映画:ギャラクシークエスト

「ギャラクシークエスト」のネタバレあらすじと結末

コメディ映画

ギャラクシー・クエストの紹介:SFドラマのキャストが異星人に助けを求められ、残酷な侵略者に立ち向かう姿をユーモラスに描いたコメディ作品。優れたSF、ファンタジー作品に贈られるヒューゴー賞を受賞した。1999年アメリカ製作。

あらすじ動画

ギャラクシークエストの主な出演者

ジェイソン・ネズミス(ティム・アレン)、グウェン・デマルコ(シガニー・ウィーヴァー)、アレクサンダー・デイン(アラン・リックマン)、フレッド・クワン(トニー・シャルーブ)、ガイ・フリーグマン(サム・ロックウェル)、トミー・ウェバー(ダリル・ミッチェル)

ギャラクシークエストのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ギャラクシークエストのあらすじ1

物語の舞台はアメリカ、とあるイベント会場。ここには、大人気SFドラマ「ギャラクシー・クエスト」のファンが集っていました。ドラマ自体の放送は約20年前に終了していましたが、その人気は根強く、宇宙船プロテクター号と異星人との戦いは今もファンの心をつかんでいました。ファンがこのとき心待ちにしていたのは、メインイベントである出演キャスト5人の登壇でした。しかし、ドラマでの団結力とは裏腹に、キャストたちの素顔はファンの期待から遠く離れたものでした。

ジェイソン・ネズミス
ドラマ屈指の人気を誇るタガート艦長を演じた俳優。物語上は勇敢な艦長ですが、実際の性格は自分勝手なお調子者で、他のキャストからは毛嫌いされています。ファンへのリップサービスが多く、「決してあきらめるな」というドラマの名台詞を言って、ファンをいつも沸かせています。

グウェン・デマルコ
副官のマディソンを演じた女優で、金髪巨乳の美女。劇中の主な役割がコンピューター音声の復唱という地味なものであったこともあり、胸のことばかり話題にされるのを気にしています。

アレクサンダー・デイン
主要キャスト唯一の異星人で、トカゲ頭の医師ドクター・ラザラスを演じた男優。シェイクスピアの舞台劇で活躍した過去があり、エイリアン役をやってしまったことを深く後悔しています。ネズミスのふるまいに一番腹を立てている人物でもあり、美味しいところを横取りするネズミスとたびたび衝突しています。劇中の決め台詞は「グラブザーの槌にかけ復讐を」ですが、本人はこの台詞を嫌悪しています。

フレッド・クワン
技術主任チェンを演じた男優。劇中、私生活ともに冷静で落ち着いた性格で、他のキャストがドラマでの役柄やネズミスに文句をつける中、唯一穏やかに過ごしています。

トニー・ウェバー
プロテクター号の操縦士であるラレド大尉を演じた男優。ドラマ放送当時は子どもでしたが、現在は成人。アレクサンダーほどではありませんが、ネズミスを嫌っています。

主要キャストたちはドラマの終了後、俳優として売れることがなかったため、このファンの集いは貴重な仕事の機会でした。上機嫌でファンと交流する中で、ネズミスはクラトゥ星雲のサーミアン星人と名乗る男女4人に話しかけられました。この4人はドラマに登場するような異星人の格好をしており、奇妙な話し方をしていました。彼らはネズミスに助けを求めてきましたが、ネズミスは彼らをドラマオタクと決めつけ、会話を軽く流してしまうのでした。

その後、トイレに行ったとき、ネズミスは心ないファンの陰口を聞いてしまいます。「ネズミスは痛いよな」、「仲間たちさえ笑い者にしてる、哀れだね」…ネズミスはこの言葉にショックを受け、途端に暗い表情になってしまいました。その後、ブランドンという少年と仲間たちがドラマの設定について熱心に質問してきましたが、ネズミスは彼らに八つ当たりをし、会場を出て行ってしまいました。グウェンはファン思いのネズミスの豹変に驚き、心配するのでした。

