映画:サーカス

「サーカス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サーカス(1928年)の紹介:1928年公開のアメリカ映画。サーカス団にやってきた放浪者が起こす騒動を描いている。チャールズ・チャップリン主演・監督・脚本・音楽・演出で贈る作品。アカデミー賞名誉賞を受賞した。

あらすじ動画

サーカスの主な出演者

放浪者(チャールズ・チャップリン)、マーナ(マーナ・ケネディ)、レックス(ハリー・クロッカー)、年老いたピエロ(ヘンリー・バーグマン)、座長(アラン・ガルシア)、マジシャン(ジョージ・デイヴィス)、小道具係(スタンリー・J・サンフォード)、小道具係の助手(ジョン・ランド)、スリの男(スティーブ・マーフィー)、ピエロ(チャールズ・コンクリン)、淑女(ベティ・モリシー)、警官(チャールズ・A・バックマン)、スリの被害者の老人(マックス・タイロン)

サーカスのネタバレあらすじ

【起】– サーカスのあらすじ1

とある巡業サーカス団。団員のマーナは、座長の義父からフープをしくじったと怒られます。座長は娘だけでなく、客がいないぞと団員たちにも怒ります。

見世物小屋を見ていても腹は減るもので、放浪者のチャップリンは人混みの紛れていました。彼のすぐ近くにはスリの男がいて、老人から財布を盗んでいました。

スリの男は老人にバレてしまい、チャップリンのポケットに財布を隠します。老人は財布を確認しますが、スリの男が持っていなくて不思議に思います。

お腹が空いたなあと、チャップリンは屋台の周りをウロウロします。そこに話しに夢中の父親と抱っこされた赤ん坊がいました。

赤ん坊は屋台のパンを持っていて、父親と反対側の方向を向いていました。父親にバレないように、チャップリンはちょこちょこパンを食べていきます。

赤ん坊も嬉しい様子で、ぐいぐいパンを押し出していきます。スリの男がチャップリンに気づいて、後ろにまわります。

財布を抜き取ろうとしていると、警官に見つかってしまいます。警官はチャップリンに、財布の中身が盗られてないか確認を頼みます。

自分の財布ではないので、驚いたチャップリンでしたが、中身はあるあると警官を安心させます。スリの男は逮捕されないために逃げ出します。

ラッキーなチャップリンは、屋台で食べ物を豪勢に頼みます。そこへ財布がどこにいったのか困ってる老人がやってきます。自分の財布を持っているチャップリンを発見です。

老人が警官に伝えると、まずいと思ったチャップリンは逃げ出します。スリの男も逃げていて、二人は警官に追われることになります。

また、スリの男はチャップリンの持ってる財布を狙います。ミラーハウスに入り、チャップリンがどこにいるか分かりません。隙をついたチャップリンはスリの男のお尻を蹴飛ばします。

その後、チャップリンは同じ動きをする人形の館にやってきます。警官が追ってきたので、人形のフリをして一定の行動を繰り返します。

警官はチャップリンがどこにいったか分からなくなります。スリの男がチャップリンを見つけますが、警官がいるよと知らされます。

スリの男も同じ動きを繰り返して誤魔化します。チャップリンは、スリの男の頭を何度も叩く動きを繰り返します。

警官が二人を怪しみ始めます。叩かれすぎにより、スリの男が倒れてチャップリンは見つかります。

スリの男は捕まり、警官は逃げるチャップリンを追いかけます。やってきたのは、ショーをしている巡業サーカス団のテントでした。

団員たちが高速で走って回る円状の見世物をしていました。しかし、あまりに早いので挫折していました。そこにチャップリンと警官がやってきます。

二人は挫折せずに、ひたすら走り続けます。観客たちを大ウケです。次第にチャップリンが早く走りすぎて、追われているはずなのに、警官を追っている状態になります。

最後はつまづいて、次の見世物に行きます。次は椅子から箱の中にテレポートする見世物です。

下の穴を通るのがマジックの種になっています。マーナがテレポートするはずですが、チャップリンが穴から出てきてネタがバレてしまいます。

警官が追ってきて、チャップリンは外に逃げ出します。客たちは大満足で拍手を送ります。

チャップリンは陰に隠れて、警官をまくことができます。後ほど、スリの男と警官がきたので、財布を返すことにします。そして近くの荷車で寝ることにします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「サーカス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×