「ザ・スパイ シークレット・ライズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

夫・チョルスを尻に敷いている気の強い妻・ヨンヒはチョルスが韓国No1の諜報員だとは知らない。 ある日、北朝鮮の外務次官を乗せた飛行機がテロリストに撃墜され、その舞台裏を知る外務次官の娘で核物理学者ソリが各国のスパイから狙われる。 そしてチョルスにソリを韓国に亡命させる指令が下った。

あらすじ動画

ザ・スパイ シークレット・ライズの主な出演者

• ソル・ギョング:キム・チョルス • ムン・ソリ:アン・ヨンヒ • ・ダニエル・ヘニーライアン • コ・チャンソク:ジン室長 • ハン・イェリ:ペク・ソリ • ラ・ミラン:ヤクルト配達のおばさん • チョン・インギ:ヨム・インギ • ソン・ジェホ:韓国大統領 • チョン・ボグン:ジソン • キム・ジヨン:チョルスの母親

ザ・スパイ シークレット・ライズのネタバレあらすじ

【起】– ザ・スパイ シークレット・ライズのあらすじ1

ザ・スパイ シークレット・ライズのシーン1

画像引用元:YouTube / ザ・スパイ シークレット・ライズトレーラー映像

キム・チョルスは韓国の優秀な諜報員である。

そのチョルスに指令が下った。

4日前、韓国の船がアフリカ沖で海賊に襲われ、乗組員9名が人質になっているため、交渉して救出せよというものだった。

ソマリアのジャングルへやって来たチョルスは海賊のボスと向かい合い、100万ドルを差し出した。

だがその場でチョルスの携帯が鳴る。見ると妻・ヨンヒからだった。

彼は会議中だとごまかして電話を切るが、怒ったヨンヒは更に発信してくる。

韓国語での会話に不信感を持ったボスが携帯を取り上げると、チョルスの交渉における原則がさく裂する。

即ち、“話し合いが無理なら力づくで”である。

チョルスは目の前に座る海賊のボスを殴り倒し、取り囲む手下を倒していった。

屋外にはチョルスの先輩ジン室長率いる援護部隊が潜んでいて、やむなく一斉攻撃に出た。

そんな中でもヨンヒからしつこく電話がかかってくるためチョルスは電話に出るが、銃撃戦の音を聞いたヨンヒは、チョルスがネットカフェで遊んでいるものと思い激昂する。

ヨンヒは夫が諜報員とは知らず、普通のサラリーマンとしか思っていなかった。

チョルスの母親の子機の祝いには親族がたくさん集まったが、ヨンヒは集まった親族から子供ができないことで陰口をたたかれていた。

主役の母親もヨンヒには優しくなく、針のムシロ以上に居心地が悪いヨンヒだった。

ある日、中国天津軍事飛行場から飛び立った北朝鮮外務次官ペク・ムジンが乗った飛行機が何者かに地対空ミサイルで撃墜された。

韓国に潜入していた各国のスパイたちからは憶測が噴出したが、核放棄を推進していたペクの娘で核物理学者のペク・ソリは韓国政府に亡命を申し入れた。

ソリは国際会議に出席するためにタイにいたが、北朝鮮偵察総局の監視が厳しく、韓国側が彼女を連れ出すのは厳しい状態にあった。

チョルスは不妊の検査のため、ヨンヒと訪れた病院で精液を採取しようとしていたところにヤクルトおばさんが入って来て、エロビデオを司令部とのビデオ通話に切り替えて出て行った。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ザ・スパイ シークレット・ライズ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×