映画:グランドブダペストホテル

「グランドブダペストホテル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

グランド・ブダペスト・ホテルの紹介:2014年公開作品。「グランド・ブダペスト・ホテル」という高級ホテルを舞台に繰り広げられた物語が、当時のボーイが作家に語りながら描かれる。監督・脚本・原案を務めたのは『ライフ・アクアティック』『ムーンライズ・キングダム』などの独特の作風で知られる映画監督ウェス・アンダーソン。第87回アカデミー賞で4部門を受賞するなど、数多くの映画賞を受賞した作品。

あらすじ動画

グランドブダペストホテルの主な出演者

ムッシュ・グスダヴ・H(レイフ・ファインズ)、ミスター・ムスタファ(F・マーリー・エイブラハム)、ゼロ(トニー・レヴォロリ)、作家(トム・ウィルキンソン)、若き日の作家(ジュード・ロウ)、セルジュ・X(マチュー・アマルリック)、ドミトリー(エイドリアン・ブロディ)、ジョプリング(ウィレム・デフォー)、コヴァックス(ジェフ・ゴールドブラム)、ヘンケルス(エドワード・ノートン)

グランドブダペストホテルのネタバレあらすじ

【起】– グランドブダペストホテルのあらすじ1

グランドブダペストホテルのシーン1

画像引用元:YouTube / グランドブダペストホテルトレーラー映像

 雪が積もる中、ある女性が銅像の前を訪れていました。眼鏡をかけた老人のその銅像の前に腰掛けたその女性は一冊の本を読み始めました。そのタイトルは『グランド・ブダペスト・ホテル』。

 1985年。作家はこう語りました。「作家だから面白い話が浮かぶのではない。作家となると、良い話が自然に集まってくるのだ」と。1968年に彼はズブロフカの街にあるホテル、グランド・ブダペスト・ホテルで一人の老人からある話を聴いたのでした。

 1968年。作家は休養の為にホテルを訪れていました。大きなホテルで、かつては栄えていたのだろうと推測できましたが、現在ではほとんど宿泊客はいません。長期滞在の客ともなると大体は顔なじみになったのでした。そんな中、ある日ロビーで見知らぬ老人を見かけました。フロントにいる支配人に「彼は誰だ?」と訊ねると、驚いたように「知らないのですか?先代のオーナー、ミスター・ムスタファですよ」と返されました。彼は毎年この時期になるとこのホテルへ戻り何泊かしていくと言います。それも、大きなスイートではなく使用人が泊まる狭く窓もない部屋。そんな変わった人物でした。

 ある日、作家が入浴しているとムスタファと出くわしました。するとムスタファは「君の作品は面白い」と話しかけてきました。そこで会話を交わした二人は夜に食事をする約束をしました。

 大広間のテーブルに向かい合って座った二人。食事をしているのは彼ら含めて数組。食事をしながら作家はムスタファにひとつ質問をしました。「このホテルはあなたが買ったものですか?」と。するとムスタファは「私が買ったわけではない」と答えました。そして、昔の話を始めました。

 1932年。戦争が行われているこの時代、グスタヴ・Hが仕切るグランド・ブダペスト・ホテルは大富豪が集まる格式高いホテルとして繁盛していました・グスタヴはその憎めない人柄から多くの人物から慕われていました。その日も、マダムDという大金持ちの老婆がグスタヴに会いに来ていました。帰り際、マダムは「もうあなたに会えない気がする」と不安を口にして、コインを渡して「これで大丈夫なようにお願いして」と頼みました。マダムが帰った後、グスダヴは入口付近に立っていたボーイにコインを渡して願い事をしてくるように頼みましたが、そのボーイが見慣れぬ顔であることに気づきました。試験期間中だという彼の名はゼロ・ムスタファ。グスタヴはその場でゼロの面接をして採用。ゼロは正式にボーイとして働き始めました。

 

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「グランドブダペストホテル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