「ゲット スマート」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

コメディ映画

2008年公開のアメリカ映画。スティーブ・カレル主演のスパイアクション・コメディ作品。アメリカの秘密諜報機関に属するマックスと、整形手術を受けた美貌のエージェント99(アン・ハサウェイ)とがコンビを組み、国際犯罪組織との戦いに挑む。初めての現場でのスパイ任務に張り切るマックスだが、先々でドジを踏んでは相棒の足を引っ張ることに。

あらすじ動画

ゲット スマートの主な出演者

マックスウェル・スマート(スティーブ・カレル) エージェント99(アン・ハサウェイ) エージェント23 (ドウェイン・ジョンソン) チーフ ( アラン・アーキン ) シーグフリード(テレンス・スタンプ) ブルース (マシ・オカ) ロイド(ネイト・トレンス) シュターカー(ケン・デイヴィシャン) ダリープ(ダリープ・シン) エージェント91(テリー・クルーズ) ララビー (デヴィッド・ケックナー) 受付嬢ジュディ(ケリー・カーバッツ) 航空保安官 (ビル・ロマノウスキー) ダンス相手の女性(リンジー・ホリスター) ブロンドの女性(タチアナ・カブロヴァ) クリスティック(デヴィッド・S・リー) ハイミー (パトリック・ウォーバートン) シークレットサービス指揮官 (スティーヴン・ダンハム) 副大統領 (ジェフ・ピアソン) 大統領 ( ジェームズ・カーン)

ゲット スマートのネタバレあらすじ

【起】– ゲット スマートのあらすじ1

ゲット スマートのシーン1

画像引用元:YouTube / ゲット スマートトレーラー映像

マクスウェル・スマート(マックス)は、アメリカの秘密諜報機関「コントロール」で、分析官として長年勤務していた。花形である現場エージェントに憧れ、昇格試験を受け続けていたマックスだが、7回目の挑戦でようやく合格する。しかし、彼は分析官としての能力に秀でていることから、コントロールのチーフには現在のポジションに留まるように告げられ、昇格は見送られるのだった。

念願叶わず、落胆するマックスは夜の街に散歩に出る。そしてコントロールの本部に戻った彼が見たのは、国際犯罪組織「カオス」によって攻撃され、壊滅したオフィス内部だった。さらに、コントロールのエージェントたちの情報がカオスに知られることとなり、世界各地に散っているエージェントたちが次々に殺害されるという事態が起きていた。

この状況を受け、マックスはエージェント86として現場に派遣されることとなり、また最近整形手術を受けたばかりで敵に顔を知られていない、エージェント99とコンビを組むよう命じられる。しかし、現場経験のないマックスと一緒に仕事をすることに、経験豊富なエージェント99は難色を示す。

任務初日、マックスはエージェント99と共にロシアへ向かう機上にいた。機内で屈強ないでたちの男・ダリープを見たエージェント99は、彼が暗殺者ではないかと疑うが、マックスは分析官としてそれを否定する。そんな中、マックスは靴底のガムをマッチ棒で取り除こうとしたことから、乗客にテロリストだと疑われて航空保安官に拘束されてしまう。

懇願し、トイレに入ったマックスは、小型のクロスボウで手首の拘束を解こうと試みる。試行錯誤の後、拘束は解けたもののクロスボウが誤って脱出ボタンに当たってしまい、彼はパラシュートなしで機外に放り出される。それに気づき、パラシュートを背負ってマックスの救助に飛び立つエージェント99。さらに、さきほど彼女が暗殺者だと疑ったダリープもそれに続いた。

空中でエージェント99とマックスを攻撃するダリープ。エージェント99はそんなダリープにキスをして不意を突き、その隙にパラシュートを開いて攻撃をかわすことに成功する。一方、ダリープは豚小屋に落下するが一命は取り留めるのだった。無事に着地したマックスとエージェント99は、そこからカオスの潜伏するロシアへと向かう。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゲット スマート」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×