その夜、ネズミスはやけ酒をし、翌朝はひどい二日酔いになっていました。目覚めると、ネズミスは昨日のイベントでサーミアン星人と名乗った4人が家を訪ねてきていることに気づきました。彼らの話によれば、現在ファトクリ星のサリスというエイリアンから侵略を受けているといい、ネズミスに窮地を救って欲しいといいます。ネズミスは話を本気にせず、冗談半分で彼らについて行きました。その道中でネズミスは昼寝をしてしまい、目覚めたときには「ギャラクシー・クエスト」の世界観を忠実に再現した空間にいることに気づきました。ネズミスはファンが作ったセットであると思い込み、実際の撮影セットより作り込んであることに感心しました。

【承】- ギャラクシークエストのあらすじ2

その後、司令デッキに行くと、全身が緑色の甲殻に覆われたエイリアン、サリスがモニターに現れますが、ネズミスはここでもサリスが特殊メイクをした俳優だと思い込んでしまいます。ネズミスは二日酔いを引きずっていたこともあり、強力な素粒子砲を撃つよう適当な指示を出しました。サーミアン星人たちはその指示に怯えながらも、尊敬するネズミスの言葉に従いました。

その後すぐにネズミスは地球に戻ることを望み、転送室へと案内されました。別れ際、サーミアン星人のリーダー、マセザーが手の平サイズの星間通信機を託してきましたが、ネズミスはこの機械もドラマに登場した通信機の模造品だと思っていました。その後、転送機が動き出すと、ネズミスは目の前の光景に度肝を抜かれました。突然ネズミスの全身を水色のジェルが覆うと、ゲートが開かれ、間近に宇宙空間が現れたのです。しかし、驚いている暇もなく、ネズミスは宇宙空間をものすごいスピードで進んでいき、気づいたときには、地球の自宅に到着していました。

先ほどまでの出来事が本当に宇宙空間で起きたことに気づいたネズミスは、急いで他のキャストたちが集うイベント会場に急ぎました。その途中、ネズミスは昨日八つ当たりしたブランドンとぶつかってしまい、ブランドンが持っていたファングッズの通信機と本物の通信機が入れ替わってしまいました。ネズミスは必死にグウェンたちに宇宙空間に行ってきたことを説明しますが、手にしていたのはグッズの通信機だったため、誰も信じる者はいませんでした。

そのタイミングでサーミアン星人が再び現れました。あの攻撃でサリスは死なず、現在降伏するよう迫られているといいます。ネズミスは一緒に宇宙に行ってサーミアン星人を助けようと熱心に語りかけますが、グウェンたちはそんなネズミスにあきれ果てました。しかし、しばらくしてからグウェンたちは考え直し、ネズミスの話を聞くことにしました。自己中なネズミスがここまで仲間に働きかけてくることはこれまでなく、一度話を聞いてみようと思ったのです。

そこで、グウェンたちは女性のサーミアン星人のラリアリに話しかけ、ネズミスが言う宇宙船に連れて行って欲しいと頼みました。そこに、なにかと最近グウェンたちの後をついて回る脇役キャストの男も同行したいと言い出しました。男はガイという名の俳優で、第81話冒頭ですぐ死んだ役を演じていました。ラリアリはすぐにグウェンたちを宇宙船に転送し、あっという間に一行は宇宙船に到着しました。

ネズミスと同じように、グウェンたちは信じられない光景を目にし、言葉を失いました。そのうえ、すぐに巨大なタコのようなエイリアンたちが現れ、グウェンたちはまったく状況が理解できません。しばらくすると、タコたちは人型に姿を変えました。サーミアン星人の本当の姿はこのタコの姿で、特殊な装置を使って人間に変身していました。グウェンたちが困惑する中、フレッドだけが初めて見る宇宙船に心躍らせていました。また、親身に案内してくれるラリアリにフレッドは好意を抱くようになっていきました。

