「ゲーム・ナイト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

「ゲーム・ナイト」はアメリカで製作された2018年公開のサスペンス・コメディ映画です。監督は人気ドラマ「BONES」のランス・スイーツ博士役で知られているジョン・フランシスと、ジョナサン・ゴールドスタイン、主演はジェイソン・ベイトマンとレイチェル・マクアダムスが務めました。ゲーム愛好家の夫婦マックスとアニーは、友人たちと毎週ゲームの日を開催していました。ある日、マックスとアニーたちは、マックスの兄ブルックスが開催する殺人推理ゲームに参加しますが、予想不能なハチャメチャな展開に発展していく…。  

あらすじ動画

ゲーム・ナイトの主な出演者

マックス・デイヴィス(ジェイソン・ベイトマン)、アニー・デイヴィス(レイチェル・マクアダムス)、ブルックス・デイヴィス(カイル・チャンドラー)、ライアン(ビリー・マグヌッセン)、サラ(シャロン・ホーガン)、ケヴィン(ヤモーネ・モリス)、ミシェル(カイリー・バンバリー)、ゲイリー(ジェシー・プレモンス)

ゲーム・ナイトのネタバレあらすじ

【起】– ゲーム・ナイトのあらすじ1

ゲーム・ナイトのシーン1

画像引用元:YouTube / ゲーム・ナイトトレーラー映像

ゲーム愛好家のマックスとアニーはゲーム大会で出会い、恋に落ち結婚。その後、2人は子供を作ろうとしますが、中々できず不妊治療に通うことにします。そこで原因はマックスにあると言われ、ストレスや心理的要因が不妊に繋がっているかもと診断されます。

マックスのストレスの種は、兄のブルックスだとアニーは指摘します。ブルックスは投資家で大成功しておりリッチで背が高く、ハンサム、いつも兄と比べられてばっかりでコンプレックスを抱いていました。しかも、1年ぶりにブルックスが自宅に遊びに来ることになっていました。

マックスとアニーは、週に一回親しい友人たちを招いて「ゲームの日」と称し、ゲーム大会をしていました。その日も、ゲームの日に備えて買い出しを終え、自宅に戻ると、隣人の警察官のゲイリーに声を掛けられます。

ゲイリーは不気味な男で、2人はゲイリーが苦手でした。以前は彼の妻デビーと仲が良く、その繋がりで彼もゲーム大会に呼んでいましたが、デビーと離婚してからは、ゲーム大会に呼ばなくなります。その日も、2人は罪悪感を感じながらも、嘘をつき彼を仲間外しにします。

夜になり、2人の家にゲーム仲間が集まります。いつものメンバーはケヴィンとミッシェルのカップルとライアンで、その日はライアンが新しいガールフレンドのマディソンを連れてきました。皆で楽しくジェスチャーゲームをしていると、兄のブルックスがやって来ます。

2人が外に迎えに出ると、ブルックスは家の前に高級車で颯爽と乗り付けます。隣を見ると家の前にゲイリーが出て、こちらを見ていました。そしてブルックスのせいで、皆でゲーム大会をしていることが、ゲイリーにバレてしまいます。

ブルクッスもゲーム大会に加わりますが、ブルックスは圧勝しマックスは大負けしてしまいます。さらに、ブルックスはマックスの子供の頃の恥ずかしい話を披露し、マックスは皆に笑われます。ゲーム大会が終わると、ブルックスは来週は自分の家でゲーム大会をしようと提案し、帰っていきます。アニーは、ブルックスのマックスを見下した態度に、怒りを露わにします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゲーム・ナイト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×