映画:ザ・マジックアワー

「ザ・マジックアワー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ザ・マジックアワーの紹介:2008年公開の日本映画。三谷幸喜の監督4作目で、伝説の殺し屋を演じることになった俳優が、2つの犯罪組織が対立する町で巻き起こす騒動を、豪華キャストで描くコメディ映画。

あらすじ動画

ザ・マジックアワーの主な出演者

村田大樹(佐藤浩市)、備後登(妻夫木聡)、高千穂マリ(深津絵里)、鹿間夏子(綾瀬はるか)、天塩幸之助(西田敏行)、長谷川謙十郎(小日向文世)、黒川裕美(寺島進)、マダム蘭子(戸田恵子)、鹿間隆(伊吹吾郎)、清水医師(浅野和之)、菅原虎真(市村萬次郎)、江洞潤(香川照之)

ザ・マジックアワーのネタバレあらすじ

【起】– ザ・マジックアワーのあらすじ1

クラブ「赤い靴」の支配人・備後は街のボス天塩商会・天塩の愛人・マリに手を出して、殺されそうになります。助かる唯一の道は伝説の殺し屋〝デラ富樫〟を連れてくることでした。

しかしデラ富樫は幻の殺し屋と呼ばれるほどで、誰も正体を知りません。5日で探し出すのは無理だと判断した備後は、売れていない役者・村田にその替わりをさせることにしました。

村田とマネージャー・長谷川に「村田主演の映画を作る」と嘘をつき、港町・守加護(すかご)に連れてきます。

持ちかけられた映画『さすらいのデラ富樫』はプロットだけで台本がなく、マネージャー・長谷川は怪訝に思いますが、初の主演をもらった村田は張り切りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

ライターの感想

マジックアワー。私の人生の中でも一・二を争うほどのコメディー映画です。
最近初めて知ったのですが、マジックアワーとは、「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」という意味を持った映画用語だそうです。
妻夫木聡演じる備後登という男に騙され、街で起こる事件全てが映画の撮影だと勘違いする佐藤浩市さん演じる売れない役者・村田大樹。
思い返せばタイトルの言葉通り、佐藤浩市さん演じる村田大樹の「人生で最も輝いてやる!」という意気込みが、嘘を疑う心さえも打ち消し、観る側からはひたすら笑える名作となっていったのでしょう。
  • nonbiさんの感想

    言わずと知れた喜劇作家、三谷幸喜監督の真骨頂とも言える作品で、佐藤浩市をはじめ深津絵里や西田敏行など豪華キャスト陣が華を添えています。
    その町を取り仕切るマフィアのボスの愛人に手を出してしまった備後は、許してもらう代わりに伝説の殺し屋を連れてくることを約束してしまいます。
    当然ながら探し当てることもできず、実際に連れてきたのは売れない役者で、本人には映画の撮影だと信じ込ませ殺し屋の役を演じさせて、ボスには伝説の殺し屋を連れてきたとうそぶきます。
    設定からして面白くなる要素しかない映画ですが、だまされて殺し屋を演じているはずの売れない役者が滑稽に見えていたのに、だんだんと感情移入してしまい応援したくなってしまいます。
    監督の映画愛が伝わってきて最後にはほっこりできる映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ザ・マジックアワー」の商品はこちら

IMAGE

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]

DVD > 日本のドラマ映画
ポニーキャニオン
佐藤浩市(出演),妻夫木聡(出演),深津絵里(出演),綾瀬はるか(出演),西田敏行(出演),三谷幸喜(監督)

¥2,799
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20