グウェンたちはネズミスと宇宙船で合流を果たし、プロテクター号に乗り込むこととなりました。プロテクター号の操縦席はドラマのトニーの動きに合わせて設計されており、トニーは最初こそ操縦に苦戦したものの、プロテクター号の発進に成功、ネズミスたちは宇宙空間へと出て行きました。

その後、サーミアン星人のリーダー格であるマセザーと会話する中で驚くべき事実が発覚しました。サーミアン星人は地球から受信した「ギャラクシー・クエスト」の映像を観たといい、ドラマを実際にあった歴史ドキュメンタリーと勘違いしていたのです。サーミアン星人には嘘という概念がなく、見たものすべてを本物と考える無邪気なエイリアンでした。サーミアン星人は勇気とチームワークと友情の物語に深く感動し、ネズミスたちの任務と戦略を研究し、忠実に宇宙母船とプロテクター号を再現していました。

しかし、サーミアン星人は開発技術に優れていても、戦略戦術に疎く、サリスの侵略の危機にさらされていました。サリスの要求は「オメガ13」、それはプロテクター号の秘密兵器の名前でした。サーミアン星人たちは映像で見た情報からオメガ13と同じものを作り出してはいましたが、実際それがどんな働きをするものか理解していませんでした。実は、ドラマに出ていたネズミスたちもオメガ13の正体を知りませんでした。ドラマの最終話は、敵に追い詰められたプロテクター号がオメガ13を起動するところで終わっており、その詳細が説明されることはなかったのです。

さらに、マセザーは前艦長がサリスに捕らわれて拷問死したことを明らかにし、そのときの映像を見せてきました。ネズミスを除くキャストたちはこの映像を見て態度を豹変させ、すぐに地球に戻ろうとしました。特に怯えていたのはドラマでも実際に死ぬ役だったガイで、このまま関われば状況説明のために殺される脇役になってしまう、と泣きそうになっていました。

【転】- ギャラクシークエストのあらすじ3

しかし、このときすでにサリスの宇宙船はプロテクター号に接近しており、転送ポッドを使うのは不可能な状況となっていました。やむなくネズミスたちはデッキに戻り、サリスとの交渉に臨みますが、不注意が重なり交渉は決裂。サリスの宇宙船から猛攻撃を受けてしまいました。トミーはすぐにその場から離脱を図りますが、向かった先には大昔の大戦で使った機雷原が大量に広がっていました。トミーは必死に機雷原を避けようとしますが、機雷は磁気に反応して次々とプロテクター号に直撃していきました。なんとか機雷原を突破したものの、この戦闘でプロテクター号の動力源であるベリリウム球体が失われてしまいます。そこで、ネズミスたちは近くの鉱山惑星に向かい、ベリリウム球体を調達することとなりました。

鉱山惑星に向かう準備を進める中で、アレクサンダーはサーミアン星人の青年クエレックに話しかけられました。青年はアレクサンダーを心から尊敬し、あの決め台詞を口にしようとしました。しかし、アレクサンダーはそれを遮ってしまうのでした。

その後、ネズミスたちは小型飛行艇に乗って惑星に到着し、ベリリウム球体を発見しました。しかし、そこにはどう猛なエイリアンが何体もおり、ネズミスたちはエイリアンたちに追いかけられながらベリリウム球体を運んで行きました。しかし、飛行艇にあと少しで乗れるというところでネズミスが仲間をかばい、飛行艇に乗り遅れてしまいました。

残されたグウェンたちはすぐにプロテクター号に戻り、ネズミスの救出作戦を考え始めました。そこで、サーミアン星人はデジタル移送機を使ってネズミスをプロテクター号に移送することを提案しました。このデジタル移送機はドラマの中にも出てきており、操縦はフレッドが担当していました。フレッドは緊張しつつもモニター越しに操縦し、まず始めにネズミスを襲おうとしている怪物に照準を合わせ、移送を実行しました。ところが、怪物はぐちゃぐちゃになって移送され、移送機の周りには大量の怪物の肉片が飛び散りました。サーミアン星人は移送機が人間の移送を想定して作っていると語りますが、フレッドは怖気づいてしまいます。

