映画:グッドモーニングショー

「グッドモーニングショー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

グッドモーニングショーの紹介:2016年10月公開の日本映画。中井貴一が次から次へと降りかかる災難に翻弄されるワイドショーのキャスターを演じ、その波乱の一日を描くコメディ。同僚女子アナからの告白、番組打ち切りの危機、立てこもり事件の現場取材など、度重なるピンチに挑む男の奮闘をつづる。

あらすじ動画

グッドモーニングショーの主な出演者

澄田真吾(中井貴一)、小川圭子(長澤まさみ)、三木沙也(志田未来)、石山聡(時任三郎)、澄田明美(吉田羊)、西谷颯太(濱田岳)、黒岩哲人(松重豊)、秋吉克己(池内博之)、松岡宏二(林遣都)、館山修平(梶原善)、新垣英莉(木南晴夏)、府川速人(大東駿介)、清水あやめ(折井あゆみ)、成本一美(森脇英理子)、田辺千秋(小谷早弥花)、下田知世(東亜優)、情報制作部副部長(遠山俊也)、報道部長・松岡(小木茂光)、フロアチーフディレクター(上野なつひ)、AD(大西礼芳)、報道記者(志野リュウ)、スイーツ店の店長(水谷あつし)、澄田賢治(弥尋)、立てこもり事件の人質(山田望叶)

グッドモーニングショーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①朝の情報バラエティ番組『グッドモーニングショー』のキャスター・澄田に災難。息子・賢治の授かり婚発言、サブキャスターの圭子から交際発表しようという発言、石山プロデューサーからは番組の打ち切りが告げられる。更に都内のカフェで銃を持った男の立てこもり事件が発生。犯人の要求は澄田。澄田は現場へ向かう。 ②2年前同店舗で起きた火災の罪を問われた西谷が犯人。取材して調査すると言っておきながら放置した澄田が許せず呼び出した次第。犯人が投降して事件は解決、翌日は澄田の釈明会見の予定。

【起】– グッドモーニングショーのあらすじ1

東京都。

澄田真吾は朝のワイドショー『グッドモーニングショー』のメインキャスターを務める中年男性です。

『グッドモーニングショー』は、グルメあり、天気予報あり、占いあり、スポーツ情報あり、ニュースありの、朝7時から2時間枠のバラエティ情報番組でした。

朝7時から放送開始ですが、澄田は午前3時に起床します。

その日、出勤しようとした澄田に、とんでもない私生活のニュースが舞いこみました。

澄田は元女子アナの妻・明美と、大学生のひとり息子・賢治と暮らしています。

その息子・賢治が交際相手の女性を妊娠させてしまい「俺、結婚するから」と言い出したのです。

「仕事もしていない、まだ学生の分際で!」と一喝しようとした澄田ですが、賢治に「親父だって、朝からケーキ食ってはしゃいでるだけじゃない。そっちは胸張れる仕事してるの?」と切り返されて、絶句しました。

出社の時間も迫っており、話はお預けにして澄田は呼び出していたタクシーに乗り込みます。

まだ明け切らない中を走る澄田のタクシーに、同じタクシーが並びました。そこにはサブキャスターを務める女子アナウンサー・小川圭子が乗っています。

圭子から電話を受けた澄田は、「だって私、忘れることなんかできません。今日の本番中に、発表しましょう。責任とってくださいね」と言われ、焦りました。男女の仲になっているわけではないのに、圭子にそう思われているのです。

スタジオでは早朝から何十人ものスタッフが総出で、セットを組んでいました。番組の最初の話題を「島平議員の脱税のニュース」にするか「森レイラと佐之介の熱愛発覚」にするかで、ひと悶着あります。「ウルゴビアで紛争」という海外ニュースもあります。

『グッドモーニングショー』は報道部の片隅にある、小さな部署でした。報道部とワイドショー部は、互いに譲れない確執のようなものがあり、報道部が幅を利かせています。

出勤した澄田に、プロデューサーの石山聡が声をかけてきました。澄田と石山は屋上に出ます。

澄田にもたらされたのは、番組打ち切りの話でした。キャスターも変わるので、澄田はいわば降格扱いで、給料も減ります。

石山は澄田に「あの時どうして本当のこと言わなかった」と責めますが、澄田は黙ります。

…澄田は以前、報道番組の最前線で働く、現場のキャスターでした。

台風の被災地の現地レポートの時、カメラの指示出しが遅く「笑顔で顔に泥を塗る澄田」が映し出されたのです。

視聴者はそれを見て澄田を攻撃しました。「テレビでヤラセをやっていいのか」と叩かれた澄田は、何も反論せずただ謝罪しました。その時のことを石山は言っているのです。

真相を知るのは、その場にいたごく少数の者だけでした…。

澄田と石山は同期入社です。ですから、澄田が「ごまかしてほしい時、あごをこする癖がある」ということを、石山はよく知っています。

さて番組開始の時間が迫り、澄田もドーランを顔に塗り始めました。隣にいる圭子に話しかけます。

ぶっちゃけてしまうと、澄田と圭子の間には何もありません。付き合っていた彼氏と別れて落ち込んだ圭子を、澄田が慰めた…ただそれだけなのです。

ところが圭子は思い込みが激しい女性でした。「澄田に優しくされた」という事実だけが大事で、だから澄田がロケの土産としてスタッフ全員に配った、ひこにゃんのストラップ(腹を押すとぴゅーぴゅー音が鳴る)も、大事に思っています。

番組開始直前に、緊急速報が局内アナウンスで流れました。「午前6時、品川区大崎駅近くのカフェに男が侵入し、立てこもり」という情報です。

速報と共に、中継を繋ごうと担当ディレクター・府川速人がバイクで出ていきました。現場に到着した府川から、素材の映像が入ります。

その府川に、警視庁特殊班リーダーの男性・黒岩哲人が話しかけました…。

同じ頃、スタジオでは本番間際の澄田に、妻・明美から電話がかかってきます。

明美は息子・賢治の結婚後の話をしたいようですが、切り上げたい澄田は電話を石山に譲り、あごをかいて「ごまかしてくれ」という合図を送りました。石山がフォローします。

午前7時になり、番組が開始しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「グッドモーニングショー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×