し屋を雇ったのです。
ジェンは、お互いに信頼し合おうと言い始めます。嘘をついていたことを話し始めます。ジェンの父は、パイロットではなく、政府の仕事をしていた事が分かります。
お互いに仲直りして、ジェンが赤ちゃんを産みます。両親に赤ちゃんの面倒を頼んで、ジェンとスペンサーが出かけてエンディングです。

関連する映画

コメディ映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、友人達が殺し屋で次々と襲ってきて戦う場面です。戦闘シーンは、格闘戦やカーチェイス、銃撃戦などスピード感があって面白いです。
それだけでなく、右も左も分からないキャサリン・ハイグル演じるジェンの様子が面白さを引き立ててます。
前半はドラマ要素やコメディ要素が多めです。後半はアクションが多くて、コメディ要素も取り入れられている印象です。
スペンサー役のアシュトン・カッチャーのムキムキの上半身が見れる映画です。少しの時間ですが、女性の方は嬉しい映像ではないかと思います。
また、フランスの豪華なホテルと美しい景色が見れるので、外国に旅行に行ったような気分になれます。
出演者の中で注目して欲しいのは、妊娠検査薬の商品の案内をしてくれる販売員のケヴィンを歌手のアッシャーが演じています。彼のファンの方にはたまらない場面かと思います。
この作品はドタバタ感が面白くて、スピード感のあるアクションシーンなどエキサイティングできる映画なのでお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「キス&キル」の商品はこちら