映画:ゴーストバスターズ2

「ゴーストバスターズ2」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ゴーストバスターズ2の紹介:1989年公開のアメリカ映画。『ゴーストバスターズ』の続編で、表題は「幽霊退治人」という意。解散したゴーストバスターズのメンバーが、ある騒動の収束のため、5年後に再び結成する話。

ゴーストバスターズ2の主な出演者

ピーター・ヴェンクマン博士(ビル・マーレイ)、レイモンド・スタンツ博士(ダン・エイクロイド)、イゴン・スペングラー博士(ハロルド・ライミス)、ディナ・バレット(シガニー・ウィーバー)、ルイス・タリー(リック・モラニス)、ウィンストン・ゼドモア(アーニー・ハドソン)

ゴーストバスターズ2のネタバレあらすじ

【起】– ゴーストバスターズ2のあらすじ1

前作(『ゴーストバスターズ』参照)でゴーストバスターズは、NY市を破壊神・ゴーザから救いました。

しかしその際に破壊した建物などの賠償金を市と州から請求され、さらに数々の違法行為の責任を押し付けられます。ゴーストバスターズ社は破産してしまいました。

それから5年後のことです。

解散したメンバーたちは、それぞれ別の道を歩んでいました。ピーターは視聴率最悪のテレビ番組『超能力アワー』の司会者をし、イゴンは今度は心理学を研究しています。そしてレイモンドはオカルト本屋を経営するかたわら、たまにウィンストンとゴーストバスターズの仮装をして芸人活動をしていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゴーストバスターズ2」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×