映画:ジョニーイングリッシュ1

「ジョニーイングリッシュ1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

コメディ映画

ジョニー・イングリッシュの紹介:2003年制作のイギリス映画。「ビーン」の人気コメディアン、ローワン・アトキンソン主演の最新コメディが登場。スパイにあこがれる、ドジな男が巻き起こすドタバタ騒動をアクション満載で描く痛快作、第1弾!

あらすじ動画

ジョニーイングリッシュ1の主な出演者

ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)、ローナ・キャンベル(ナタリー・インブルーリア)、ボフ(ベン・ミラー)、パスカル・ソヴァージュ(ジョン・マルコヴィッチ)、ペガサス(ティム・ピゴット=スミス)、エージェント1号(グレッグ・ワイズ)、カーロス・ヴェンデッタ(ダグラス・マクフェラン)、ディーター・クライン(スティーヴ・ニコルソン)、イギリス首相(ケヴィン・マクナリー)、カンタベリー大主教(オリヴァー・フォード・デイヴィス)、エリザベス2世(プルネラ・スケールズ)

ジョニーイングリッシュ1のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①フランスの実業家・ソヴァージュがイギリスの王位につき、イギリス征服を企む。 ②MI-7の諜報員ジョニー・イングリッシュが活躍し、それを阻止。

【起】– ジョニーイングリッシュ1のあらすじ1

ジョニーイングリッシュ1のシーン1

画像引用元:YouTube / ジョニーイングリッシュ1トレーラー映像

イギリス・ロンドン。

〔MI-7(秘密情報部)〕

ジョニー・イングリッシュは、秘密情報部の諜報員になることを夢見る男性です。

…ロンドン塔に忍び込んだイングリッシュは、吠える犬を機転でなだめ、銃をかわし、目的の部屋に入ります。

女スパイがイングリッシュを待ち構えていましたが、イングリッシュは魅力で女性を打ち負かせます…。

そんな夢を見ていたイングリッシュは、実際のところはただの事務員でした。

ボフという後輩の事務員にイングリッシュは指示をします。

MI-7のトップ、エージェント1号の葬儀が営まれました。

イングリッシュは見張りを怠ってしまい、参列していたMI-7のエージェントは全滅してしまいます。

イングリッシュは事務員をしていたのですが、エージェントに昇格しました。

MI-7の本部長、通称:ペガサスに呼び出されたイングリッシュは、新しいIDや身分証明証をもらいます。

イングリッシュがペガサスから命令されたのは、ロンドン塔で開かれる展示会で、イギリス王室の王冠と宝玉を、ボフとともに守れというものでした。

イングリッシュとボフは、ロンドン塔へ行きます。

ロンドン塔でイングリッシュは、フランス人の実業家パスカル・ソヴァージュや、謎の美人ローナ・キャンベルと会います。

展示会の最中に停電が起きました。

イングリッシュは怪しい人物を取り押さえたつもりでしたが、それは警備のシェヴニクス大佐でした。

大佐を殴ってしまったのをごまかすため、イングリッシュはひとり二役で、暴漢を痛めつけるふりをします。

騒動はおさまったと客に言いますが、王冠が盗まれてしまいました。

ペガサスに呼び出されたイングリッシュは、犯人の手配書を作るために特徴を聞かれます。

人相書きにでたらめを告げると、相手はそれらしき人間を描きました。

(この人物は映画のラストに出てくる)

イングリッシュは捜査するために、現場へ戻ります。

展示会には大きな穴が開いており、そこが逃走用ルートだと思われました。

イングリッシュとボフが穴をたどると、出口には霊柩車が止まっており、見るからに怪しい男性2人組が、王冠を棺桶に入れていました。

イングリッシュとボフは、悪党の運転する霊柩車を追跡します。

現場へ乗り付けていた便利カーがレッカー移動されかけていたので、イングリッシュとボフは奪回しつつ追跡しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジョニーイングリッシュ1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×