映画:サマータイムマシンブルース

「サマータイムマシンブルース」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年公開の日本映画。『踊る大捜査線』のシリーズの本広克行監督が放つSF青春劇。謎のタイムマシンで、今日と昨日を行き来する大学生の騒動をコミカルに描く。主演は瑛太&上野樹里。これほどタイムマシンを無駄使いしている作品はほかにない! また同監督作品の『UDON』『曲がれ! スプーン』などとも登場人物がクロスしているのも見どころ。

あらすじ動画

サマータイムマシンブルースの主な出演者

甲本拓馬(瑛太)、柴田春華(上野樹里)、新見優(与座嘉秋)、小泉俊介(川岡大次郎)、石松大悟(ムロツヨシ)、曽我淳(永野宗典)、田村明(本多力)、伊藤唯(真木よう子)、エキストラ(升毅)、保積光太郎〔ホセ〕(佐々木蔵之介)

サマータイムマシンブルースのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ある大学の夏、SF研究会のメンバー5人はクーラーのリモコンを壊してしまった。翌日冷房がないことを嘆く一同の前に、25年後の未来からタイムマシンとマッシュルーム頭の男・田村がやってくる。 ②ラッキーと思ったメンバーはリモコンを取りに昨日へ行くが、顧問の先生に過去の改変は未来の消失に繋がると告げられ、慌てて元に戻そうと奔走。つじつま合わせは成功し、しかもリモコンも手に入った。

【起】– サマータイムマシンブルースのあらすじ1

(舞台は設定されていないが、劇中で善通寺と香川大学、四国学院大学が出てくる)

2005年8月19日。

ある大学のSF研の男子学生5人は、SF研究会にもかかわらずユニフォームを作り、その日も5人で野球をしていました。奇数で野球はできないので、部で飼っている犬・ケチャ(柴犬の子犬)も入れて3対3で試合をします。

その様子を撮影するのは、カメラクラブの女子部員2名でした。

・甲本拓馬…SF研。カメラクラブの柴田が好き。

・新美優…SF研。ぽっちゃり体型。ヴィダルサスーンのシャンプーをこよなく愛する男。

・小泉俊介…SF研。口癖は「ミッション・コンプリート」。

・石松大悟…SF研。お笑いのボケ担当らしいが、発言はけっこう滑っている。

・曽我淳…SF研。部員で唯一後輩。小柄。後述の事件の発端人であり、唯一壮大な旅をした人物。

・柴田春華…カメラクラブの女子。たまに吃驚するようなことを言う。

・伊藤唯…カメラクラブの女子。眼鏡をかけている。

SF研とカメラクラブは1つの部室を共有しており、写真部が存在していた頃の部室部分をSF研が、暗室部分をカメラクラブが所有していました。SF研は男子ばかり5人で、カメラクラブは女子2人だけです。

SF研はSFの研究らしいことはせず、上記の野球のようになんとなく集まってなんとなく行動していました。カメラクラブはそれを撮影するものの、距離感がつかめず、異様にアップの顔を撮ったり、ピンボケだったりします。

ボールが飛んだ先に、1体の河童像がありました。河童像は倒れ、管理人に注意されました。その河童像は由来があるものだそうです(謎①:河童像)。

15時すぎに野球を終えた5人は、つけたつもりのない部室のクーラーをリモコンで消す(謎②:なぜクーラーがついていたか)と銭湯へ行きました。

カメラクラブの2人は早速暗室で現像作業を開始しますが、1枚の写真の部室の窓部分に、奇妙な人影が写っていました(謎③:部室の人影)。

「あんたら、ほかに行くとこ、ないんか」と銭湯のおばさんに言われながらも汗を流した5人は、男湯につかっている時、新美の愛用のヴィダルサスーンがなくなったと大騒ぎになります(謎④:ヴィダルサスーンは誰が盗んだ?)。

新美はまず他の4人を疑いますが否定され、他の客まで疑って否定されました。大騒ぎした5人は、風呂場から出て来た時に「ツーペア」と銭湯のおばさんに言われます(謎⑤:おばさんの発言の意味)。

銭湯の後、別行動した甲本は、柴田を誘おうかと映画館・名画座で上映中の映画『ところで、君はUFOを見たか?』のチケットを購入します。

石松も別行動し、薬局で目をつけていたギンギンというキャラクター(ペンギンみたいなゴキブリみたいなキャラ)を盗んで持ち帰り、部室に戻りました。

甲本が部室に戻ると、4人のSF研とカメラクラブの2人が甲本に何かを期待しています(謎⑥:6人は何を期待した?)。

洗面器を見て一同はなぜか大興奮し、新美は「お前、やっぱ、盛り上げるなあ」と言いますが、甲本には意味不明な言葉でした。

曽我が「こうすればいいんじゃないですか?」と、裸踊りのときに洗面器で股間を隠す仕草をした際にパピコ(アイス)の中身が飛び、それが後ろの人の顔にかかり、カメラが飛び、…というふうにドミノ倒しのように6人は倒れて連鎖反応を起こし、最後に新見が持っていたコーラがこぼれ、クーラーのリモコンにかかりました。リモコンは壊れてしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サマータイムマシンブルース」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×