映画:ジョニーイングリッシュ1

「ジョニーイングリッシュ1」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

コメディ映画

【結】– ジョニーイングリッシュ1のあらすじ4

ジョニーイングリッシュ1のシーン4

画像引用元:YouTube / ジョニーイングリッシュ1トレーラー映像

朝になり、ソヴァージュは戴冠式へ出席するために、フランスからイギリスへ向かいます。

捕まったイングリッシュとローナは、ボフに救出されました。急いでイギリスへ追いかけます。

戴冠式へ乗り込んだイングリッシュは、みんなの前でソヴァージュの陰謀を暴こうとします。

カンタベリー大司教が偽者だと思い指摘したイングリッシュは、尻のタトゥー文字を暴露しますが、大司教の尻には文字が刻まれていませんでした。

困ったイングリッシュは、証拠のDVDを再生します。

しかしその映像は、イングリッシュ自身のものでした。

イングリッシュを探るために、ソヴァージュが監視カメラをイングリッシュの自宅に仕込み、録画した映像です。

戴冠式は全世界に中継されており、その映像が世界中に流れました。

テレビを見る人たちは、口を開けたまま映像に見入ります。

都合が悪くなり、イングリッシュはいったんその場を離れました。

ソヴァージュの戴冠式は続けられます。

王冠を取り戻そうとしたイングリッシュは、王冠をソヴァージュの頭に載せる際に、ソヴァージュに見つかりました。

あともう少しで王になれるソヴァージュは、口がすべって陰謀を発言します。

さらに手違いで、イングリッシュが玉座に座ったタイミングで王冠がかぶせられ、イングリッシュの頭に王冠が輝きました。

イングリッシュが「そやつ(ソヴァージュ)を逮捕して牢獄へ入れよ」と言うと、みんな新国王の言う通りにし、ソヴァージュは逮捕されます。

…後日。

ソヴァージュを逮捕したイングリッシュは、王の称号を辞退しました。

エリザベス女王が復位し、イングリッシュはナイトの称号を得ます。

ソヴァージュが捕まり、平和が戻しました。

〔南フランスのどこかで〕

大団円となり、イングリッシュはローナを口説こうとします。

車中でいいムードになった際に、イングリッシュはワインを出そうとします。

ところが間違えて脱出ボタンを押したため、ローナのシートが射出され、ローナはホテルのプールに落ちました。

(エンド途中)

プールから出たローナは周囲の人物にびっくりされますが、ホテルの客のひとりに、イングリッシュがいつぞや手配書でデタラメを言ったときの顔と一緒の人物が、そこにいます。

「ジョニーイングリッシュ1」が無料でフル視聴できる配信サービスは?

ジョニーイングリッシュ1はVOD(ビデオオンデマンド)サービスで視聴できます。詳しくは以下リンクからご覧ください。

ジョニーイングリッシュ1のネット動画を探す

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジョニーイングリッシュ1」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×