映画:スイスアーミーマン

「スイスアーミーマン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

コメディ映画

スイス・アーミー・マンの紹介:2016年制作のアメリカ映画。監督・脚本は、ダニエル・シャイナートとダニエル・クワンのコンビ。主演はポール・ダノとダニエル・ラドクリフ。映画のタイトルは、死体がスイスアーミーナイフのように多機能を備えていることに由来している。日本公開は2017年。

あらすじ動画

スイスアーミーマンの主な出演者

ハンク・トンプソン(ポール・ダノ)、メニー(ダニエル・ラドクリフ)、サラ・ジョンソン(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)、プレストン(ティモシー・ユーリック)、リポーター(マリカ・キャスティール)、ハンクの父親(リチャード・グロス)、クリッシー(アントニア・リベロ)、警察官(アーロン・マーシャル)、カメラマン(アンディ・ハル)、検視官(シェーン・カルース)

スイスアーミーマンのネタバレあらすじ

【起】– スイスアーミーマンのあらすじ1

スイスアーミーマンのシーン1

画像引用元:YouTube / スイスアーミーマントレーラー映像

助けを求めるメッセージが書かれたペットボトルが、海にたゆたいます。

海難事故で小さな孤島に一人取り残されてしまったハンク・トンプソンは、助けを呼ぶためにあらゆる手段を尽くしましたが、一向に助けは来ませんでした。

話し相手もおらず、孤独に耐えられなくなったハンクは、首吊り自殺を試みます。

しかしそのとき、島に若い男性の死体が漂着します。長い間漂流していたらしい死体にはガスが溜まっており、水に浮いていました。

自殺用のロープが切れてしまったハンクは、死体が着けていたベルトを抜いて、もう一度首を吊ろうとします。ところが、ベルトを抜くと死体が少しずつガスを放出して、沖合に向かって進み始めたのです。

それを見たハンクは希望を見出し、死体の背中に飛び乗ります。そして死体に紐をくくりつけて、ジェットスキーの要領で沖合へと向かいました。

猛スピードで進んでいきますが、調子に乗ったハンクはバランスを崩してしまい、死体から落下して意識を失ってしまうのでした。

目覚めると大きな島に辿り着いており、ハンクは歓喜に沸きます。

しかし、依然としてスマートフォンの電波は圏外で、無人島であることには変わりませんでした。そして、命の恩人である死体も一緒に流れ着いていました。

ハンクは死体を抱えて島を散策します。道中、死体が絶えずガスを放出するため、ハンクは拾ったコルク栓で彼の尻に蓋をしました。

やがて日は沈み深い森に入り込むと、不法投棄されたゴミが散乱していました。

疲れ果てたハンクは、洞窟で身体を休めることにします。不安になると死体に話しかけたり、歌をうたってやったりして、どうにか正気を保ちました。

翌朝、ハンクは死体の口から真水が流れ出しているのを発見します。

夜の間に降った雨水が貯水されており、ハンクは恐る恐る飲んでみて、またもや喜びを爆発させるのでした。

死体の胸を押しながら夢中で水を飲んでいると、突然死体が「メニー」と発声します。未曾有の事態にびっくり仰天するハンクでしたが、死体は自分の名前がメニーであると説明を始めるのでした。

メニーは生前の記憶をなくしているらしく、落ち着きを取り戻したハンクは、彼に世の中のことを教えてあげることにします。手先が器用なハンクは、森で拾ってきたゴミからさまざまなものを作り出し、人体の構造から人類の生活について、メニーに語り聞かせてやります。

さらに、菓子の匂いを嗅がせたり、歌をうたって記憶を呼び起こそうとしますが、メニーの子どもじみた態度はハンクを時折苛立たせるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スイスアーミーマン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×