そうしている間にも、ネズミスの前には新たに大きな岩の怪物が登場、命の危険にさらされてしまいます。ネブミスは通信機でフレッドを必死に励まし移送をするよう語りかけますが、フレッドは怯えてしまっていました。そのときでした。ちょうどラリアリがデッキに入り、フレッドに笑いかけてきました。これに勇気づけられたフレッドは再びデジタル移送機を操作、見事にネズミスの移送を成功させました。

一行はネズミスの生還を喜びますが、喜んでいられる暇はありませんでした。突然サリスとその一味がプロテクター号に侵入し、ネズミスたちとサーミアン星人を捕らえてしまったのです。サリスはオメガ13の正体を知るためマセザーやネズミスをひどく痛めつけ、グウェンまでも拷問しようとしました。ネズミスはこの状況に耐えられず、オメガ13は想像上の産物で、自分たちはドラマの役をやったに過ぎないと暴露しました。ネズミスはドラマに出てくる宇宙船や装置はすべて作り物だと明らかにし、「俺と同じ」と悲しげに語りました。マセザーはこの言葉にショックを受け、言葉を失ってしまうのでした。

その後、サリスはネズミスたちを宇宙空間に放り出し、船内のサーミアン星人を窒息死させるため船内の酸素弁を開けました。絶体絶命の危機に陥るネズミスたちとサーミアン星人たちでしたが、ネズミスたちは決してあきらめるつもりはありませんでした。ネズミスとアレクサンダーはわざと小競り合いを起こし、サリスの手下たちを油断させると、一斉にその場にあった資材で殴りつけました。ネズミスたちは見事な連携で手下たちを宇宙空間へと放り出すことに成功しますが、この間にもサーミアン星人は酸素不足の中一室に閉じ込められており、さらにサリスの手によって炉心爆発装置が作動していました。

ここで、ネズミスたちは役割を分担しました。ネズミスとグウェンは炉心爆発装置の停止、アレクサンダーは大勢のサーミアン星人がいる部屋の解放、フレッド、ガイ、ラリアリは酸素弁の閉栓、そして、トミーは昔のドラマ映像を観ながら一人操縦の特訓を行うこととなりました。

炉心爆発装置にたどり着くには船内の詳細な地図が必要であり、ネズミスは助っ人を呼ぶため星間通信機を起動させました。すると、ドラマの熱烈なファンのブランドンに通信が繋がり、ネズミスは状況を説明し助けを求めました。ブランドンは本当にドラマの世界が実在することを喜び、すぐにファン仲間と通信を開き、炉心爆発装置の場所まで道案内しました。

その道中、ネズミスはブランドンにオメガ13の正体を尋ねてみました。すると、ブランドンは「過去に13秒飛べる」という有力な説を紹介しました。13秒あれば、一つの過ちを正すことができる…ネズミスはブランドンの話を聞いてふとそう思うのでした。その後、ネズミスたちはなんとか炉心爆発装置までたどり着き装置を解除、プロテクター号爆発の危機はひとまず回避されました。

【結】- ギャラクシークエストのあらすじ4

同じ頃、フレッドたちは身動きを取れずにいました。サリスの大勢の手下たちが空調室にいたのです。しかし、ここでフレッドは名案を思いつきました。デジタル移送機を使って、あの岩の怪物をサリスの手下たちがいる部屋に移送したのです。サリスの手下たちは部屋から逃げ出しますが、岩の怪物は執拗に手下たちを追いかけ、暴れまわりました。最終的に、手下たちも怪物も宇宙空間に放り出されてしまいました。このフレッドの勇姿にラリアリは魅了され、ガイがいるにもかかわらず、二人はディープキスを楽しむのでした。

