「サマータイムマシン・ブルース」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年製作の日本映画。上田誠の戯曲で劇団ヨーロッパ企画の公演で2001年に初演された作品の映画化。「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が放つSF青春劇。謎のタイムマシンで今日と昨日を行き来する大学生の騒動をコミカルに描く。主演は永山瑛太(当時:瑛太)&上野樹里。瑛太の初主演作であり、ムロツヨシの映画初出演作でもある。

あらすじ動画

サマータイムマシン・ブルースの主な出演者

甲本拓馬 – 瑛太 柴田春華 – 上野樹里 新見優 – 与座嘉秋 小泉俊介 – 川岡大次郎 石松大悟 – ムロツヨシ 曽我淳 – 永野宗典 田村明 – 本多力 伊藤唯 – 真木よう子 名画座の支配人(役名なし) – 三上市朗 銭湯の番台(役名なし) – 楠見薫 用務員(役名なし) – 川下大洋 (役名なし) – 升毅 (役名なし) – 伊藤紘介 (役名なし) – 石田剛太 (役名なし) – 酒井善史 (役名なし) – 諏訪雅 (役名なし) – 中川晴樹 保積光太郎 – 佐々木蔵之介

サマータイムマシン・ブルースのネタバレあらすじ

【起】– サマータイムマシン・ブルースのあらすじ1

サマータイムマシン・ブルースのシーン1

画像引用元:YouTube / サマータイムマシン・ブルーストレーラー映像

2005年8月19日。

午後1時36分くらいに、四国にある地方都市の大学のグラウンドでは草野球が行なわれていました。炎天下にボールを追っているのは、SF研究会とは名ばかりの男子大学生5人からなる部員たちです。甲本拓馬、新見優、小泉俊介、石松大悟、曽我淳です。

彼らがへっぽこ野球をする姿を、グラウンドの外でカメラクラブの部員・伊藤唯が撮影していました。5人の男子は炎天下で下手な野球をし、それを1人の女子が無言で撮影しています。

エラーしたボールが、校庭の隅にあるカッパの像に当たりました。この地域にはかつて沼があり、そこにカッパが住んでいた「カッパ伝説」が言い伝えとして残っており、カッパの像はそれを模して造られていました。像にイタズラするとカッパになると言われ、ボールを当てた曽我は土下座して謝ります。

午後3時7分くらいに草野球を終えました。部室に引き上げる部員らは、唯にどうだったかと聞きます。いい被写体だったという答えを聞いて、男性陣は喜びます。SF研究室の部屋の隅にある暗室が、カメラクラブの部室でした。

男性陣はしばらく部室でクーラーの風に当たったあと、汗を流しに銭湯「オアシス湯」へ行こうとします。最後に部屋を出る小泉が、「省エネ」と言ってリモコンでクーラーを消しました。

カメラクラブのもう1人の部員・柴田春華は、SF研の顧問で万年助手の穂積光太郎、通称:ホセを被写体に選んで撮影していました。裏庭で立っているホセを、春華は接近してシャッターを切っています。

5人は銭湯へ行きますが、そこで新見のシャンプー、ヴィダルサスーンがなくなっていました。誰かが盗んだと新見はその場にいた者を疑い、老人の客にも疑いの目を向けました。

銭湯から出て脱衣所にいると、番頭の女性に新見と甲本は「ツーペア」と言われますが意味が分かりません。

銭湯から出た5人は、ばらばらに部室へ戻ります。石松は狙っていた薬局の前にある置物・ギンギンを、自転車で部室に持ち帰りました。部室に飾ると言い出します。

甲本は町にある映画館「名画座」へ行くと、「ところで君はUFOを見たか?」という映画のチケットを2枚購入しました。

曽我は校庭で用務員と会い、「バイトがクビになったのか」と聞かれました。バイトの予定などないのですが、用務員は曽我を慰めると持っていたパピコのアイスをくれます。

部室に入ろうとした新見が、部室に鍵がかかっていると言いました。外に置いてあるスペアキーで開けて入ると、誰かを見て「お前、なにやってんの?」と声をかけます。

小泉が「すんごいのが始まるから」と言って、春華と唯を呼びにきました。春華らは暗室からSF研の部室に顔を出します。

映画館でチケットを購入した甲本が戻ってくると、他の部員たちと春華らが興奮して甲本を迎えます。銭湯帰りで洗面器を持っているのは当たり前なのに、それも部員たちは喜びます。彼らは甲本に「裸踊りをしろ」と催促しました。困惑する甲本の前で興奮した曽我が手を上げると、持っていたパピコの中身が飛び出して後ろの石松の顔にかかり、ドミノ倒しの要領でみんながぶつかりました。新見の持っていたペットボトルのコーラがリモコンにかかります。リモコンは壊れてしまいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サマータイムマシン・ブルース」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×