「グレッグのダメ日記」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

【転】– グレッグのダメ日記のあらすじ3

グレッグのダメ日記のシーン3

画像引用元:YouTube / グレッグのダメ日記トレーラー映像

しばらくしてハロウィンの季節がやって来ます。グレッグはロウリーと共に、お金持ちが住む隣の地区まで行き、お菓子をいっぱい貰います。そこで、年上の不良たちに目を付けられ、追いかけられます。グレッグたちは不良たちに立ち向かおうとし、誤って不良たちの車を傷つけてしまいます。怒った不良たちに追い掛け回されますが、なんとか森の中に逃げ込み、逃げ切ることができました。

その後、学校が始まり、グレッグは次の作戦を考えます。グレッグたちは学校で募集していた安全パトロール隊員に立候補します。パトロール隊になれば、皆に一目を置かれると考えますが、アンジーからパトロール隊は、カーストの下位のオタクたちの集まりだと教えられます。しかもパトロール隊の仕事は、小学校低学年の子供たちの下校を先導する係でした。またしても人気者になる作戦は失敗に終わります。

秋が過ぎ、冬になったある日、ロウリーと遊んでいたグレッグは、ロウリーを骨折させてしまいます。それでもグレッグはギブスをするロウリーを大げさだと思っていました。

しかし、ロウリーが骨折したことから女子たちから心配され、声を掛けられるようになります。あっと言う間に、ロウリーは人気者になっていきます。その一方で一人残されたグレッグは、ロウリーが人気になれたのは自分のおかげなのに、見返りがないのはおかしいと思っていました。そこで、自分も手に包帯をしてブツブツができたと嘘を付きますが、全く相手にされません。

そんな中、学校新聞のマンガ担当のブライアンが病気になり、学校に来られなくなったため、新しいマンガ担当を募集することになります。グレッグは面白いマンガを描けば人気者になれると考え、ロウリーを呼んで、一緒にマンガを考えます。

しかし、グレッグはロウリーの描くマンガに「面白くない」とダメ出しばかり、結局、別々のマンガを描いて立候補することになります。その結果、なんと選ばれたのはロウリーでした。ますます人気者になっていくロウリーを見て、複雑な思いのグレッグでした。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「グレッグのダメ日記」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×