こうして無事酸素弁は開栓され、アレクサンダーは途中で合流したクエレックとともに兵舎の部屋を解放しました。しかし、仲間たちとの再会を喜ぶ間もなく、クエレックは潜伏していたサリスの手下の銃撃を受け、致命傷を負ってしまいました。「お会いする前から父のように慕ってました」…クエレックがそう語ると、アレクサンダーはあの名台詞を口にしました。「グラブザーの槌とウォーヴァンの息子にかけ この復讐は必ず果たす」…アレクサンダーの言葉にクエレックは感激し、その後すぐ息を引き取りました。アレクサンダーはクエレックの死に怒り、船内に残るサリスの手下たちを次々と打ち倒して行きました。

その後、ネズミスたちは司令デッキに戻り、サリスの船と対峙しました。ここでネズミスは機雷原を利用した作戦を思いつきます。あえて機雷原を引き連れて飛行し、サリスの船にぶつけてやろうというのです。トミーの特訓の成果が実り、この作戦は大成功に終わり、サリスの船は大爆発を起こすのでした。

ネズミスたちがサーミアン星人とともに勝利に沸いていると、マセザーはネズミスたちが味方から騙す大胆な作戦をとったと感激していました。ネズミスは次の艦長にマセザーを指名し、デッキ内は感動に包まれました。

ところがそのとき、デッキに入ってきたフレッドが突然ネズミスたちに銃撃を加えてきました。サリスがネズミスたちを油断させるため、フレッドに変身していたのです。多くの仲間たちが倒れる中、ネズミスはオメガ13の起動をコンピューターに指示しました。

すると次の瞬間、ブランドンの言う通りに13秒だけ時間が過去に飛んでいました。ネズミスは過ちを繰り返させまいとデッキに入ってきたフレッドに化けたサリスを思いっきり殴りつけました。しかし、ネズミスは事情を知らないグウェンたちに押さえつけられてしまいます。そうしている間にサリスは変身を解き、ネズミスたちに攻撃を加えようとしました。そのとき、マセザーがとっさに自らの松葉杖でサリスを殴打、やがてサリスは気絶しました。マセザーは「決してあきらめるな」と誇らしげに笑顔を見せました。

その後、ネズミスたちは地球に帰還することとなり、大気圏突入の負荷を軽減するためにプロテクター号からデッキ部分が分離されることとなりました。マセザーたちがネズミスたちと別れを告げる一方、ラリアリはこのままフレッドと地球で生きていくことを決断しました。

ネズミスたちは目的地を「ギャラクシー・クエスト」のイベント会場に定め、ブランドンたちに花火を使った誘導を依頼しました。地上からの支援もあり、ネズミスたちが乗った船は目的地に順調に近づいていきました。しかし、スムーズな着陸には失敗し、船は会場に突っ込んでしまいました。しかし、このハプニングがかえってファンを沸かせることとなりました。ファンは衝突した船からよろよろと現れるネズミスたちの姿に大興奮しました。

そのとき、サリスが目を覚ましてしまいました。しかし、すぐにネズミスがサリスの存在に気づき、とっさに持っていたビーム銃でサリスを撃ちました。サリスが爆発を起こしその場から消え失せると、会場のファンたちはさらに大きな歓喜の声を上げました。その中にはブランドンとその仲間の姿もあり、誇らしげにネズミスたちの姿を眺めていました。その後、ネズミスはグウェンにキスをしました。この数時間の冒険を通して、二人の間のわだかまりは消え、愛し合う仲となったのです。その後、ネズミスは自分ばかり目立とうとせず、グウェンたちとともに整列し、ファンにお辞儀をしました。

それから間もなく、「ギャラクシー・クエスト」の18年ぶりの続編が完成しました。主要キャスト5人は続投し、新たなメンバーが二人加わりました。一人はラリアリ、フレッド演じるチェン技術主任の恋人を演じます。もう一人は保安主任インガソルで、ガイが演じることとなりました。宇宙の彼方に向けて発信するプロテクター号を映し、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

テンポの良いコメディが心地よく、また、主人公たちが人間的に成長していく様も素晴らしく、コメディと人間ドラマのバランスが絶妙な作品でした。終盤ではファンたちの活躍も描かれており、主人公たちとともに奮闘するまっすぐな姿も感動的でした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ギャラクシークエスト」の商品はこちら