「ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

コメディ映画

「ジョージアの日記/ゆーつでキラキラな毎日」は2008年制作、アメリカとイギリス合作の作品です。原作はイギリスのルイーズ・レ二ソンの同名小説です。ティーンズ版の「SEX AND THE CTY」と言われイギリスでベストセラーになりました。「ベッカムに恋して」のグリンダル・チャッダー監督の作品です。14歳のジョージアの悩みは口うるさい両親、大きな鼻、彼氏がいないことでした。そんなある日、イケメンの転校生ロビーに恋をして、ロビーの彼女になるため友達たちに協力してもらいながら奮闘します。

あらすじ動画

ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日の主な出演者

ジョージア・ニコルソン(ジョージア・グルーム)、ジョージアのパパ(アラン・デイヴィス)、ジョージアのママ(カレン・テイラー)、ロビー(アーロン・ジョンソン)、ジャス(エレノア・トムリンソン)、エレン(マンジーヴェン・グレウォル)、ロージー(ジョージア・ヘンショウ)、トム(ショーン・ボーク)、ジェム(スティーヴ・ジョーンズ)、リンジー(キンバリー・ニクソン)

ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日のネタバレあらすじ

【起】– ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日のあらすじ1

ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日のシーン1

画像引用元:YouTube / ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日トレーラー映像

14歳のジョージア・ニコルソンは少し変わった女の子、ある日クラスメイト宅での仮装パーティで友達たちとウケを狙って面白い格好をして行こうと約束しており、ジョージアはオリーブの格好をしてパーティーに乗り込むが、面白い格好して来ているのはジョージアだけで皆から笑い者にされてしまいます。

友達たちはジョージアには悪いと思ったが、男子に嫌われたくないと天使や小悪魔など可愛らしい仮装で来ていてジョージアは怒り、パーティを飛び出します。

ジョージアは昨日のパーティでの失敗を挽回するために、成熟したおしゃれな女子に生まれ変わると決心し、第一歩として眉毛を整えようとしますが、妹にぶつかられ片方の眉毛の半分を剃り落してしまいます。仕方なく前髪で眉毛を隠すことにします。

そして誕生日が近いジョージアは両親に、今年の誕生日はDJのいるクラブでオシャレなパーティをしたいと頼みますが、両親に未成年だからダメと反対されジョージアは落ち込みます。

お年頃のジョージアには悩み事がいっぱいです。両親が古臭く頭が固いこと、いたずらっ子でクレイジーな妹がいること、自分の大きめの鼻にちょっぴり残念なルックスが嫌い、そして彼氏ができたことが無いことです。そんなジョージアに父親は「なぜ大人になりたがる?14歳を楽しめ」と言います。

ジョージアは学校に行きますが、学校も好きではありません。なぜなら男の子はバカばかりだし、女番長はいるし、1歳年上のリンジーは巨乳で超ビッチだし、さらに太っちょ校長先生のズロース姿を見て笑ってしまった時から先生には目の敵にされていて、そんな学校にジョージアはウンザリしていました。

しかし、友達のエレン、ロージー、ジャスは大好きで、いつも4人で一緒に過ごしていました。友達のエレンにはスウェーデン人の彼氏がおりキス経験者、そんなエレンの話にジョージアたちは興味津々です。

そんな時、4人の前に超イケメンの転校生ロビーとトムが通りかかります。4人は転校生2人に一瞬でメロメロになり、その日から早速4人でこっそりと2人の後を付け、情報収集を開始します。

ロビーとトムは双子の兄弟、2つ上の学年でロンドンからやって来て、親は自然派食品の店をやっていることが分かります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×