映画:キッド

「キッド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

キッド(1921年)の紹介:1921年公開。チャーリー・チャップリン監督・脚本・制作・主演で贈る作品。捨て子を拾ってしまったチャーリーと、子供との情愛を描いている。喜劇と悲劇の融合が取り入れられたサイレント映画。

あらすじ動画

キッドの主な出演者

放浪者(チャールズ・チャップリン)、ジョン(ジャッキー・クーガン)、捨て子の母親(エドナ・パーヴァイアンス)、芸術家の男(カール・ミラー)、木賃宿の男(アルバート・オースチン)、スラム街の看護婦(ネリー・ブライ・ベイカー)、興行主、木賃宿の管理人(ヘンリー・バーグマン)、自動車泥棒・客・夢の中の悪魔(ジャック・クーガン・シニア)、夢の中で放浪者を誘惑する天使(リタ・グレイ)、町医師(ジュール・ハンフト)、芸術家の友人(グランヴィル・レッドモンド)、メイド(メイ・ホワイト)、警官(トム・ウィルソン)、街の乱暴者(チャールズ・F・ライスナー)

キッドのネタバレあらすじ

【起】– キッドのあらすじ1

一人の女性が赤ん坊を抱いて、病院から退院してきます。彼女は自然豊かな公園のベンチに座り、身よりもなく、男も彼女の写真を見ているだけです。

屋敷の前に停めてある車を見つけて、彼女は赤ん坊を後部座席に捨てていきます。彼女が去った後、2人の男がその車を盗んで走らせます。

しばらく走って停車し、2人の車泥棒は赤ん坊の声に気づきます。彼らは赤ん坊を路地裏に捨てていき、車に乗って走り去ります。

そこへタバコを吹かしながら、放浪者のチャーリーがやってきます。通りの家の二階からゴミが降ってきて、やれやれとタバコに火をもう一度つけます。

すると道端に赤ん坊がいるではありませんか。乳母車を押している女性が通りかかったので、落とし物ですよと親切にも乳母車に乗せてあげます。

違うわよと怒る彼女に驚いて、チャーリーは赤ん坊を抱いて元の場所に置いていきます。振り返ると警官が立っていて、これはまずいと赤ん坊を抱いて歩きます。

杖をついているお爺さんがいたので、チャーリーは赤ん坊を渡してサササと逃げていきます。困ったお爺さんは、乳母車を見つけたので赤ん坊を乗せていきます。

これで安心と、チャーリーがのほほんと歩いていると、赤ん坊がまたしても乳母車に乗っていて、女性が怒ってやってきます。彼女に傘でしばかれるチャーリーでした。

その様子に気づいた警官がやってきて、チャーリーは赤ん坊を抱いて歩いていきます。排水口の中に置いていこうか考えていると、赤ん坊を包んでいる毛布の中から一枚のメモ紙を見つけます。

メモには赤ん坊をよろしくと書いてあり、チャーリーは次第に赤ん坊のことが可愛くなってきます。家へと連れて帰ると、1階の入り口にいた女性が、あんたの子かい?と声をかけてきます。

チャーリーは名前も聞かれたので、ジョンと答えます。自室に連れて帰ると、ジョンが泣いて困ります。食べ物を与えますが食べようとしません。

その頃、ジョンの母親は赤ん坊が心配になって車のあった場所に戻ってきます。車がなくなっていて、出てきた男性に聞きます。

彼も車がなくなって困っている様子で、屋敷の呼び鈴を鳴らします。執事に聞くも分からない様子で、母親は倒れ込んでしまいます。

ジョンは、天井から紐でぶら下がったヤカンを哺乳瓶代わりに吸っています。隣ではチャーリーが服をたたんだり切ったりして、ボロボロの椅子を切って工夫したりしています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「キッド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×