映画:ジョニーイングリッシュ1

「ジョニーイングリッシュ1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

コメディ映画

【承】– ジョニーイングリッシュ1のあらすじ2

ジョニーイングリッシュ1のシーン2

画像引用元:YouTube / ジョニーイングリッシュ1トレーラー映像

イングリッシュは別の霊柩車を追いかけてしまい、ブロンプトン墓地で営まれている、本物の葬儀に乗り込んで暴れます。

誤りに気付いたボフが精神科医のふりをして、イングリッシュをその場から連れ去りました。

その頃、王冠を盗んだ悪党クラインとヴェンデッタは、パスカル・ソヴァージュのところへ持ち帰っていました。

ソヴァージュはイギリスの征服を企んでおり、半年前に刑務所を出た2人の悪党を雇っていました。

イングリッシュは悪党2人の顔を覚えていました。

いずれも微罪で釈放されたクラインとヴェンデッタが、ソヴァージュの部下になっていると知り、ソヴァージュを怪しみます。

ペガサスは、そんな大物が王冠を盗むわけがないと思い、捜査対象から外せと言いました。

ところがイングリッシュの見立てで、正しかったのです。

イングリッシュはボフに、ソヴァージュのところへ乗り込むと話します。

イングリッシュがボフと打ち合わせをしていると、ふたりは駐車場で狙われました。

狙う相手を取り逃がしたイングリッシュは、騒動のときに常に見かける女性・ローナを見つけ、寿司屋に追いかけていきます。

イングリッシュはローナを、ソヴァージュの一味かと疑っていました。

ローナに近づきますが、確信が持てないままでした。

夜、イングリッシュとボフは、ソヴァージュの所有するビルに忍び込もうとします。

飛行機からパラシュートで降下しますが、目当てのビルに飛び降りたボフとは対照的に、イングリッシュは隣の病院へ降りてしまいました。

採血された老人を監禁、虐待されていると思い込み、医師を悪の一味だと思い込みます。

医師に銃を突き付けてソヴァージュの居場所を聞くと、医師、看護師、患者みんなが隣のビルを見るので、イングリッシュは自分のミスに気づきました。

非常時のテストだとごまかし、急いで隣のビルの裏口から入ります。

ビルに入ったイングリッシュは、ソヴァージュがカンタベリー大司教のマスクを用意しているのを見ました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジョニーイングリッシュ1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×